【16/17シーズン】Home アイントラハト・フランクフルト【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第20節、バイヤー・レバクーゼンは19節段階で3位、
ウィンターブレイク後二連勝と好調のアイントラハト・フランクフルトをホームで迎え撃ちました。
試合前にはスカイによるシュミット監督解任報道もあり、来季を考えると絶対に勝利が求められている状況でした。

170211B04SGE01.jpg
170211B04SGE02.jpg
ピッチ確認ではリラックスした表情。
170211B04SGE03.jpg
フランクフルトのウルトラスは設営ほぼ完了。
170211B04SGE04.jpg
フラデッキーらGKが出てくると万雷の拍手で迎えるフランクフルトウルトラス。
170211B04SGE05.jpg
レノやエツカンらレバクーゼン側のGKもアップにピッチに!
170211B04SGE06.jpg
170211B04SGE07.jpg
フランクフルトのFPがアップに登場。
170211B04SGE08.jpg
遅れてレバクーゼン側のFPもアップに登場!
170211B04SGE09.jpg
ドラゴビッチ、ターの離脱でチャンスを得たイェドバイ。
170211B04SGE10.jpg
チチャリートも復帰。
170211B04SGE11.jpg
170211B04SGE12.jpg
170211B04SGE13.jpg
170211B04SGE14.jpg
アップの様子。
170211B04SGE15.jpg
このゲームで唯一掲示されたバナー。イングランドのブライトンから来たのかな?
170211B04SGE16.jpg
選手入場!
170211B04SGE17.jpg
両チーム握手を交わし……
170211B04SGE18.jpg
170211B04SGE19.jpg
170211B04SGE20.jpg
それぞれが集中を高めていく。
170211B04SGE21.jpg
フランクフルトボールで前半キックオフ!
170211B04SGE22.jpg
170211B04SGE23.jpg
170211B04SGE24.jpg
試合はいきなり動くことに。強引にドリブル突破しようとしたハフェルツはボールを失ったものの、ヘクターのクリアに体を張ったハフェルツのブロックでボールはゴール左にフリーでいたチチャの前に。どんぴしゃのボレーでレバクーゼンが先制!
170211B04SGE25.jpg
170211B04SGE26.jpg
170211B04SGE27.jpg
そこからは両者共に責め合う激しい試合に。
170211B04SGE28.jpg
フランクフルトの二本のビッグチャンス(ガチノビッチ、フルゴタ)を阻止するなど、ビッグセーブを連発したレノ!
170211B04SGE29.jpg
170211B04SGE30.jpg
170211B04SGE31.jpg
170211B04SGE32.jpg
170211B04SGE33.jpg
170211B04SGE34.jpg
170211B04SGE35.jpg170211B04SGE36.jpg
両者共にチャンスは作るものの、なかなか得点に結び付けられない……
170211B04SGE37.jpg
前半最後のビッグチャンスも、ブラントのシュートは上手くミートせず……
170211B04SGE38.jpg
前半は1-0とリードしたまま終了。
170211B04SGE39.jpg
サブメンバーのアップ。
170211B04SGE40.jpg
170211B04SGE41.jpg
170211B04SGE42.jpg
HTを終えて再びピッチに姿を見せた選手たち。
170211B04SGE43.jpg
後半、キックオフ!
170211B04SGE44.jpg
170211B04SGE45.jpg
170211B04SGE46.jpg
後半開始早々から猛攻を見せるWerkself!
170211B04SGE47.jpg
チチャリートとバトルを繰り広げた長谷部。
170211B04SGE48.jpg
チチャは裏抜けに成功したものの、フラデッキーに阻まれる。少しずつ、またゴールに近づきつつある感じが!
170211B04SGE49.jpg
170211B04SGE50.jpg
左右の揺さぶりで守備を崩してからのチチャのボレーでリードを広げる!
長谷部もマークについてはいたものの、チチャの狡猾さに一杯食わされた感じ。
170211B04SGE51.jpg
しかし、上手く体を入れてボールを奪ったりと奮闘していました。
170211B04SGE52.jpg
フランクフルト側もなんとか突破口を見出そうとするも、レノを中心とした守備陣が集中したプレイでゴールを許さない!
170211B04SGE53.jpg
二ゴールを決めたチチャは後半途中で交代。バトルを繰り広げた長谷部も称えてタッチ。それに応えてチチャも長谷部にタッチ。
170211B04SGE54.jpg
170211B04SGE55.jpg
この日の守備陣の集中は非常に高かった!勝とうと言う執念を感じました。
170211B04SGE56.jpg
チチャ交代後は、フォランドとバトルした長谷部。各国代表とバトルすることは非常な経験を与えてるでしょうね。
170211B04SGE57.jpg
170211B04SGE58.jpg
170211B04SGE59.jpg
一瞬のスピードでゴール前に飛び出したフォランドがベララビのクロスにスライディングで合わせてゴール!
ブンデス公式戦での移籍後初ゴール!!!
170211B04SGE60.jpg
170211B04SGE61.jpg
170211B04SGE62.jpg
170211B04SGE63.jpg
フランクフルトもなんとか一点を返そうとカウンターを繰り出すも、きっちり守備陣が阻止!
すぐにカウンターで反撃する展開が続く!
170211B04SGE64.jpg
170211B04SGE65.jpg
170211B04SGE66.jpg
170211B04SGE67.jpg
170211B04SGE68.jpg
そしてタイムアップ!3-0でフランクフルトに勝利という結果は、現状では考えうる最高のものでした!
170211B04SGE69.jpg
最後まで大きな声援を送ったウルトラスに挨拶に行くフランクフルトイレブン。
170211B04SGE70.jpg
ニコ・コバチ監督と談笑するキースリング。
170211B04SGE71.jpg
ゴール裏のウルトラスに挨拶する中……
170211B04SGE72.jpg
ちびっ子サポにユニを上げたカンプルは中にチャラヌルのユニを着込んでいました!彼のためにも今後も勝ちたい!

終わってみれば完勝と言っていい結果でしたが、高いラインを敷くシュミット戦術の弱点を衝くような裏抜けを何度も許すなど、
まだ完璧に復調したとは言えない部分もありました。ただ、個々の選手がそれぞれの役目をきっちり果たし、
また攻撃面でもチチャリートを前線に近い場所に置くという意味で、ハフェルツをコンビに組ませると言う采配がピタッとはまり、
安定をもたらしたのが非常に大きかったです。キースリングのような空中戦を制すような高さは無いものの、
運動量や今までのチームには無かった異質なリズム感、溜めを作り、周りを活かせる視野の広さなど、
チームに新しい武器を示せたのは、彼やチームに今後に繋がる大きな経験を与えられたと思います。
Königsklasse(チャンピオンズリーグへ出場可能な4位以内)へはまだポイント差があるものの、
まだ試合数はある以上、上を目指していって欲しい。今日のような試合が今後も出来れば、可能な数字です。
無念を抱きつつ、来季でのリベンジを図るチャラヌルの為にも、頑張って欲しいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】ブンデスリーガ第二十節 アイントラハト・フランクフルト【今日の一枚】

Bayarenaで開催された第二十節、アイントラハト・フランクフルトとの試合を観戦してきました。
スカイで『この試合の結果如何に関わらず、シュミット監督は更迭される』と報道されるなど、
チーム内外で色々と問題が噴出している中での試合となりました。


今日の一枚はこちら。チチャリートらしい先制点のボレー!これが悪いスパイラルを粉砕する一撃になることを願います。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

チャラヌル、今回の事件について語る

ケルンの地元紙、EXPRESS紙がハカン・チャラヌルに今回の決定について、過去のことなどについて語っている記事がありましたので、訳しました。口語文につき、意訳もあるかと思いますが、そこはご勘弁を。

EXPRESS(以後EX):チャラヌルさん、2011年4月のことを覚えてらっしゃいますか?

チャラヌル(以後HC):もちろんです。僕は17歳で、カールスルーエSCでプレイしていました。僕は友人から、父がダルムシュタットのレストランでトラブゾンシュポルの関係者と一緒に居ることを教えられたんです。

EX:お父さんはそれ以前に、貴方にその会合について話していたんですか?彼は貴方にトルコへ行きたいか、という話はなかったんですか?

HC:ありませんでした。

EX:それから、貴方は何をされましたか?

HC:僕はベクタス・デミルタスに電話しました。彼は、当時僕の面倒を見てくれていましたから。

EX:彼に何を話されたんですか?

HC:手助けしてくれないか、と言いました。

EX:そして?

HC:彼は僕のところにすぐに来てくれました。

EX:それからどうなりました?

HC:僕の父が帰宅して、僕に対して『ハカン、この契約書にサインするんだ』と言いました。

EX:なぜ、貴方は契約書にサインすることを拒否しなかったんですか?

HC:僕たちの文化では、父の言は絶対なんです。それは父へ敬意を持っているいないは関係ないんです。僕は当時17歳で、(サインをした結果生じることについて)無頓着でした。僕の頭にはフットボールのことしかなかったんです。父のことを信頼していたんです。

EX:文化のことについて悪く言うつもりはないんですが……父が息子を売るというのはあまりにも敬意に欠ける行為ではありませんか?

HC:貴方にそう見えるのなら、そうなんだと思います。今なら、父が酷い間違いを犯したと分かりました。同時に彼を悲しくもさせたんです。

EX:しかし、今は大きなダメージを受けた……

HC:そうですね。何かが綻びを作ってしまったんです。しかし、僕は自身のキャリアで多くの経験を得ました。これらの事柄は僕をより強くしてくれました。僕にとってもっとも最悪なことは、僕のクラブであるレバクーゼンに影響を与えてしまったことです。それは僕を非常に悲しくさせています。凄く罪悪感を感じていますし、本当に申し訳なく思っています。


EX:現在のお父さんとの関係は?

HC:彼は僕の父ですし、今後も僕の父です。しかし、彼は僕の今後のキャリアには二度と関わる事はないでしょう。

EX:貴方は何か行動を起こしているんですか?

HC:はい。僕にこういったことが二度と起こらないように。慎重に事を進めています。ベクタス・デミルタスは僕のカウンセラーで、とても信頼しています。付け加えて、ラビイ・サルヒは僕の全てをケアしてくれています。


EX:ロジャー・シュミット監督には、このことについてもう話されたのですか?

HC:はい。彼は僕とたくさんのことについて話しました。彼は僕に対して、『君がそれに対して何も出来なかった(だから気に病むことはない)』、と言いました。僕は色々な思いを押し殺して、フットボールに集中しようと思います。

EX:ここ数ヶ月、貴方にはそれが出来ましたか?

HC:法廷に立った時、何も手につきませんでした。ただ、夜にベッドに横たわっているとき、こう思いましたね。『神よ、なんでこうなったんでしょう?』って。僕は感情的な人間なんです。未だにこれは僕の中に未だに熱いまま残っています。



にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

チャラヌルの声明

昨日、FIFAの4ヶ月の出場停止が決定したハカン・チャラヌルですが、一夜明けて自身のFacebookとTwitterを通じて声明を発表しました。ドイツ語とトルコ語で書かれているため、日本語に訳しました。拙訳ではありますが、お読みいただければ幸いです。

やぁ、みんな

既に皆も知っていることとは思うけれど、昨日CAS(スポーツ仲裁裁判所)の裁定が発表され、
FIFAの決定した4ヶ月の出場停止が確定となりました。
不幸なことに、僕のチームであるバイヤー・レバクーゼンの試合にも、
トルコ代表の試合にも出場することが出来なくなって、本当に申し訳なく思っています。

この出場停止の理由は、僕が17歳のときにサインした2012年6月1日のトラブゾンシュポルとの契約にあります。
しかし、僕がカールスルーエSCと別の契約を交わした際、僕は既にトップチームでプレイしていましたし、
契約の延長のオプションも付いていました。
しかしながら、僕にとってはトラブゾンシュポルとの契約は、
カールスルーエSCとの契約が更新されなかった時、
もしくは両者が移籍に合意した時にのみ有効であるのは明白でした。
残念ながらFIFAとCASは違う意見であり、僕の活動を阻害することとなりました。
トラブゾンシュポルとの契約が可能な状況にあった場合、
トラブゾンシュポルはFIFAの移籍ルールに幾つかの点で違反があるのを
FIFA,CAS共に明らかにしているにも関わらずです。

6年も前、僕が未成年であった際の出来事で、
4ヶ月もの間プロとしての活動とフットボールへの情熱を奪われるということを理解するのは、
僕にとって非常に難しいと言わざるを得ません。

ではありますが、僕はこの決定を受け入れると共に、未来のことを考えています。
僕は、この出場停止が開けたときには更に成長した自分を
僕のクラブとナショナルチームに見せられると確信しています。


悔しさをかみ締めつつ、なんとか前へ進もうとしているハカンを、今後も応援したいと思います。

レバクーゼンニュース (2月2日付)

ジャマイカから来た『ワンダー・ボーイ』、レオン・ベイリー獲得

バイヤー・レバクーゼンはベルギー・ジュピラーリーグのKRCヘンクからジャマイカU23代表FWのレオン・ベイリーを2022年6月までの5年半契約で獲得したことを発表しました。移籍金は推定1200万ユーロ、活躍時ボーナスで最大1500万ユーロまで上がると言われています。
bailey.jpg

今季、UEFAヨーロッパリーグに出場しているヘンクですが、ベイリーはEL予選で6試合3G3A、GLでも6試合4Gと大活躍し、チームの32強入りに貢献しました。その活躍を買われ、今回のレバクーゼン入りが実現しました。
サイドをゴリゴリ抉っていくスピードとドリブルは天下一品で、ボールコントロールに長けた同選手の加入により、左右のウィングの破壊力は更に上がるでしょう。また、彼の加入は他の選手への刺激になることでしょうし、チーム内競争の激化でまた成長する切っ掛けにもなるでしょう。一日も早く、彼の姿をピッチで見たいものです。

チチャリート、HSV欠場へ

金曜日にアウェイでハンブルガーSVと対戦するチームですが、前節のボルシア・メンヒェングラッドバッハとのダービーにおいてチチャリートは左鼠径部を傷め、チーム帯同しないことが決まりました。また、背筋痛が再発したヘンリクスの出場も危ぶまれていることから、シュミット監督はチーム編成に頭を悩ませることになりそうです。

チャラヌル、四ヶ月の出場停止処分に

昨年3月にFIFAがトルコ、スーパーリーグのトラブゾンシュポルの訴えを受けてトルコ代表MFのハカン・チャラヌルの調査を行っていましたが、正式に四ヶ月の出場停止処分が確定しました。
hakan.jpg

これは、彼が2011年、カールスルーエSCのユースチームに所属していた際、彼の父親と代理人がトラブゾンシュポルと仮契約を交わし、翌シーズンから加入することを約束していました(その際、10万ユーロを代理人を務めていた彼の父親に支払われ、契約破棄をした場合は罰金として100万ユーロをチームに支払うことになっていたようです)。しかし、その翌シーズンに彼はハンブルガーSVへと移籍(そのシーズンはカールスルーエSCにローンという形で残留)し、2013/14シーズンにはハンブルガーSVへ復帰したことからトラブゾンシュポルでプレイすることは叶わなかったばかりか、チャラヌル側からの罰金も支払われていないことからFIFAに提訴した模様です。
問題となっているのは彼がKSCにいた際に未成年であった為に彼は契約に関与していないこと(当時ハカンは17歳の為、責任は代理人である彼の父親にある)及びトラブゾンシュポルとの契約はあくまで個人合意であり、カールスルーエSCとトラブゾンシュポルとの間での合意はなかったことでした。
レバクーゼン側としては自身が関与しない事例での罰則から抗議をしたものの訴えは退けられ、四ヶ月の出場停止を受け入れざるを得ない状況になってしまいました。結果、ハンブルグでアウェイ戦では昨季のチーム得点王に続き、現時点でのチーム得点王の二人を欠いて臨まざるを得ません。厳しい状況ではありますが、ハカンの為にも勝点3を持ち帰って欲しいです。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。今季の注目はロジャー・シュミット監督!

twitter

検索フォーム

QRコード

QR