第21節 対メンヒェングラッドバッハ(アウェイ)

ブンデスリーガ第21節はメンヒェングラッドバッハとのアウェイ戦。前節はドルトムントとの激闘の末に敗れはしたものの、調子自体は好調を維持しているだけに、ここでしっかりと勝って14日のヨーロッパリーグKOラウンド緒戦のベンフィカ戦に望みたいところです。

この試合のスタメンは以下の通りでした。

21Mg.png

21L.png


前節でスタメンを張っていたライナルツに代わってロルフェスがアンカーに、CMFにカストロが入り、トライデントの一角にはサムが起用されています。

どっちもグダグダだなぁ、というのが試合を見終わった後での感想。
レバクーゼンに関して言えば、少し調子が落ち目かな、と思う。
蓄積での披露もあるんでしょうが、咄嗟での判断が遅くなってる気がする。
また、リスタート時の守備が問題ありますな。3失点中2失点がリスタートからってのは大問題なんじゃないか?先制点に関してはシュトランツルに競り負けての失点だからこれはまだ仕方ない部分もあるが(それはそれで問題ですけどね)、3失点目は酷い。
ヴォルシャイトもニュルンブルクから抜擢されてきて大チームでのプレイ、しかもほぼ出ずっぱりなので疲労してるのはわかるんだけど、時折大ポカをやらかすのは正直きつい。
ヘルマンのマークを外しちまったカルバハルもレアルのユースから上がって実質一年目の選手なわけで、それは差し引いたとしてもいただけない。
この辺の守備とか練習でやってるんだろうか?
また、交代選手とスタメン選手の差がありすぎる気がする。選手層が薄いのは分かるけど、それにしたって経験少ない選手しか交代枠に居なかったりするのはどうなんだ?
ここら辺を改善しないと、来年のCL(もしくはEL)きついことになると思うんだが……
後、キッカーの不在は結構深刻な気がする。普段はカストロ担当してるけど、正直なところ、あまり得点の香りがしないんよね。コーナーにしても蹴り損ないもあるし、ここは本当にどうにかならんかなー、と思う。
ヘルタやメンヒェングラッドバッハの試合とか見てると特にそれは思いますね。困ったときのロニー様!にアランゴ様!とか結構見てるし。攻撃のバリエーションという意味でも立派な武器の一つなので、CLやELに備えて来期は補強の一つの軸として欲しいな。

一方、メンヒェングラッドバッハはもっと深刻。
点は取れるけど守りきれない、点も取れない守れない、という試合が実に多い。
ダンテやロイスを引き抜かれたとはいえ、ここまでボロボロになるとは想像していなかっただけに、今期はもう我慢の年と割り切っているのかもしれないが。
また攻撃陣は同じようなタイプの選手が多すぎて結局デ・カマルゴを放出したりと今一、補強も上手くいってない印象。ファブレ監督も今年一年で一気に老けた感があるのもうなづけるわ……
選手層が歪過ぎるので、これは来期に編成と相談しつつ、解決しなきゃあかんでしょうなぁ。

次はELノックアウトランドファーストレグ、ベンフィカ戦を挟んで降格圏で苦闘しているアウグスブルグが相手。勝ち点3は絶対とされるだけに、実力差を遺憾なく発揮できるか、興味深く見えこようと思います。

Borussia M'gladbach

スターティングメンバー:
1 ter Stegen - 39 Stranzl,4 Brouwers,15 Alvaro Dominguez,17 Wendt -
16 Nordtveit,5 Ring,6 Cigerci,18 Arango -
7 Herrmann,9 L. de Jong

交代:
60min. 34 G. Xhaka fur Ring
77min. 31 Hrgota fur Nordtveit
84min. 19 Hanke fur Cigerci

ベンチ入り選手:
33 Heimeroth,3 Daems,35 Brandenburger,8 Rupp


Bayer 04 Leverkusen

スターティングメンバー:
1 Leno - 20 Carvajal,4 Wollscheid,2 Schwaab,17 Boenisch -
6 Rolfes,8 L. Bender,27 Castro,18 Sam,9 Schurrle -
11 Kiesling

交代:
70min. 13 Hegeler fur Sam
80min. 14 細貝Jong fur Castro

ベンチ入り選手:

33 Rensing,5 M. Friedrich,24 Kadlec,31 Kohr,7 Junior Fernandes

得点&交代

得点:
1:0 Stranzl (44min., Nordtveit)
1:1 Sam (52min., Kiesling)
2:1 L. de Jong (58min., Arango)
2:2 Kiesling (60min., Boenisch)
2:3 Schurrle (64min., Castro)
3:3 Herrmann (86min., Brouwers)

イエローカード
Gladbach: -
Leverkusen: Sam(1. Gelbe Karte)

試合情報


開催日時:
09.02.2013 15:30 Uhr

開催球場:

Stadion im Borussia-Park, Monchengladbach

来場者数:
46,010

主審:
Knut Kircher (Rottenburg)

試合後の監督談話
ファヴレ監督:
『前半を見ていればリードする事も出来たかもしれないが、ドローで非常に満足だよ。前半は、我々は決して良かった訳ではなかったし、余りにボールをロストしていた。ボールをしっかりと持たなくては、サッカーというものは難しくなってしまうものなんだよ』

レヴァンドフスキ監督:
『前半の我々のプレーは非常にテンポがあり、オフェンシブに非常にうまく出来ていた。アウェイながらも、我々はホームのように試合を支配していたよ。しかしハイプレスからのディフェンスは余りに貧弱だった。我々はもっと成熟していかなくてはならないし、効果的にならなくてはいけないネ』




ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR