バウムガルトリンガー獲りに興味を示すクラブ達


ラース・ベンダーが再び負傷した現在、チームは他のMFの移籍には消極的ではあるのだが、守備的な、そして時にはセントラルを受け持つバイヤーのMFへの獲得に興味を持つチームが増えてきたようだ。

その注目を浴びている選手と言うのは、オーストリア代表MFのユリアン・バウムガルトリンガーである。その注目しているチームというのは以下の三つだ。


① アタランタ・ベルガモ(セリエA)

スカイによると、彼に注目をしているチームはイタリア、セリエAに居る。アタランタ・ベルガモがそのチームである。アタランタのSDであるジョバンニ・サルトリは先週の土曜のセルタ・デ・ヴィーゴとのテストマッチに姿を見せており、ルディ・フェラーと会談を持ったようである。


② TSGホッフェンハイム(ブンデスリーガ)

六月末のキッカーで報じられたように、ホッフェンハイムはユリアン・バウムガルトリンガーの獲得に興味を示している。ユリアン・ナーゲルスマン監督は最終ライン前のポジションに新しい『掃除機』役を探している。新加入のハヴェルド・ノルトヴァイトはCBとして試されており、バウムガルトリンガーは6番のポジションとしてプレイすることになるだろう。


③ 1.FCケルン(ブンデスリーガ)

ライニッシュ・ポスト紙の報道によると、バウムガルトリンガー獲得にライヴァルであるケルンが興味を示していると言う。ケルンのSDであるヨルグ・シュマトゥケは同紙のインタビューに『バウムガルトリンガーはウチの監督を気に入ると思うよ』と応えたようだ。(注:シュトーガー監督もオーストリア人)それに対し、ルディ・フェラーは微笑んだままだったようであるが。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR