【17/18シーズン】Away ボナーSC【テストマッチ】

先週7月19日、バイヤー・レバクーゼンは新シーズン開始後三回目のテストマッチを行いました。
今回の相手は4部のボナーSC。将に俺得試合というわけで、前売り券を買って喜び勇んで観戦に行ってきました!

170719bscb0401.jpg
開場前はこんな感じ。バイヤーファンが多い印象でした。
170719bscb0402.jpg
今回はここから。
170719bscb0403.jpg
まずボナー側がアップを開始。
170719bscb0404.jpg
!この姿は……つ……遂に!
170719bscb0405.jpg
ブライアンが選手一人一人と握手を交わしてピッチに送り込む。
170719bscb0406.jpg
170719bscb0407.jpg
アップ開始。ヘアリッヒ監督も様子を見守る。
170719bscb0408.jpg
入場準備。
170719bscb0409.jpg
そして選手入場!
170719bscb0410.jpg
エスコートキッズが駆け足で退場し、両軍握手。
170719bscb0411.jpg
円陣を組むボナー。
170719bscb0412.jpg
キックオフ直前。
170719bscb0413.jpg
前半キックオフ!
170719bscb0414.jpg
プレスはそれなりにかかるものの、パスミスが多くなかなか繋がらない。
170719bscb0415.jpg
今シーズンにかけるフォランドは積極的に狙っていく!
170719bscb0416.jpg
ヴェンデルのコーナーは一つの武器になりそう。
170719bscb0417.jpg
ただ、空中戦はボナー、大の好物なのよね……(;^ω^)
170719bscb0418.jpg
ドラゴビッチはまずまず。スヴェンとのコンビも問題なさそう。
170719bscb0419.jpg
ロングボールからボナーがチャンスを得るもドラゴビッチの守備で難を逃れると……
170719bscb0420.jpg
返す刀でフォランドがヘッドを決めるも、オフサイドの判定……しかし、これでレバクーゼンがようやく目が覚める。
170719bscb0421.jpg
カンプルのクロスを……
170719bscb0422.jpg
ボナーがクリアするも……
170719bscb0423.jpg
甘かったクリアボールにカンプルが詰め……
170719bscb0424.jpg
レバクーゼン先制点!!!
170719bscb0425.jpg
ハフェルツは既に風格すら漂うように。明らかに他の若手とは空気が違う。
170719bscb0426.jpg
170719bscb0427.jpg
前半で一番やばかったシーン。ロングボール一本で裏を取られ、あやうく同点に。ハイライン裏の処理は今季も課題になりそう。
170719bscb0428.jpg
バイリーと交錯してボナーのヴェバーがちょっと痛んだか?
170719bscb0429.jpg
カンプルのヘッドは防げなかったものの、その後は安定した守備で最後を守ったモナス。
170719bscb0430.jpg
170719bscb0431.jpg
前線でのコンビネーション、プレスはまずまず。
170719bscb0432.jpg
抜け出したベララビがクロスにあわせるもゴール右に外れる……最後の精度は今季も課題になりそう。
170719bscb0433.jpg
バイリーの突破は非常にパワフル。いい攻撃のオプションになりそう。
170719bscb0434.jpg
少し痛んでいたヴェバーを下げてソビエチ投入。
170719bscb0435.jpg
リスタートでのスヴェンのヘッドは武器になりそう。
170719bscb0436.jpg
周りを使うプレーを見せていたベララビ。今季の鍵の一つになりそう。
170719bscb0437.jpg
バイリーの突破からの右足シュートもゴール右に。最後の精度は依然として課題のまま……
170719bscb0438.jpg
170719bscb0439.jpg
スヴェンは攻守に存在感を発揮。早く兄弟同時プレイが見たい……!
170719bscb0440.jpg
ボールをインターセプトしてからの速さは相変わらず鋭いだけに、後は最後がね……
170719bscb0441.jpg
前半は0-1でリードしての終了。
170719bscb0442.jpg
後半は一気に若手を投入する。
170719bscb0443.jpg
ヘアリッヒ監督が後半開始前に檄を飛ばす。
170719bscb0444.jpg
後半開始!
170719bscb0445.jpg
後半開始早々のCKからアブ・ハナくんがヘッドでゴールを狙う!
170719bscb0446.jpg
何度もチャンスを作るも、一点が遠い……
170719bscb0447.jpg
170719bscb0448.jpg
ヤバかったシーン。若い守備ラインの裏を完全に取られ、シュートまで持っていかれた。外れて良かった……
170719bscb0449.jpg
前線にボールが来ないので、少し下がってボールを取りにきたポーヤンパロ。
170719bscb0450.jpg
170719bscb0451.jpg
170719bscb0452.jpg
少しずつテンポは良くなるものの、一点が取れない……最後もフリーになったポーヤンパロがゴール上に外す……
170719bscb0453.jpg
フリーだったので狙っていったハンドヴェルカー。
170719bscb0454.jpg
170719bscb0455.jpg
エリア内でユルチェンコが倒されPKに。自分できっちり決めて0-2に!
170719bscb0456.jpg
その後も攻め続けるが、ポーヤンパロに一発が出ず……
170719bscb0457.jpg
リスタートからマークを外したソビエチがヘッドで一点を返す!
170719bscb0458.jpg
守勢に回ってしまったWerkselfはなんとか攻撃を跳ね返すも……
170719bscb0459.jpg
ストッフェルスの目の覚めるようなミドルで土壇場で同点に追いつく!
170719bscb0460.jpg
その後、勝ち越そうと懸命に攻めるも……
170719bscb0461.jpg
170719bscb0462.jpg
そのままで試合終了。2-2の引き分けに終わりました。

レバクーゼン側は若手混合での試合だったとはいえ、らしくないミスも多く、まだ仕上がり途上なのを露呈。特に最後の得点の部分での工夫が必要そうな印象を受けました。チチャリートも去った以上、キースとポーヤンパロの出来が左右しそうです。
一方、ボンはエースストライカーのムスキュラスはチームを去ったものの、昨季以上のチームの組織力と戦術面の向上が見受けられました。昨シーズン以上の成績を収められるだけのチーム力は出来たように思います。H96とのポカールも、ジャイアントキリングしてもおかしくない力はあると思いますし、今から楽しみです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR