ハイコ・ヘルリッヒ、バイヤーへ帰還す!


18952604_1598523853522216_264115838435096174_n


2017年6月9日、バイヤー04・レバクーゼンは、1860ミュンヘンとの入替戦に勝利し、二部へ返り咲いたヤーン・レーゲンスブルグを率いていたハイコ・ヘルリッヒ氏と来季のコーチ契約を交わしたことを発表しました。契約期間は2019年6月30日までの二年間になっています。彼はプロとしてのキャリアをバイヤー・レバクーゼンでスタートしており(1989-93、83試合8G4A)、今回は文字通り古巣への帰還と言うことになります。

ルディ・フェラーSDは、9日の13時より行われたプレス・カンファレンスにおいて彼の起用に関してこう語っています。

『多くの人にとってはちょっとした驚きだったのではないかと思う。我々はコーチ選びに関して、候補者が二名居り、非常に高い関心を持って交渉に臨んだのだが、様々な理由でサインまでこぎつけることが出来なかった。先週、我々の中でハイコ・ヘルリッヒ氏に候補者を絞ることが決定したのだ』

また、彼を選んだ理由に関しては

『非常に野心的でゴールを志向するコーチであり、レーゲンスブルグでのリーグにおいてだけでなく、最近行われた1860ミュンヘンとの入替戦においても自身の能力を実証している。また、チーム作りにおいても魅力的で積極的かつ攻撃的なプレースタイルを好む点が我々の目指すチーム作りと合致した。これからハイコと共に行うチーム作りで、来季は素晴らしい役を演じられるだろうと思う。』

とも語っており、以前に報道された候補者以外にも注目していた中の一人だったようです。


選手としてチャンピオンズリーグと二度のリーグ優勝を経験し、VfLボーフムやSpVggウンターハヒングで監督も経験している45歳の彼にとって、ヴェルクスエルフからのオファーは非常に魅力的だった様です。プレスカンファレンスにおいて、

『自分がプロとしてのキャリアをスタートしたチームでブンデスリーガの監督として復帰するというのは非常に魅力的なオファーだったよ。バイヤー04は、過去20年のドイツの歴史の中で最も成功したチームの一つで、欧州内で非常に高い評価を受けているし、非常に革新的なチームであると認識されている。優秀で野心的な選手を大量に擁したチームへ戻れてすごくいい気分だよ。我々は来季、獲り得る最高の成績を残してリーグのトップグループに返り咲きたい』

と語っており、来季への準備もすぐにも開始するようです。

ユースも含めて経験豊富なヘルリッヒ氏に来季の命運が託されました。はたしてどのようなシーズンになるのか、今から楽しみです。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR