ホーヴァル・ノルトヴェイトを巡るポーカー


TSGホッフェンハイムは、来季、チーム始まって以来の欧州大会に出場しますが、プリミン・シュヴェグラーとセバスチャン・ルディの二人の六番を放出しています。クライヒガウのチームが、来季に向けて特別な補強をすることは明確ですが、キッカー誌によると、その候補として浮上したのは元ボルシア・メンヒェングラッドバッハ所属で、現在はプレミアリーグ、ウェストハム・ユナイテッドでプレイしているノルウェー代表MFのホーヴァル・ノルトヴェイトのようです。

2021年までウェストハムと契約を交わしている26歳のノルウェー代表選手には、我がレバクーゼンや一部残留を決めたヴォルフスブルグも獲得に興味を示していると言われており、四者による駆け引きが繰り広げられそうです。ですが、ホッフェンハイムは他に六番の位置をほぼ確保できることと欧州大会出場という二つのストロングポイントを用意できることから、一歩リードをしているという状況かと思います。果たして、彼はどのような選択をするのか、これからも情報を追って行きたいと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR