【16/17シーズン】Home FCアウグスブルグ【ブンデスリーガ】

イングリッシュウィークでの開催となった第四節はホーム開催。FCアウグスブルグを迎えての試合となりました。
ここまで1勝2敗と波に乗れないレバクーゼンですが、相手も調子が上がっていないだけに、ここできっちり勝点3が欲しいところです。

160921B04FCA01.jpg
160921B04FCA02.jpg
160921B04FCA03.jpg
160921B04FCA04.jpg
両チームのチームバスがBayarenaに到着!
160921B04FCA05.jpg
160921B04FCA06.jpg
160921B04FCA07.jpg
ピッチ確認に来たWerkselfの選手たち。キースも遂に戦線復帰!
160921B04FCA08.jpg
160921B04FCA09.jpg
両チームのGKがまずはピッチに。
160921B04FCA10.jpg
アウグスブルグのフィールドプレイヤーがピッチに。
160921B04FCA11.jpg
ベンチ外の宇佐美も練習要因としてピッチに出てきました。
160921B04FCA12.jpg
アップの様子を見つめるシュスター監督。
160921B04FCA13.jpg
Werkselfの選手もピッチに!
160921B04FCA14.jpg
キースがようやく戦線復帰したのは大きい。
160921B04FCA15.jpg
160921B04FCA16.jpg
アップ風景。
160921B04FCA17.jpg
160921B04FCA18.jpg
選手入場!
160921B04FCA19.jpg
160921B04FCA20.jpg
160921B04FCA21.jpg
前半キックオフ!
160921B04FCA22.jpg
160921B04FCA23.jpg
160921B04FCA24.jpg
序盤から積極的に攻勢に出るレバクーゼンとショートカウンターを狙うアウグスブルグと言う構図に。
160921B04FCA25.jpg
今日がB04デビューとなるドラゴビッチ。守備に落ち着きを与え、後方からチームを支える。
160921B04FCA26.jpg
セットプレーでも高さを生かした攻撃の1オプションに。
160921B04FCA27.jpg
前半最高の得点機。フォランドが中央に送り返すも、アランギスのシュートはバーの上に……
160921B04FCA28.jpg
前半終了。ク・ジャチョルは足を痛めたようで、ピッチに座って足を気にしていました。
160921B04FCA29.jpg

160921B04FCA30.jpg
160921B04FCA31.jpg
HTを終えてピッチに戻ってくる選手たち。
160921B04FCA32.jpg
後半キックオフ!
160921B04FCA33.jpg
FKでゴールを狙うチャラヌル!
160921B04FCA34.jpg
キースとフォランドは相性良さそうな感じでした。
160921B04FCA35.jpg
160921B04FCA36.jpg
最大の得点チャンス!フォランドがエリア内で倒されてPK!キッカーはアランギス……しかし、バーに弾かれ得点ならず
160921B04FCA37.jpg
切り札、ポーヤンパロも投入して勝ちにいく!
160921B04FCA38.jpg
キースを狙うもヒッツの前に有効打を放てない……
160921B04FCA39.jpg
ドラゴビッチもCKのこぼれ球を狙う!
160921B04FCA40.jpg
ブラントのクロスにキースがどんぴしゃヘッドを放つもまたしてもヒッツ!
160921B04FCA41.jpg
160921B04FCA42.jpg
160921B04FCA43.jpg
160921B04FCA44.jpg
試合はスコアレスのままタイムアップ。両者勝点1を分け合う結果に……

試合的にはレバクーゼンが終始攻勢をしかける展開だったものの、最後の詰めを欠き引き分けになった形です。
ですが、安定を欠いていたトプラクに代わってブンデスリーガデビューを果たしたドラゴビッチが最終ラインを統率、
結果として守備が安定したのが今回の安定した攻撃を支えたことを考えると、状態は一歩前へ進んだ感じです。
慢性疼痛での離脱からようやく戦線に復帰したキースリングを始め、面子も揃ってきており、
チームとしてようやくスタートラインに立ったと言ってもいいのではないでしょうか?
後は実線での試合勘や連携を高めれば……悲願のタイトルも夢ではないと思います。
次は難敵マインツとのアウェイ戦。ぜひとも勝点を持ち帰ってきて欲しいです。

試合データ
バイヤー・レバクーゼン
スターティングメンバー

レノ-ヘンリクス、ター、ドラゴビッチ、ヴェンデル-L.ベンダー、アランギス-カンプル、チャラヌル-チチャリート、フォランド

ベンチ入りメンバー
エツカン、トプラク、バウムガルトリンガー、ブラント、メフメディ、キースリング、ポーヤンパロ

FCアウグスブルグ
スターティングメンバー

ヒッツ-フェルハーグ、ハウウェレーウ、ヒンテレッガー、スタフィリディス-カチャル、バイアー-ク・ジャチョル、チ・ドンウォン-モラヴェク-フィンボガソン

ベンチ入りメンバー

ルテ、フォイルナー、ヤンカー、シュミット、P.マックス、H.アルティントップ、ボッバディア

交代
バイヤー・レバクーゼン

65. チチャリート → キースリング
65. チャラヌル → ブラント
76. L.ベンダー → ポーヤンパロ
FCアウグスブルグ
46. ク・ジャチョル → P.マックス
83. モラヴェク → H.アルティントップ
85. カチャル → ヤンカー

警告/退場
警告

バイヤー・レバクーゼン
なし
FCアウグスブルグ
フェルハーグ(1)、ハウウェレーウ(3)
退場
なし




にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ






関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR