【2015/16CL】Bayer 04 Leverkusen - FC Barcelona【第6節】

去る12月9日、チャンピオンズリーググループリーグ最終節、バルセロナとの試合に行ってきました。ローマ-ボリソフ戦の結果如何とはいえ、まだ突破の望みはあるだけに、是が非でも勝利が必要となる試合でした。

ピッチにまず出てきたのはバルセロナのコーチ陣
151209B04FCB01.jpg
テア・シュテーゲン登場
151209B04FCB02.jpg
レノ登場
151209B04FCB03.jpg
バルサの選手登場。ラキティッチ。
151209B04FCB04.jpg
メッシとジョルディ・アルバ。
151209B04FCB05.jpg
Werkselfもすぐにピッチに登場!
151209B04FCB06.jpg
メフメディ。
151209B04FCB07.jpg
ベララビ。
151209B04FCB08.jpg
クラマー、ボレーを放つ。
151209B04FCB09.jpg
チチャのヘッド。
151209B04FCB10.jpg
チームのAnthemに盛り上がるNordlurve!
151209B04FCB11.jpg
選手入場!
151209B04FCB12.jpg
151209B04FCB13.jpg
Champions League Anthem!!
151209B04FCB14.jpg
挨拶を交わす
151209B04FCB15.jpg
記念写真。
151209B04FCB16.jpg
151209B04FCB17.jpg
キックオフ前。緊張感高まる!
151209B04FCB18.jpg
前半キックオフ!
151209B04FCB19.jpg
テア・シュテーゲン。
151209B04FCB20.jpg
序盤から積極的に攻めるWerlself!
151209B04FCB21.jpg
ここぞという場面で一気にギアを上げてくるメッシ。
151209B04FCB22.jpg
先制点はメッシ。一瞬の隙を衝かれ、カウンターからの失点でした。
151209B04FCB23.jpg
しかし、すぐに試合を振り出しにもどすゴール!チチャリート!!
151209B04FCB24.jpg
当然、マークも集中するチチャ。ジョルディ・アルバに文句を言う。
151209B04FCB25.jpg
一瞬のスピードに乗ってゴール前に!
151209B04FCB26.jpg
ファウルを流され、線審に確認に行くチチャ。
151209B04FCB27.jpg
前線で競り合うチチャ。
151209B04FCB28.jpg
試合は1-1で終了。後半にかける。
151209B04FCB29.jpg
ブラント。
151209B04FCB30.jpg
キースリング。
151209B04FCB31.jpg
ハーフタイムを終えて選手が再びピッチへ。
151209B04FCB32.jpg
チチャリート。
151209B04FCB33.jpg
後半キックオフ!
151209B04FCB34.jpg
メッシからボールを奪取するクラマー。
151209B04FCB35.jpg
ベララビも前線で競り合う。
151209B04FCB36.jpg
ゴール前でのFKチャンス!チャラヌルのキックをじっと見つめるメッシ。
151209B04FCB37.jpg
キースリング、メフメディと代わって登場!
151209B04FCB38.jpg
ブラントもチャラヌルに代わって投入される。
151209B04FCB39.jpg
カウンターで前へボールを運ぶブラント。
151209B04FCB40.jpg
メッシのドリブルを阻止するベララビ。
151209B04FCB41.jpg
後半も前線を切り切り舞させたベララビへのマーク激化。
151209B04FCB42.jpg
パパも投入、前線でボールを競り合う。
151209B04FCB43.jpg
試合は結局、1-1で終了。ローマ-ボリソフ戦はスコアレスドローで終わった為、レバクーゼンは夢破れてELへの進出に。
151209B04FCB44.jpg
151209B04FCB45.jpg
151209B04FCB46.jpg
151209B04FCB47.jpg
151209B04FCB48.jpg
151209B04FCB49.jpg
151209B04FCB50.jpg
151209B04FCB51.jpg

この試合でも出た悪癖……得点力のなさ。試合終盤まで得点機を作り続けたにも関わらず、チチャリートの一点のみというのは寂しい限り。バルサは主力選手を温存し、若手主体で望んできたにも関わらず勝てなかったという事実は非常に重いものです。昨年の活躍でよりきついマークをされているベララビやチャラヌルが苦しんでいるのも得点力が下がっている一因ではあるでしょう。これについての特効薬は、とにかくゴールをすること。特にベララビは体のキレはよさそうなだけに、一点入れば変わりそうなのですが……だからこそ、自身も焦りがあるように思います。エゴイスティックなプレイもその裏返しだと思いますが、前線の選手にそういうエゴは必要な要素なだけに、彼をスケープゴートにしようとするファンの意見には同意しがたいものがあります。
特に、チチャリートが守備に関する面でのマイナス分をケアしているのがベララビやチャラヌル、メフメディであるのを考えれば、彼を冬に売るなどというのは言語道断。彼らの精神的負担を少しでも軽くするべきファンが彼らに文句を言うのは筋違いだと思うのですが……
土曜のメンヒェングラッドバッハ戦はまさにウィンターブレイク前の大一番。なんとか彼らを退けて上位を狙う勢いをつけたいところです。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR