キースリングの苦闘

ステファン・キースリングの闘い 『僕はベンチを温める選手じゃない』

『キース』は現在、バイヤーで難しいポジションにある。ゲームシステムが彼に合わず、更に新加入選手は彼を凌駕している。

バイヤー・レバクーゼンにおいて、ステファン・キースリングは現状予備役以上の役割を与えられていない。新加入のチチャリートがロジャー・シュミットのゲームシステムの中で定位置を与えられ、キースリングはそれに適応できずにいる。その状況はこの元得点王にとって非常に不満の溜まるものとなっている。

今の状況は良くはないね』とキースリングはスポーツビルドのインタビューで語った。彼は『快適な状況ではないよね。しかし、年齢は関係なく、チームを助けようと思っているよ』とも語っている。

BVBとの大きな差

この31歳のストライカーは、今シーズンわずか1ゴールしか挙げておらず、確約されレギュラーの位置を失ってしまっている。『僕はチームプレイヤーだ、だけど、これは僕の考えだけど、先発で出たほうが途中出場するよりもよりチームに貢献できると思うんだ……

彼個人のみならず、(チームも)今シーズンは非常に混迷している。ヴェルクスエルフはその高い期待を裏切る結果になっている。『僕達はチャンピオンズリーグ出場権を得られる、ドルトムントの居るエリアへと戻りたいと思っているけど、現状は12ポイントも離されているんだ……

(元記事:Stefan Kiesling hadert: "Ich bin kein Bankspieler"


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR