レバクーゼンニュース(11月21日)

*テロに関するコメント
ベルント・レノ
『パリとハノーファーでの出来事は、どっちもチームにとって非常に悪く、ショッキングだったよ。でも、ハノーファーでのことで一個だけ良かったことがあったんだ。それは僕の弟のダニエルがハノーファーまで観戦にくる予定だったからなんだ。

でも、幸いなことに、警察がスタジアムからの避難を決意したお陰でそこには居なかったんだ。僕はもう大丈夫だし、弟が無事だったことに本当に感謝してるよ』

(試合が中止になったことに関して)
『もし凄いリスクがあるのだとしたら、試合を中止するのは非常に正しい判断だと思うよ』

(土曜日はアイントラハト・フランクフルトとの試合がありますが)
『僕は普段通りにいかなきゃ駄目だと思う、だって心ここにあらずだったら相手は勝ったと思うだろう?』

*土曜の試合に向けて
ルディ・フェラーSD
(土曜日はアイントラハト・フランクフルトとの試合がありますが)
『もちろん、試合を楽しみにしているよ。実際、パリとハノーファーでの事件の余波でセキュリティは厳重になるだろう。しかし、我々は日常に戻っていかなければならないよ』

*バイヤー公式のラマーリョへのインタビュー
『レバクーゼンに加入して4ヶ月たって、今では故郷のように快適に過ごしているよ。今は余り試合には出れていないけど、毎日の練習を精一杯頑張っているよ。そうしたらロジャーは試合に出るチャンスを暮れるからね』

(インターナショナルウィークの休みはチームにとって良い時間だった?)
『ええ、休みが取れたのは良かったです。頭をまっさらにできましたし、色々なことを考えることができますからね』

●移籍関連
チャラヌルが移籍した時、誰が来るのか?

レバクーゼンの宝石、ミッドフィルダーのハカン・チャラヌルはヨーロッパの大チームの監視下にある。現在、スランプに陥っているものの、このトルコ系ドイツ人はフリーキックでの高い得点力で存在感を示している。その彼の後継者問題は既に解決しているようだ。現在はシャルケ04でプレイしているマックス・マイヤーは、Werkselfの関心を高めている。
ハカン・チャラヌルがホットな話題になっている。マックス・マイヤーはこのトルコ系ドイツ人の後継者となるのだろうか?

この夏、シャルレス・アランギスの重傷を追った後、マックス・マイヤーはシャルケとバイヤーの間で話合いが持たれた。しかしながら、その時は実現せず、代わりにドルトムントからケヴィン・カンプルが移籍してきた。

ホルスト・ヘルトは交渉疑惑を否定した

シャルケのマネージャーであるホルスト・ヘルトはレバクーゼンとの交渉があったことを強く否定したものの、マックス・マイヤーはロジャー・シュミットの攻撃的なゲームプランのオプションであった。この20歳の若者は非常に素晴らしいボールコントロール能力を持ち、左サイドで敵をひきつけることが出来る。

ユリアン・ドラクスラーが長らくシャルケでその役割を担っていたが、彼はヴォルフスブルグへと移籍をしてしまった。

マックス・マイヤーはユーロ予選を確信している

ドイツU21チームはユーロ選手権予選を容易に歩を進めている。グループ7のトップとして、ヤングドイツチームはオーストリアチームと対戦を喜び、最終的に4-2で撃破した。マックス・マイヤーはその中でずば抜けたパフォーマンスを見せ、1ゴールをあげてもいる。マイヤーはチームに戻ってすぐの試合に出場し、引き分けに持ち込む点を上げている。

レバクーゼンが獲得の興味を持ち、それが同意に持ち込めなかったとしても、レバクーゼンはその後もこの20歳の若き才能に注目をし続けるべきである。若きドイツ人はキャリアの階段に直面している。

(元記事:Bayer Leverkusen: Wer kommt, wenn Calhanoglu geht?


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR