15/16シーズン、夏の移籍の噂?

鳴り物入りでの新加入となったチリ代表MFのシャルレス・アランギスでしたが、
練習中に右足アキレス腱断裂の大怪我を負い、開幕前に負傷したイェドバイ、トプラクに続き、
守備陣に負傷者が続出しているレバクーゼン。
その代役獲得に残された時間はあと1週間。ここまで噂に上がってきている移籍話を整理します。

1)カストロを呼び戻す?
キッカーによると、今夏にBVBに移籍したものの、ベンチに追いやられてしまったゴンゾを呼び戻そう、
という動きがある模様です。ただ、その場合はBVBが支払った1100万ユーロの返還が必要になりそうなのが、
ネックとなっており、実現するかどうかは不透明とのことですが……

2)若手選手のローン
能力はありながらも、厚い層に阻まれて出場機会を得られないバイエルンの若手選手をローンで獲得すべく、
交渉をしている模様。候補としてはセバスティアン・ローデかピエール=エメリク・ホイビェルグのようですが、
ローデはヴォルフスブルグ、シャルケが、ホイビェルグにはFCアウグスブルグやBMGも獲得に興味を示しており、
一筋縄ではいかない感じです。更にローデに関してはペップが手元に置いておきたい意向のようで、
ホイビェルグを巡る獲得戦が激化すると思われます。
他の候補としては、アンドレ・ブライテンライター監督の指揮下で巻き返しを図るシャルケの中で、
自身のロールが不明確でベンチを温めているマックス・マイヤーの名前が挙がっています。

3)パイティム・カサミを獲得?
今季よりフラムからギリシャのオリンピアコスへ移籍したスイス代表MFのパイティム・カサミを獲得リストに入っている、
とギリシアの地元紙が報道しているようです。
今季より3年契約、500万ユーロの移籍金で獲得した選手だけに、ローンでの獲得の可能性もありますが、
そもそも獲得したばかりの選手を放出するかどうか……あくまで噂、というレベルです。

4)ママドゥ・サコーを獲得?
リバプールの仏代表DF、ママドゥ・サコーを獲得するという噂があり。
ブレンダン・ロジャーズ政権下ではロブレンとシュクルテルの後塵を拝し試合の出場機会がないサコーに対し、
ASローマの買取オプション付のローン要請を出したものの拒否されており、レバクーゼンも門前払いを食う可能性が高く、
獲得には至らないと思われます。

5)ダンテを獲得?
ペップ政権下ではベナティアとボアテングの後塵を拝しているダンテを獲得しようとしていましたが、
ベナティアの負傷で移籍話は立ち消えに。これはもう無さそうです。

あと1週間で夏のマーケットはクローズ。果たして駆け込みでの大型移籍が行われるのか?
今後も注視していきます!


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR