第11節 一行所感

1.FSV Mainz05 2 - 1 1.FC Nurnberg
Tore
Maiz:Muller(12in.),Nilsson(40min.)
Nurnberg:Ivanschitz(21min.)

Mainz:チャンスをきっちり決めての勝利。荒れた試合になるもなんとか逃げ切った。
Nurrnberg:一瞬のミスを衝かれての2失点。得点は挙げられたものの、流れの中から得点を取れないのは相変わらず解消されていない。ヘッキングの首もそろそろヤバいのでは?

FC Bayern Munchen 2 - 0 Eintracht Frankfurt
Tore
Bayern:Ribery(44min.),Alaba(77min.)
Frankfurt: -

Bayern:アラバが効果的な動きで勝利に貢献。怪我人・病人が出ても層の厚さでカバーできるのはさすが。
Frankfurt:トラップが奮戦するも2失点。PKはシュバイニーのシミュレーションのように見えたが……


FC Augsburg 1 - 3 Borussia Dortmund

Tore
Augsburg:Molders(81min.)
Dortmund:Reus(8min.),Lewandowski(51, 70min.)

Augsburg:何度か好機もあったが、ヴァイデンフェラーの好守に阻まれ得点できず。チーム建て直しの光、未だ見えず。
Dortmund:タイトなスケジュールで衝かれの溜まった主力を休ませつつ、勝ち点3をきっちり奪う。

FC Schalke04 2 - 1 SV Werder Bremen
Tore
Schake:Neustadter(59min.),Draxler(69min.)
Bremen:Hunt(16min.)

Schalke:三列目の選手も攻撃に参加するシーンが増えて確実に攻撃力が上がった。内田の穴はあるものの、攻撃力で守備の穴を埋められるか興味は尽きない。
Bremen:先制点を奪ったものの、その後の好機を物に出来ず、逆転負け。パパドプロスの演技力でファールを取られるなど運も無かった。

SC Freiburg 0 - 0 Hamburger SV
Tore
Freiburg: -
Hamburger: -

Freiburg:一人少ない相手を攻めあぐねスコアレスドロー。アドラーの壁は厚かった。
Hamburger:一人少ない中、アウェイで勝ち点1を取る方針に変更。しばしばカウンターでフライブルグゴールを狙うも精度に欠けた。

Fortuna Dusseldorf 1 - 1 1899 Hoffenheim
Tore
Dusserdorf:Kruse(4min.)
Hoffenheim:Joselu(39min.)

Dusserdorf:開始早々のクルーゼのゴールもマークの甘さから同点を許し勝ち点2を失う。一人少ない相手を攻略できず、悔しい引き分け。
Hoffenheim:一人少なくなった時点で引き分け狙いに方針を変えたのが功を奏したか。もう少しディフェンス陣に戦術の浸透が必要か。

VFL Wolfsburg 3 - 1 Bayer04 Leverkusen
Tore
Wolfsburg:DIego(4,16min.),Dost(33min.)
Leverkusen:Kiesling(90+1min.)

Wolfsburg:動きの悪い相手にきっちり3得点。上昇ムードに乗るにはいい試合だった。
Leverkusen:動きが鈍く、どちらが降格圏のチームなのかわからないプレー振りだった。過密日程は分かっているのだからせめてターンオーバーをもっとするべきなのにどの試合もフルメンバーでやっていてはこの結果も致し方なし。

SPVGG Greuther Furth 2 - 4 Borussia M’Gladbach
Tore
Furth:序盤から攻撃的に行くもレッド二枚で力尽きた。アサモアの復帰は光明だが、守備が安定しないことには……
M'Gladbach:守備の隙を突いての後半3得点で力の差を見せ付ける。守備がまだ不安が残るものの、攻撃面では安定感が出つつある。

Furth:Nehrig(10min.),Prib(43min.)
M'Gladbach:Wendt(22min.),Stranzi(51min.),Herrmann(57min.

VFB Stuttgart 2 - 4 Hannover96
Tore
Stuttgart:Gentner(21min.),Ibisevic(37min.)
Hannover:Sobiech(57min.),Schlaudraff(65min.),Abdellaoue(68,73min.)

Stuttgart:前半から何個か危ういシーンはあったが、後半で完全に守備が崩壊。ラッバディアも打つ手なしか?フロントがアホやから(サッカーが)出来へん!という声が聞こえてきそう。
Hannover:後半16分で4得点の荒稼ぎで奇跡の逆転劇を演じる。守備の隙を丁寧に突いた選手の動きが秀逸だった。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR