2013/14シーズン ブンデスリーガ スタジアム動員数・収容率ランキング(第32節)

ハンブルグの敗戦で14位までの残留が決定、一方上位戦線では3位のシャルケが敗れたために、
ストレートインの目が現在6位のメンヒェングラッドバッハまで広がる結果となった第32節。
試合は加熱し、ファンの応援も一層熱くなっていました。
では、スタジアムへの入場者はそれによって増えているのか?
まずは動員数をみてみましょう。

2013/14シーズン ブンデスリーガ スタジアム動員数ランキング(第32節)
1314erste32.png

3位に今季の昇格組対決となったヘルタ-ブラウンシュヴァイクが入っています。
16位以下が確定したブラウンシュヴァイクですが、
アウェイのベルリンにも多くのサポが応援に駆けつけていたようですね。
苦しいときにも常に応援してくれるサポの存在は本当に大事ですね。
もっとも、ブラウンシュヴァイクの場合は若干愛が重すぎて騒ぎも起こしているのですが(苦笑)

2013/14シーズン ブンデスリーガ スタジアム収容率ランキング(第32節)
1314erste32IN.png

実に6試合で収容率100%を記録、ヘルタも今回は7割の収容率でどのスタジアムも
サポで一杯になっていたようです。
ワールドカップが控えているとはいえ、
あと2試合でしばらくドイツサッカーはお休みということで、
普段は行かない方もスタに足を運んでいるのかもしれませんね。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR