2013/14シーズン 冬市場動向(1/24~1/27まで)

ブンデスリーガが再開、移籍期限も一週間を切りましたが、
土曜日の試合でドルトムントのブワチュスコフスキが右膝の前十時靭帯を損傷、
全治6ヶ月という大怪我を負った結果、BVBフロントは補強を決意したようです。
ここにきて大きい動きが出てくるかもしれませんね。

では、この週末から月曜までの移籍まとめです。

13/14シーズン 冬市場動向(ブンデスリーガ)

zulechner.png
フライブルグはオーストリア・ブンデスリーガ、SVグレディヒからFWフィリップ・スレヒナーを獲得しました。
契約期間は2017年6月まで。
オーストリアブンデスリーガで20試合に出場し15G2Aという活躍だったようで、
チームにフィットできれ前線での大きな得点源となりそうです。
面白い存在になりそうですね。

ildiz.png
ニュルンベルグに在籍していたムハメド・イルディスは獲るこのガジアンテシュポールに移籍が決定。
契約は2017年6月までとなっています。
リザーブでも試合に出れておらず、放出も止む無しだったのかもしれません。
新天地での活躍を祈ります。

13/14シーズン 冬市場動向(ツヴァイテリーガ)

luksik.png
エルツゲビルゲ・アウエは6月までの半年の契約でスロヴァキア人の左サイドバック、
フィリップ・ルクシクを獲得。懸念材料の守備を中心にうまい具合に補強をしている印象です。
後半戦、どこまでチームが調子を取り戻せるか注目したいですね。

uzoma.png
ザントハウゼンはハンガリーのペクシMFCからエケ・ウゾマをローンで獲得しました。(今年6月まで)
ナイジェリア人CMFの彼はハンガリーリーグで15試合に出場、1G2Aの成績を残しています。
繋げるサッカーをしてここまで好成績を残しているだけに、中盤の補強に動いたようです。
昨季はいいサッカーをしながら点が取れずに降格するもデュイスブルグの破産により、
奇跡の残留を決めての今季は好調を維持しているだけに、後半戦も好調のまま残留できるか、
そちらにも期待ですね。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR