2013/14シーズン ブンデスリーガ動員数/収容率ランキング(第13節)

クリスマスマルクトも各地で始まり、
年の瀬を感じる季節になりました。各チームも冬の移籍期間に備えて補強計画を練っているようで、
ちらほら移籍話も聞こえてくるようになって来ました。
今節はBVBとFCBの首位をかけた直接対決があり、一番注目された試合になりましたが、
他の試合の入りに影響はあったのでしょうか?
まずは動員数ランキングから

2013/14シーズン ブンデスリーガ 第13節 動員数ランキング
1314erste13.png
Dortmundが頭一つ抜けていますね。箱が大きいだけに凄まじい入りです。
そして上位対決ながら延びなかったのがHertha。
相手がLeverkusenだっただけに(ファンが少ないため)残念な感じになってしまっています。

さて、ではこれは収容率はどういう結果になってますかね?

2013/14シーズン ブンデスリーガ 第13節 収容率ランキング
1314erste13IN.png
BVBとFCBの直接対決、及びSchalkerが大挙して押し寄せたFrankfurtは100%の満員御礼
Stuttgartは自身は低調ながらも対戦相手が好調のBMGで8割強のまずますの収容率でしたが、
相手がWolfsburg、LeverkusenだったNürnbergとHerthaは伸び悩んでますね。
特にNürnbergはいまだ勝ち星無しという低調なのも影響しているように思います。
冬休み前に一勝を掴めるのか、注目ですね。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR