ブンデスリーガニュース

Labbadia監督解任!後任はU-17監督のThomas Schneider氏に。

今シーズン開幕から3連敗、ELを含めると公式戦5連敗と迷走していたStuttgart。
25日の日曜日のAugsburg戦の敗戦を受けて遂にBruno Labbadia監督が更迭され、後任にSttutgart U-17監督のThomas Schneider氏が選ばれました。
同氏は41歳。VfB Stuttgart、Hannover 96で141試合に出場しています。2005年に現役を引退後、2007年よりFC DingolfingのU-19監督、2009/10シーズンはFC Dingolfingの監督を務めた後に2011年よりStuttgartのU-17監督に就任していたようです。
木曜日には絶対に負けられないELプレイオフ2ndlegを控え、非常に難しい時期に監督に就任することになりましたが、なんとか立て直して欲しいですね。
また、Schneider氏のアシスタントコーチとして、2005年シーズンに浦和レッズでプレイしたTomislav Marić氏が就任しています。同氏は浦和レッズを退団後、当時3部だったHoffenheimで2008年までプレイ、チームを二部に昇格させて現役を引退、2010年まで同チームでコーチに就任、2010年4月にドイツサッカー協会のS級ライセンスを所持しています。2011年からはStuttgartでスカウトとしてチームに携わっていました。
思わぬところから日本との繋がりが増えましたが、Schneider氏を助けて頑張って欲しいですね。

Thomas Schneider監督就任(中央がSchneider氏、右がMaric氏)


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR