2013/14シーズン ツヴァイテリーガ 第4節 動員数ランキング

昨日のUnion Berlin-Fortuna Düsseldorf戦でツヴァイテリーガ第4節は終了、
Fürthが2位のCarlsruherに逆転で勝利し無敗で首位をキープ。
序盤でのダッシュに成功していますね。
この勢いのままで長いシーズンを突っ走れるのか、興味深いところです。

では、まずは動員数ランキングから。


ツヴァイテリーガ 第4節 動員数ランキング


1314zweite04.png

2万人代の観客が入った試合が実に7試合、2万弱が1試合と凄い観客が入っていますね。
ただ、Dresdenが成績の低迷とリンクして観客が減っているのが凄く切実な感じです。
収容数はどうなっているでしょうか。こちらも期待できそうですね。

ツヴァイテリーガ 第4節 収容率ランキング

1314zweite04IN.png

昇格のダークホース、Union Berlinが調子を上げると同時に収容率も一気にUP。
相手がDüsseldorfというサポの多いチームということあって90%越えを達成しています。
その後はNRWの3チームがランクイン。特にBielefeldは長いこと下部リーグ生活で、
今回は久々の二部昇格ということもあるのか、観客が足繁く通っているようですね。
古豪だけにこのまま残留を果たしていただきたいところです。
Münchenは観客数では3位健闘したものの、箱が大きすぎて収容率では最下位に。
Bayernという目の上のたんこぶのあり、なかなか集客は難しいようですね。
Cottbusはチーム自体は調子上向きで面白いサッカーもしているのですが、
それが観客数に反映されておらず、苦しい戦いを強いられてますね。
何かしらの切欠があればいいのですが、旧東独エリアは経済的にまだきついようで、
難しいところもあるのでしょうね。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR