ブンデスリーガ動員数ランキング(33節)

33節は波乱の節となりました。
4位のシャルケがホームでまさかの敗北。5位のフランクフルトは敵地で引き分けに終わり、
6位のフライブルグのみが勝利したことで、全ての決着は最終節につくという、非常に熱い展開となりました。残留争いは降格と入れ替え戦の二枠がデュッセルドルフ、アウグスブルグ、ホッフェンハイムに襲い掛かるという構図に。降格の二文字が一番色濃いホッフェンハイムはドルトムントと対戦するという悪夢のようなカードですが、果たして奇跡は起こるのか?早い段階で優勝はきまってしまいましたが、消化試合ばかりということは無い、見応えのある最終節となりそうですね。


1位
Bayern München 3 - 0 FC Augsburg
Allianz-Arena, München
71,000人 / 71,000 席 収容率:100.0%


2位
FC Schalke 04 1 - 2 VfB Stuttgart
Veltins-Arena, Gelsenkirchen
61673人 / 61,673 席 収容率:100.0%

3位
Fortuna Düsseldorf 1 - 2 1. FC Nürnberg
Esprit-Arena, Düsseldorf
53,500人 / 54,600席 収容率:98.0%


4位
Werder Bremen 1 - 1 Eintracht Frankfurt
Weserstadion, Bremen
42,100人 / 42,100席 収容率:100.0%

5位
1. FSV Mainz 05 1 - 4 Borussia M'gladbach
Coface-Arena, Mainz
34,000人 / 34,000席 収容率:100.0%

6位
1899 Hoffenheim 1 - 4 Hamburger SV
Wirsol Rhein-Neckar-Arena, Sinsheim
30,150人 / 30,150席 収容率:100.0%


7位
VfL Wolfsburg 3 - 3 Borussia Dortmund
Volkswagen-Arena, Wolfsburg
30,000人 / 30,000 席 収容率:100.0%

8位
Bayer 04 Leverkusen 3 - 1 Hannover 96
Bayarena, Leverkusen
29,904人 / 30,210席 収容率:99.0%

9位
SpVgg Greuther Fürth 1 - 2 SC Freiburg
Trolli-Arena, Fürth
16,735人 / 18,000席 収容率:93.0%


ほぼ全ての試合が満員、もしくはそれに準じるという素晴らしい結果に。
一部にいるというのはそれだけで営業成績を上げるものなのだと実感しますね。
一部にい続けるためには強くなければならない。
強くするためにはいい選手を獲ることが近道かと思います。
が、いい選手が獲れなければ戦術を極めて戦うことを選ぶチームも出てくるでしょうし、若手を発掘して戦力とするチームがあったりするのもうなずける感じです。

ブンデスリーガ収容率ランキング
201333ranking1.png

6試合が満員御礼、2試合が準満員と各チームホーム最終節第一弾ということで、
多くの人が足を運んだようですね。
降格が既に決まっているフュルトも93%の収容率と一部のチームと戦う最後の戦いを見ようと多くの人が来てくれるというのは本当にありがたいことですよね。
こういうところは日本と違うのかなぁ、と感じます。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR