ツヴァイテリーガ動員ランキング(30節)

ツヴァイテはまずはヘルタが二位以上を確定し、オリンピアシュタディオンでサポと共に昇格を祝いました。後はブラウンシュバイクも後一歩というところで足踏み状態ではありますが、こちらも自動昇格はほぼ確定でしょう。入れ替え戦ポジションである3位争いを共に昨年の降格組であるカイザースラウテルンとケルンが争っている形に。天気が一気に初夏かと思うような爽やかな天気の元、各地で試合が開催されました。


ブンデスリーガ観客数ランキング
1位
Hertha BSC - SV Sandhausen
開催会場:Olympiastadion, Berlin
52,135 / 74244席 収容率:70.2%


2位
Dynamo Dresden - Energie Cottbus
開催会場:Glücksgas-Stadion, Dresden
29,153人 / 32,066席 収容率:90.9%

3位
1. FC Kaiserslautern 3 - 0 SC Paderborn 07
開催会場:Fritz-Walter-Stadion, Kaiserslautern
28,702人 / 49,780席 収容率:57.7%


4位
MSV Duisburg - 1. FC Köln
開催会場:Schauinsland-Reisen-Arena, Duisburg
27,029人 / 31,500席 収容率:85.8%

5位
VfL Bochum 3 - 0 FC St.Pauli
開催会場:Rewirpower-Stadion, Bochum
26,072人 / 29,299席 収容率:89.0%

6位
Eintracht Braunschweig - Erzgebirge Aue
開催会場:Eintracht-Stadion, Braunschweig
20,500人 / 22,100席 収容率:92.8%


7位
1860 München 1 - 2 FSV Frankfurt
開催会場:Allianz-Arena, München
14,200人 / 71,000席 収容率:20.0%

8位
VfR Aalen 3 - 0 1. FC Union Berlin
開催会場:Scholz-Arena, Aalen
6,620人 / 13,251席 収容率:50.0%

9位
Jahn Regensburg 1 - 2 FC Ingorstadt 04
開催会場:Städtisches Jahnstadion, Regensburg
5,322人 / 12,500席 収容率:42.6%



前節よりボーフムの新監督に就任した聖ピーター、ノイルーラー監督効果とザンクトパウリのダブルパンチでいつもは閑古鳥の無くボーフムのスタが人で埋まるという異常事態に。
また、ノルトライン・ヴェストファーレンダービーとなったデュイスブルグーケルン戦も平日月曜開催にもかかわらず多くの人がスタに訪れています。

ツバイテリーガ収容率ランキング
201330ranking2.png

ダービーはどこであっても人を集めるのは二部も変わりないようですな。
また、結果を出しているチームには人が出てくるようで、
そういう意味ではドイツは本当にサッカー文化が根付いているんだな、と感じるところです。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR