17/18シーズン直前 チーム・フォームチェック


2008/09シーズン以来、実に9年ぶりにヨーロッパポカール圏外に沈んだWerkself。今シーズンは再び上位に進出し、来シーズンの欧州カップ戦への出場権を獲得するのが至上命題となる。しかし、その行程は苦難に満ちたものになりそうだ。万全な体制で臨むが為の戦力の保持には成功したものの、新戦力の確保や監督の任命に手間取ってライバルチームに遅れを取った感が否めない。テストマッチも格下チームに一勝したのみで終わり、リーグ戦を前に不安を抱かせる船出となった。


【移籍動向】

1718b0403

移籍トラブルでシーズン半分を棒に振ることになったチャラヌルがミランへ、不振を極めたチチャリートは英国へ、噂どおりにトプラクは移籍外条項を行使してBVBへさり、一気にレギュラークラスの選手が抜けてしまったのは戦力的に痛いところだ。更に薄くなった最終ラインを支えることを期待されていたパパドプーロスもローン先のHSVへ完全移籍で去り、サイドの控えだったダ・コスタもフランクフルトに去る等、最終ラインの層が薄くなりすぎているのも気になる。移籍最終日までどうなるかは不明ではあるが、補強は必須と言える。


1718b0402

今シーズンの補強の目玉といえるのは間違いなくベンダー兄弟の弟、“Iron manni”スヴェン・ベンダーの獲得であろう。守備的MFとして、また最終ラインでもプレイできる彼の存在は、守備陣に不安を抱えるチームにとって非常に重要なロールを担うことになるのは間違いない。また、中盤の潰し屋ポジションでアウグスブルグから買い戻しオプションを行使してコールをチームに呼び戻したのも、アウグスブルグでの活躍を見れば納得の行くところである。


【今季の布陣】

シーズン直前に行われたDFBポカール一回戦、カールスルーエSCとの対戦時の布陣が以下の通りだった。

1718b0401


陣容的には昨季を踏襲した4-4-2(ドッペル6)、もしくは4-2-3-1となるだろう。怪我で主将のラース・ベンダーが抜けているものの、層の厚さ昨シーズンを越えている。特にベイリーがドイツの水にようやく馴染んできたのは好材料だ。問題となるのはやはり最終ラインになりそうなだけに、ドラゴビッチの復調、もしくは新戦力の獲得が急務と言える。


【キープレイヤー】

間違いなく、ドルトムントから来たこの男。“Iron Manni“ことスヴェン・ベンダーである。戦力としてはもちろん、若手の手本としても、間違いなく一級品のこの男の獲得はチームにとって大きな財産である。昨シーズンはドルトムントで不遇な一年を過ごしただけに、今シーズンは怪我無くフルに活躍して欲しい。テストマッチでも最終ラインのリーダーとしてチームを鼓舞、統率していただけに、彼の双肩に今シーズンのチームの浮沈がかかっている。






にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【DFBポカール】ボナーSC対ハノーファー96【17/18シーズン】

去る8月13日、ボンのスポーツパルク・ノルドで行われたDFBポカール一回戦、ボナーSC対ハノーファー96の試合を観戦してきました。
ボナーSCは1975/76シーズンにDFBポカールに出場して以来、実に41年ぶりの出場となっただけに、ボン市自体がお祭り騒ぎの中での開催となりました。

170813bsch9601.jpg
1時半に現地到着した時点で既に待機列が。
170813bsch9602.jpg
程なくして市の中心部から練り歩いてきたBSCウルトラスがスタに到着!
170813bsch9603.jpg
今日はここからの観戦。
170813bsch9604.jpg
ハノーファーの選手がピッチ確認に出ていました。
170813bsch9605.jpg
170813bsch9606.jpg
ボンの選手がアップに登場!万雷の拍手で迎えられました。
170813bsch9607.jpg
アップ開始。
170813bsch9608.jpg
ハノーファーはまずGKのチャウナーが。
170813bsch9609.jpg
次いで警護の警官隊の方々もピッチに。
170813bsch9610.jpg
170813bsch9612.jpg
170813bsch9613.jpg
アップも熱が入ります。
170813bsch9611.jpg
そしてハノーファーのFPもアップに。
170813bsch9614.jpg
170813bsch9615.jpg
ハノーファーもアップ開始。
170813bsch9616.jpg
選手入場!!!
170813bsch9617.jpg
同時に、会場が赤と青に包まれました!
170813bsch9618.jpg
170813bsch9619.jpg
エスコートキッズ退場、そして両軍握手。
170813bsch9620.jpg
170813bsch9621.jpg
170813bsch9622.jpg
両軍、気合を入れる!
170813bsch9623.jpg
ボンボールでキックオフ!
170813bsch9624.jpg
序盤はハイボールの応酬
170813bsch9625.jpg
最初にチャンスを作ったのはボン。CKから得点を狙う!
170813bsch9626.jpg
ハノーファーもリスタートから得点を狙うも、ボンは空中戦には滅法強い!
170813bsch9627.jpg
プレイエリアを狭めてハノーファーのペースを崩す作戦のボン
170813bsch9628.jpg
CKもキャプテンのシューマッハが渾身のクリア!
170813bsch9629.jpg
新守護神のモナトも安定した守りを披露
170813bsch9630.jpg
ボンはスピードに長けたロコチュとカイザーをハノーファーの最終ライン裏に抜けさせるシンプルながら手堅い戦術で点を狙う。
170813bsch9631.jpg
ハノーファーも攻めるものの、決定打を出せない
170813bsch9632.jpg
170813bsch9633.jpg
170813bsch9634.jpg
170813bsch9635.jpg
イェシッチのスルーに反応したロコチュがシュートをゴール右隅に決めてボンが先制!!!
170813bsch9636.jpg
170813bsch9637.jpg
ハノーファーもこれで目が覚めたのか攻撃のギアを一段上げてくるも、冷静に対処するボン
170813bsch9638.jpg
逆にその攻撃を奪ってショートカウンターにつなげる!
170813bsch9639.jpg
ハノーファーは前半で一点返し、更に攻勢を強めるが、点は奪えず
170813bsch9640.jpg
170813bsch9641.jpg
前半は1-1で同点での折り返し。この表情の差がゲームへの手応えの差か?
170813bsch9642.jpg
後半開始に戻ってくる選手達
170813bsch9643.jpg
後半開始!
170813bsch9644.jpg
後半開始早々のハノーファーの猛攻を跳ね返す!
170813bsch9645.jpg
ハイボールもしっかり対応。
170813bsch9646.jpg
ボンもFKで得点を狙うも、ハノーファー守備陣が必死のディフェンス!
170813bsch9648.jpg
ショートカウンターからミドルで狙う!
170813bsch9649.jpg
最初に動いたのはボン。左サイドを精力的に動いていたソミュアに代わってヒルシュ投入
170813bsch9650.jpg
ハノーファー勝ち越し。ハルニク。
170813bsch9651.jpg
ハノーファーはオストルツォレク→カラマン
170813bsch9652.jpg
170813bsch9653.jpg
サイド突破から活路を見出そうとするボン
170813bsch9654.jpg
先制点を挙げたロコチュに代えてプラニェス投入
170813bsch9655.jpg
170813bsch9656.jpg
これが決まっていれば……フェリペには競り勝ったものの、チャウナーに抑えられて得点ならず……
170813bsch9657.jpg
フュルクルクに決められ、差を広げられる……
170813bsch9658.jpg
フュルクルクを下げてマイヤー投入のハノーファー
170813bsch9659.jpg
次いでシュべグラーを下げてバカロルツ
170813bsch9660.jpg
170813bsch9661.jpg
ボンはオメルバシッチを下げてソビエチ投入。パワープレイで得点を狙う!
170813bsch9662.jpg
170813bsch9663.jpg
170813bsch9664.jpg
170813bsch9665.jpg
ボンが華麗な一撃で反撃!交代で入ったプラニェスのクロスをペレイがヒールでループシュート!意表をついたシュートで一点差に!!!
170813bsch9666.jpg
ボン、後一点となり、闘志に火がつく!激しい守備でハノーファーに立ち向かう!
170813bsch9667.jpg
残り少ない時間で同点を狙う!
170813bsch9668.jpg
170813bsch9669.jpg
170813bsch9670.jpg
しかし、ロスタイムに力尽きた……
170813bsch9671.jpg
そして試合終了。2-6でハノーファーが二回戦進出に。
170813bsch9672.jpg
170813bsch9674.jpg
170813bsch9675.jpg
両者共にねぎらう
170813bsch9673.jpg
最後の三失点を止められなかった自分に怒ったか、モナト大激高
170813bsch9677.jpg
来場したハノーファーサポに挨拶するハノーファーイレブン
170813bsch9678.jpg
170813bsch9679.jpg
最後まで奮戦したボンをねぎらうサポたち。勇士達をねぎらうその手と拍手で会場が包まれました。

最後は力尽きたものの、最後までハノーファーを苦しめたボン。思えば地域ポカール決勝でヴィクトリア・ケルンに敗れた翌年に四部昇格、そして昨シーズンはヴィクトリア・ケルン、そして三部のフォルトゥナ・ケルンを破って地域ポカールを制しているだけに、倒れ、傷つく度に強くなる、まさに雑草の強さを持っているチームといえると思います。野武士のような力強さを今季も発揮し、また来年、ポカール出場権を獲得してほしいと思います。出来れば、今季は三部昇格争いに参加できれば万々歳です。
 【DATA】
ボナーSC
モナト-オメルバシッチ、ペレイ、スピンラス、デュンダー-フィリンガー、シューマッハ(C)-カイザー、ジェシッチ、ソミュア-ロコチュ

〔ベンチ〕
ミケル、ソビエチ、マオエル、シュトッフェルス、ボース、プラニェス、hルシュ

〔交代〕
59. ソミュア→ヒルシュ
72. ロコチュ→プラニェス
82. オメルバシッチ→ソビエチ

ハノーファー96
チャウナー-コルブ、フェリペ、ザネ、オストルチョレク-シュヴェグラー、アントン-クラウス、プリブ-ハルニク、フュルクルク

〔ベンチ〕
エッサー、ヒュブナー、ソルグ、バカロルツ、シュマイデバッハ、カラマン、マイアー

〔交代〕
62. オストルチョレク→カラマン
76. フュルクルク→マイヤー
80. シュヴェグラー→バカロルツ

【得点】
1:0 ロコチュ(20. イェシッチ)
1:1 フュルクルク(34. クラウス)
1:2 ハルニク(60. クラウス)
1:3 フュルクルク(74. シュヴェグラー)
2:3 ペレイ(83. プラニェス)
2:4 カラマン(90. クラウス)
2:5 マイヤー(91. ハルニク)
2:6 ハルニク(93. カラマン)


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ


【DFBポカール17/18】ボナーSC対ハノーファー96【今日の一枚】


本日はDFBポカール一回戦、ボナーSC対ハノーファー96の一戦を見に行ってきました。

ボナーSCは実に40年ぶりのポカール出場ということで大盛り上がりでした!

fotovomtag170813

試合には負けたものの、最後まで闘志を失わずに戦い抜いた戦士達をねぎらうファン達。

ジャイアントキリングだけではなく、こういう交流もまた、ポカールの醍醐味であるように思います。

良い試合でした。





にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

バウムガルトリンガー獲りに興味を示すクラブ達


ラース・ベンダーが再び負傷した現在、チームは他のMFの移籍には消極的ではあるのだが、守備的な、そして時にはセントラルを受け持つバイヤーのMFへの獲得に興味を持つチームが増えてきたようだ。

その注目を浴びている選手と言うのは、オーストリア代表MFのユリアン・バウムガルトリンガーである。その注目しているチームというのは以下の三つだ。


① アタランタ・ベルガモ(セリエA)

スカイによると、彼に注目をしているチームはイタリア、セリエAに居る。アタランタ・ベルガモがそのチームである。アタランタのSDであるジョバンニ・サルトリは先週の土曜のセルタ・デ・ヴィーゴとのテストマッチに姿を見せており、ルディ・フェラーと会談を持ったようである。


② TSGホッフェンハイム(ブンデスリーガ)

六月末のキッカーで報じられたように、ホッフェンハイムはユリアン・バウムガルトリンガーの獲得に興味を示している。ユリアン・ナーゲルスマン監督は最終ライン前のポジションに新しい『掃除機』役を探している。新加入のハヴェルド・ノルトヴァイトはCBとして試されており、バウムガルトリンガーは6番のポジションとしてプレイすることになるだろう。


③ 1.FCケルン(ブンデスリーガ)

ライニッシュ・ポスト紙の報道によると、バウムガルトリンガー獲得にライヴァルであるケルンが興味を示していると言う。ケルンのSDであるヨルグ・シュマトゥケは同紙のインタビューに『バウムガルトリンガーはウチの監督を気に入ると思うよ』と応えたようだ。(注:シュトーガー監督もオーストリア人)それに対し、ルディ・フェラーは微笑んだままだったようであるが。

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR