レバクーゼンニュース【8月31日付】

【移籍関連】
・ラマーリョ、デュッセルドルフへ

昨夏、オーストリアのRBザルツブルグより加入したブラジル人CBのアンドレ・ラマーリョが一年のローンで1.FSVマインツ05に移籍することとなりました。昨シーズンは19試合に出場し、負傷者の多かった守備陣の穴を埋める活躍をした同選手ですが、今夏に獲得したドラゴビッチにより出場機会が激減することが予想されることから、経験を積ませる為にローンという形になったようです。
・パパドプーロス、ライプツィヒへ
ギリシャ代表CBのキリアコス・パパドプーロスが、今夏、遂に一部に昇格してきたRBライプツィヒに買い取りオプション付の一年のローン契約で移籍が決定しました。買取金額は1200万ユーロとのこと。SDであるラングニックがシャルケでの監督時代に指導しており、その素質を知っていることに加えて24歳ながら豊富な国際経験を持っていることから守備陣のリーダーとして期待しているようです。
・リュはハンガリーへ
リオ五輪で韓国代表に拘束されていたとはいえ、五輪後も練習に参加せず、去就が不透明だったリュ・スンウですが、ハンガリーの首都、ブダペストに本拠地を構えるフェレンツヴァーロシュTCへの一年のローン移籍が決定しました。昨シーズンはアイントラハト・ブラウンシュヴァイクとアルミニア・ビーレフェルトへローン移籍をするも思ったような活躍を見せられず、買取オプションの行使を見送られており、ここでも失敗するようですと来季は放出の可能性が高いと思われます。

<本日デッドラインデイの為、情報が挙がり次第更新していきます>


レバクーゼンニュース【8月30日付】

【移籍関連】
・エツナリには買い戻しオプションはなし

レバクーゼン、マインツ共に、今夏に移籍したドイツU23代表MFのレヴィン・エツナリには買い戻しオプションは付与されていないことを明らかにしました。また、移籍金は数年での分割払いであることや再度移籍した場合にはレバクーゼンにも移籍金の一部が支払われる契約となっているようです。

【代表関連】
・6人が代表に召集!

今回、ドイツ代表にはGKのベルント・レノ、CBのヨナタン・ター、MFのカリム・ベララビとユリアン・ブラント、FWのケヴィン・フォランドの4名が召集されました。また、フィンランド代表にFWのジョエル・ポーヤンパロが招集されています。この5名は、8月31日にメンヘングラッドバッハで行われるドイツ対フィンランドの親善試合にて対戦する予定です。

【負傷関連】
・アランギス、トプラクの負傷は軽度

開幕戦で負傷交代したアランギスと終盤に負傷したトプラクですが、いずれも怪我は軽度のもので、次節のホーム開幕戦になるハンブルガーSV戦には間に合いそうです。また、右手骨折したチチャリートも術後の経過が良く、第三節前後にはチームに復帰できる見込みとなっています。

レバクーゼンニュース【8月28日付】

【移籍関連】
・アレクサンダル・ドラゴビッチ獲得!
8月23日、レバクーゼンはディナモ・キエフ所属のオーストリア代表CB、アレクサンダル・ドラゴビッチ(25)の獲得を発表しました。移籍金は1800万ユーロ、契約期間は2021年6月30日までの5年となっています。
・レヴィン・エツナリ、マインツへ
8月25日、ブレーメンからローンバックしたU23ドイツ代表MFのレヴィン・エツナリのマインツへの移籍を発表しました。移籍金は500万ユーロ、契約期間は2021年6月30日までの5年となっています。

【契約延長】
・ベララビ、ヴェンデル2021年まで契約延長!
8月26日、レバクーゼンはドイツ代表MFのカリム・ベララビとブラジルU23代表SBのヴェンデルとの間で契約延長に合意したと発表しました。契約期間は2021年6月30日までの5年となりました。

【負傷情報】
・開幕戦にチチャリート、ベンダー不在
開幕直前の8月23日、チチャリートが自宅階段で転倒、右手を骨折するというトラブルに見舞われ、手術の為二週間の離脱となりました。また、ブラジル五輪代表にオーバーエイジ枠で参加していたラース・ベンダーも決勝戦で傷めた右足首の治療の為、二週間の離脱が発表されています。
・開幕戦でアランギスとトプラク負傷
グラッドバッハで行われた開幕戦でアランギスとトプラクが負傷しました。アランギスは後半のクラマーとのボールの奪い合いの際に右ひざを負傷、トプラクも終盤に太ももを負傷しています。まだ怪我の具合等の詳細は入っていませんが、アランギスの怪我は大分重そうでしたので、長期の離脱も十分に考えられ、敗戦に加えて更に頭の痛い事態に陥っています。怪我が少しでも軽いことを祈っています。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】Away ボルシア・メンヘングラッドバッハ【ブンデスリーガ】

バイエルン・ミュンヘン対ヴェルダー・ブレーメンで開幕した16/17シーズンのブンデスリーガ!我がレバクーゼンはメンヘングラッドバッハでのアウェイでの開幕となります。ここのところ、此処では勝ちが無いですが、今シーズンは気分良くスタートしたいところでした。

16170827BMGB0401.jpg
ボルシアパルク!焼けたブルストや揚がったポメスの魅惑的な薫りを振り切ってスタへ直行!
16170827BMGB0402.jpg
16170827BMGB0403.jpg
スタ内で涼んでいると、ウルトラスも入場!設営を開始!
16170827BMGB0404.jpg
16170827BMGB0405.jpg
ピッチ確認に来た選手たち。
16170827BMGB0406.jpg
16170827BMGB0407.jpg
アップを開始した選手たちにエールを送る!
16170827BMGB0408.jpg
試合開始前の高揚感!いよいよシーズン開幕!!
<これより暫く試合に没頭>
16170827BMGB0409.jpg
ポーヤンパロの同点弾で大歓喜する!!!
16170827BMGB0410.jpg
試合は終了間際にシュティンドルに勝ち越し弾を許し、2-1の敗戦。さらにはトプラクとアランギスが負傷と非常に痛いスタートとなってしまいました。
試合自体は拮抗した好ゲームでしたし、選手も非常に気合の入ったプレイを見せてくれましたが、若干気合が空転してしまった感もあり、またプレイの上で若干冷静さを欠いた面は否めないように思います。特にクラマーに対してのファウルを宣告された後のカンプルの抗議でプレイを止めることが出来ず、準備不足からハーンに先制弾を許した辺りなど、冷静にプレイできていれば防げた失点であったことを考えると、チームを精神的に纏め上げる選手が一人欲しいところではあります。そういう意味でキースリングやベンダーといった経験豊富な選手を欠いたのは痛かったと思っています。
また、攻撃面ではフォランドもよく動いていたものの、チャラヌルのサポートが若干遅れ気味だったりタイミングが合わなかったりといった場面も多く、チチャリートを開幕直前で欠くことになったが故の新布陣テストの時間が無かったのはチームにとってマイナスに動いたように思います。そんな中で同点弾を叩き込んだポーヤンパロは確実に評価を上げたと思います。キースリングはまだ調整不足と言うこと考えると、ポーヤンパロをジョーカーとしてベンチに置く、もしくは先発で起用するというのはけっしてありえない手ではないでしょう。個人的には次のHSV戦でも起用して欲しいと思います。
審判のジャッジは、今回一貫性を欠いたというか、見落としが多かったのが不満点です。家に戻って試合の振り返りを見ましたが、クリステンセンがブロックした際に確実にハンドをしていましたし、シュティンドルの勝ち越し弾もオフサイドでした。もっとも、その前にも多くの得点機があったにも関わらず得点に結び付けられなかったチームに運が無かったですし、得点力アップは急務でしょう。一週間でどこまでチームに修正を加えられるか?連敗は許されないだけに、シュミット監督の手腕が問われることとなりそうです。

試合データ
メンヘングラッドバッハ:
ゾマー-エルヴェディ、クリステンセン、ヤンチュケ-シュトロブル、クラマー-トラオレ、ヴェント-シュティンドル、ハーン、ラファエル
<ベンチ>
シッペル、ヴェスタゴーア、ジョンソン、ダウード、ヘアマン、ホフマン、アザール

レバクーゼン:
レノ-イェドバイ、ター、トプラク、ヴェンデル-アランギス、バウムガルトリンガー-ベララビ、カンプル-チャラヌル、フォランド
<ベンチ>
エツカン、ヘンリクス、ヒルベルト、パパドプロス、メフメディ、ブラント、ポーヤンパロ

交代:

メンヘングラッドバッハ:
46. ヤンチュケ→ヴェスタゴーア
61. トラオレ→ジョンソン
84. ハーン→アザール

レバクーゼン:
64. チャラヌル→メフメディ
64. フォランド→ブラント
78. アランギス→ポーヤンパロ

得点:
1-0 ハーン(45.+1、クラマー)
1-1 ポーヤンパロ(79.、ベララビ)
2-1 シュティンドル(85.、アザール)

警告/退場:
・警告
メンヘングラッドバッハ:
クラマー(1)、シュティンドル(1)、シュトロブル(1)
レバクーゼン:
トプラク(1)、ベララビ(1)、ヴェンデル(1)
・退場
なし



にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】第二回戦抽選結果【DFBポカール】

8月26日に7バイエルン・ミュンヘン対ヴェルダー・ブレーメンで開幕した2016/17ブンデスリーガ。その開幕戦の後で、DFBポカール第二回戦の組合せ抽選が行われました。ジャイアントキリングが少なく、既に3チームに減少したアマチュアチームですが、次の試合へ足を運べるチームは出てくるのか?組合せは以下のようになりました。
dfbpokal1617rd2.jpg
注目のアマチームですが、ヴァルドルフはダルムシュタットと、ハレシャーはHSVと、ロッテはレバクーゼンと対戦します。特にロッテは昨シーズンの一回戦でレバクーゼンと対戦しており、二年連続での対戦となります。
DFBポカール第二回戦は10月25日と26日の二日に分けて開催の予定です。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】組分け抽選会結果【UEFAヨーロッパリーグ】

8月26日、UEFAヨーロッパリーグのグループリーグ抽選会が行われました。ドイツからは2チームが参戦する今回、突破は叶うのか?組合せは以下のようになりました。
1617ELGL.jpg

ドイツ関連と日本人選手所属の選手が居るのは以上の4グループ。武藤を擁するマインツはベルギーのアンドレレヒト、フランスのサンテティエンヌ、アゼルバイジャンのガバラのグループに、内田が所属するシャルケはオーストリアのザルツブルグ(南野が居るチームですね)、ロシアのクラスノダール、フランスのニースとの組になりました。また、久保を擁するヤングボーイズはギリシャのオリンピアコス、キプロスのアポエル、カザフスタンのアスタナと同組に、瀬戸選手の所属するルーマニアのアストラはチェコのヴィクトリア・ピルゼニ、イタリアのローマ、オーストリアのアウストリア・ウィーンと、長友のインテルは吉田のいるサウサンプトン、チェコのスパルタ・プラハ、イスラエルのハポエル・ベールシェバとの組になっています。
ヨーロッパリーグの開幕は9月15日。どのチームがノックアウトラウンドへ進むのか?ドイツの2チームは進出できるのか?日本人の所属するチームは?色々と注目の今シーズンのヨーロッパリーグ、開幕はもうすぐです。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】組分け抽選会結果【UEFAチャンピオンズリーグ】

8月25日18時、モナコにてUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ抽選会が行われました。各国のトップチームと厳しい予選を勝ち抜いてきた総勢32チームがGL突破を目指して戦うこととなりますが、今シーズンの組合せはどのような形になっているでしょうか?



ボルシア・メンヘングラッドバッハはバルセロナ、マンチェスター・シティ、セルティックと精鋭揃いの死の組に、バイエルンはGr.Dでアトレティコ・マドリード、PSVアイントホーフェン、FKロストフと、レバクーゼンはCSKAモスクワ、トットナム、モナコと、ボルシア・ドルトムントはレアル・マドリード、スポルティング・リスボン、レギア・ワルシャワとの対戦となります。元マインツァーの岡崎を擁するレスター・シティはFCポルト、クラブ・ブルージュ、FCコペンハーゲンと、元ハノーファーの清武が所属するセヴィージャはユヴェントス、リヨン、ザグレブとの対戦となっています。この中からGLを突破するのは何チームなのか?
注目のグループリーグは9月13日より開始となります。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

2016/17 UEFAチャンピオンズリーグ 出場全チーム揃う

8月24日でプレイオフの全日程が終了、今年度のUEFAチャンピオンズリーグ全出場チームが出揃いました。南野選手を擁するレッドブル・ザルツブルグはディナモ・ザグレブに敗れ、久保選手を擁するヤングボーイズはメンヘングラッドバッハに大敗を喫し、ヨーロッパリーグに進むことになった他、ASローマやアヤックス、ヴィジャレアルといった強豪も敗退するなど、波乱に満ちたプレイオフだったようです。
抽選日は本日8月25日の18時(現地時間)よりモナコにて行われます。ポッド分けは以下の通りとなっています。



ドイツ勢はバイエルンがポッド1、BVBとレバクーゼンはポッド2、メンヘングラッドバッハがポッド3となっています。アーセナルは今年度もバイエルンと同組となるのかに注目が若干集まっている気がします(笑)今年度はどのような組合せとなるのか?抽選は後約17時間後に始まります。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】DFBポカール一回戦の結果と二回戦進出チーム【DFBポカール】

8月19日に開幕した今年度のDFBポカールは昨日22日のアイントラハト・トリアー対ボルシア・ドルトムント戦で一回戦の日程が終了、二回戦進出チームが決定しました。まずは全試合の結果を見てみましょう。
dfbpokal1617rd1r.jpg
今回のジャイアントキリングはアストリア・ヴァルドルフ(レギオナルリーガ・ズートヴェスト(4部相当))、スポーツフロインデ・ロッテ(ドリッテリーガ)、ハレシャーFC(ドリッテリーガ)、ディナモ・ドレスデン(ツヴァイテリーガ)の4チームです。特にブレーメンを食ったロッテは見事なサッカーを披露していました。また、一番の注目カードとなっていたドレスデンとライプツィヒのザクセンダービーも、ウルトラスの暴走で騒ぎになりましたが、試合はドレスデンが意地を見せて後半に2点差を追いつき、PK戦で勝ち抜きを決める熱戦となりました。
dfbpokal1617first.jpg
以上の32チームが一回戦を突破したチームになります。二回戦の組合せ抽選は今週8月26日に行われるバイエルン・ミュンヘン対ヴェルダー・ブレーメン戦後にオリヴァー・ビアホフによって行われる予定です。次はどのような組合せとなるのか、非常に楽しみです。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】SCハウエンシュタイン-バイヤー・レバクーゼン【DFBポカール】

いよいよ始まったDFBポカール。バイヤー・レバクーゼンはオーバーリーガ・ラインランド-ファルツ/ザール(5部相当)との対戦となります。既にシーズンが始まり、コンディションも整っている下部リーグとの対戦は苦戦することが多いだけに、一回戦とはいえ油断の出来ない戦いです。

ホーム側となるハウエンシュタインのホームスタが小さすぎる為、近郊のピルムゼンのスタを借りての開催となりました。

両チームのアップ。
160822SCHB0402.jpg
160822SCHB0403.jpg
160822SCHB0404.jpg
160822SCHB0405.jpg
160822SCHB0406.jpg
アウェイ用立見席は満員になっていました。
160822SCHB0407.jpg
選手入場!
160822SCHB0408.jpg
ウルトラスは赤い発煙筒を焚いて闘志を掻き立てる!
160822SCHB0409.jpg
試合前に祈りを捧げる。
160822SCHB0410.jpg
前半、ハウエンシュタインボールでキックオフ!
160822SCHB0411.jpg
開始早々にゴール付近でFKを獲得するなど、序盤から積極的に攻め込むWerkself!
160822SCHB0412.jpg
大きく前線に蹴りこまれるボールもターがクリア。
160822SCHB0413.jpg
ラフプレイが多いものの、カードが出ない主審にちょっとイラつきを見せるチチャリート。
160822SCHB0414.jpg
ベララビも快速を生かしてサイドを突破。好機を演出していました。
160822SCHB0415.jpg
守備的にプレイしており、ゴール前は選手が多いものの、積極的にミドルを狙うメフメディ。
160822SCHB0416.jpg
突破口を開こうと奮戦するフォランドには常に複数マークが。
160822SCHB0417.jpg
ハウエンシュタイン所属の安東選手と競り合うヘンリクス。
160822SCHB0418.jpg
ハウエンシュタインの守備に苦戦しつつも、先制したのはレバクーゼン!カンプルからメフメディと繋ぎ、最後はチチャリートが決めて1-0!
160822SCHB0419.jpg
前半は1-0でレバクーゼンがリードのまま終了。
160822SCHB0420.jpg
ベンチ組はハーフタイムに体を動かして後半に備える。
160822SCHB0421.jpg
後半開始前に動きの打ち合わせ、最後の調整。
160822SCHB0422.jpg
160822SCHB0423.jpg
後半キックオフ!
160822SCHB0424.jpg
後半も積極的に攻勢に出るレバクーゼン!
160822SCHB0425.jpg
一人太鼓を叩き、ハウエンシュタインを応援するウルトラスおじさん。
160822SCHB0426.jpg
レバクーゼンが二点目!アランギスの右からのCKをチチャリートが中へグラウンダーを中央に待ち構えていたベララビがゴールに突き刺した!
160822SCHB0427.jpg
ハウエンシュタインも一点をもぎ取ろうと攻勢を強めてくる。
160822SCHB0428.jpg
途中交代で入ったチャラヌルはリズムを変えようと中盤で奮闘する。
160822SCHB0429.jpg
チチャリートも前線で激しくプレスをかける。
160822SCHB0430.jpg
流れが変わったのはCKから。ファーへ流れたところを14番のスルゼンチッチが頭で押し込んで1点差に!
160822SCHB0431.jpg
160822SCHB0432.jpg
ハウエンシュタインユースの子達も含めたスタジアム全体がハウエンシュタインを後押しする、完全にアウェイの雰囲気に。
160822SCHB0433.jpg
FKの攻防は非常に熱く、激しいものに。
160822SCHB0434.jpg
鋭く抜けたフォランドがキーパーも交わして押し込もうとしたボールもDFが必死のカットで突き放せず!
160822SCHB0435.jpg
最後の砦としてチームを後方から支えたレノ。後半は結構な仕事量でした。
160822SCHB0436.jpg
試合はハウエンシュタインの猛攻も実らず、レバクーゼンが1-2で勝利。苦戦しつつも二回戦進出を決めました。
160822SCHB0437.jpg
160822SCHB0438.jpg
ウルトラスに応援を感謝するWerkself!
160822SCHB0439.jpg
160822SCHB0440.jpg

ついに公式戦がスタートし、2016/17シーズンの開幕も間近となりましたが、無事に二回戦進出を決められたのは僥倖でした。まだ動きに硬さや遅さ、雑さが残っており、それが開幕戦までにどこまで修正できるかが鍵になりそうです。しかし、フォランドも想像以上にチームにフィットしており、土曜までにはチームも今以上に仕上がっているはず。今から開幕が楽しみです。

試合データ

SC Hauenstein 1 - 2 Bayer 04 Leverkusen
SC Hauensteinスタメン:
Urban – Srzentic, Abele, Klück, Hartlieb – Brechtel – Bormeth, Kupper – Schwehm - 西中、安東
ベンチ:
Little, Biedermann, Seibel, Öhler, Albrecht, Haag, Schacker
Leverkusenスタメン:
Leno – Jedvai, Toprak, Tah, Henrichs – Aránguiz, Kampl – Bellarabi, Mehmedi – Volland, Chicharito
ベンチ:
Özcan, Hilbert, Papadopoulos, Ramalho, Baumgartlinger, Chalhanoglu, Kruse

交代:
Hauenstein:
66. Brechtel → Albrecht
66. 安東 → Haag
72. 西中 → Schcker
Leverkusen:
58. Mehmedi → Baumgartlinger
74. Bellarabi → Chalhanoglu
88. Chicharito → Kruse

得点:
39. 0-1 Chicharito(右足、1)A:Mehmedi(1)
69. 0-2 Bellarabi(右足、1)A:Chicharito(1)
81. 1-2 Srzentic (頭、1)A:Albrecht(1)

警告/退場
警告:
Hauenstein:
安東(1)、Brechtel(1)、Klück(1)、Haag(1)
Leverkusen:
Chicharito(1)、Jedvai(1)
退場:
なし

動画
Hauenstein - Leverkusen DFB Pokal 2016


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】対レアル・ソシエダ【テストマッチ】

先週の土曜、8月13日はレバクーゼンのシーズン開幕イベントが行われました。今シーズンは、レアル・ソシエダとのテストマッチも同時に行うという新しい試みで、試合も含めて非常に楽しみでした。

160813B04RSF01.jpg
開幕直前最後のテストマッチということもあって、開門前から結構な人が来ていました。天気も良かったので一層拍車がかかった感じです。
160813B04RSF02.jpg
キッズ用のエアバルーンなどの遊具も多く、多くの子供が楽しんでいました。
160813B04RSF03.jpg
キーパーがアップにピッチへ。
160813B04RSF04.jpg
しかし、同時進行でピッチではちびっ子サッカーやってました(笑)
160813B04RSF05.jpg
ソシエダ側のキーパーもアップ開始。
160813B04RSF06.jpg
160813B04RSF08.jpg
両チームのフィールドプレイヤーもピッチに!
160813B04RSF09.jpg
両チームの選手がアップする中、センターサークルの特設ステージではゲストのマックス・ギージンガーのライブが(笑)色々と詰め込みすぎです。
160813B04RSF10.jpg
160813B04RSF11.jpg
160813B04RSF12.jpg
160813B04RSF13.jpg
両チーム、入念にアップ。
160813B04RSF15.jpg
160813B04RSF16.jpg
160813B04RSF17.jpg
トンネルから選手が新ユニを身につけてお披露目!最後は監督も出てきて選手たちとハイタッチ!
160813B04RSF18.jpg
ソシエダの選手登場!
160813B04RSF19.jpg
ソシエダの選手と談笑するチチャリート。シーズン中では見ない、和やかな雰囲気でした。
160813B04RSF20.jpg
各選手、集中を高め……前半のキックオフ!
160813B04RSF21.jpg
積極的に裏を狙うフォランド。
160813B04RSF22.jpg
クリアミスでこぼれたボールを狩りに行くメフメディ。積極的にチェイシングを行うなど、復調の兆し!
160813B04RSF23.jpg
前線で競るシーンも多く、今シーズンはかなりイケそうな気が!
160813B04RSF24.jpg
ピンチの芽を刈り取るトプラク。調子はすごく良さげで、今シーズンも頼れるディフェンスリーダーとして君臨しそう。
160813B04RSF25.jpg
高い守備ラインの裏を狙うパスをカットするター。ドイツ代表に帯同した経験を成長に結び付けて欲しい。
160813B04RSF26.jpg
先制したのはレバクーゼン!イェドバイのスルーに追いついたフォランドがキーパーの股を抜いてゴールに流し込みました!
160813B04RSF27.jpg
畳み掛けるように猛攻を仕掛ける!ボックス内でメフメディを倒してしまい、PKを獲得!
160813B04RSF28.jpg
160813B04RSF29.jpg
それをチチャリートがしっかり決めて2-0!
160813B04RSF30.jpg
左サイドバックに入ったヘンリクスも攻めあがってシュートを放つなど、躍動感あるプレイを披露。ヴェンデルの牙城を崩す活躍を期待してます!
160813B04RSF31.jpg
前半が終了すると、ボックス内でバブルサッカーが始まりました。本当に色々と詰め込みすぎ!
160813B04RSF32.jpg
昨シーズンのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたターにインタビュー。
160813B04RSF33.jpg
ベンチメンバーはピッチで汗を流す。
160813B04RSF34.jpg
後半開始から出るっぽいチャラヌルとヴェンデルは打ち合わせしつつランニング。
160813B04RSF35.jpg
シャーデ社長とフェラーSDのインタビュー。
160813B04RSF36.jpg
アップ中にスプリンクラー作動して慌てるレバクーゼンのベンチメンバー。
160813B04RSF37.jpg
チャラヌルに気合を入れてピッチに送り込むシュミット監督。
160813B04RSF38.jpg
後半キックオフ!
160813B04RSF39.jpg
後半から登場のバウムガルトリンガー。縦に早いチーム戦術に馴染み、縦横無尽にピッチを駆けていました。パワフルな守備と高さが魅力!
160813B04RSF40.jpg
途中交代ではいる選手に指示を送るクレシュコーチ。
160813B04RSF41.jpg
後半から投入された選手はピッチ上で自身の持ち味を出し、監督へアピール!飛び散る汗がその激しさを物語る!
160813B04RSF42.jpg
160813B04RSF43.jpg
試合は2-0でレバクーゼンが勝利!後半にも点が欲しかったところではありますが、惜しいシーンを何度も作っており、控えを含めてチームは順調に仕上がってきているの間近で見ると、シーズンの開幕が本当に待ちきれません。ポカール初戦もそこまでの苦戦はしないのではないでしょうか?

そして、試合の後には選手のサイン会が予定されていたのですが……正直、思い出したくない時間となってしまいました。試合後の監督のインタビューを聞き終えてからサイン会列に並んだのですが、列は前方が異様に膨れている上に蛇行しており、それを仕切るはずのチーム側のスタッフはおろか、セキュリティすら一人も居ないという状況で、少しいやな予感が……。
サイン会開始の時間でゲートが開いたはずなのに列は少しも動かず、スタッフもセキュリティも居ない状態が1時間半ほど過ぎて、さすがに異常さに気づいたのか、スーツ姿のスタッフが熱中症対策にと水を配ったりはしてくれたものの、中の様子も列がどうなっているかもまったく説明なし。その後、セキュリティは来たものの、トランシーバーも何も持っていない人が列の横をウロウロしているだけで中のことはまったく分からない、と質問に答えるという悪夢……そして並び始めて3時間近くになったとき、拡声器を持ったスタッフが『時間になったのでこれで終わります』とアナウンス。完全にキレて食って掛かる古参サポの方や選手に会えると思って我慢して立っていた子供も泣き出し、その子をあやしつつどうにかならないのかと質問するお母さんやお婆さんなど、阿鼻叫喚の状態となっていました。実際、サイン入りの額入り写真をスタジアム内でオークションを行っており、二枚買った方も自分たちの後ろに並んだりしてましたし、そういうお金を結構長く落としてる方や子供連れですばやく動けない方が割りを食い、インタビューなどは無視して早くから並んでた人だけが得をした感じだったので、非常にモヤモヤした気持ちでした。特に相手がソシエダということもあり、23000人もの人数が来ていたこと、チチャリートがシーズン開始イベントに参加するのは初めてということで多くの人が彼目当てで集まってきていたというのを余りにも軽視していたチーム内のイベントスタッフのオーガナイズが酷すぎて、試合後の楽しい気持ちが霧散してしまって非常に悲しくなった一日となってしまったのが残念です。来シーズンはこの大失敗を反省材料に、皆が楽しめるイベントを開いて欲しいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】ボナーSC対RWアーレン【今日の一枚】

今日はレギオナルリーガ・ヴェスト(四部相当)に昇格した地元のボナーSCの試合に行ってきました。天気にも恵まれ、スタジアムにはたくさんの人が訪れていました。



本日の一枚はこちら。本日二得点のムスクルス選手(右)!昨季の得点王のエンジンにも火が点いたようです。この勢いなら今季はなかなか期待できそうです!

【16/17シーズン】テストマッチ・対レアル・ソシエダ【今日の一枚】

今日は、プレシーズン最後のテストマッチになるレアル・ソシエダとの試合をBayarenaへ見に行ってきました。天気にも恵まれ、最高のフットボール日和でした。



本日の一枚はこちら。チチャリートがPKを沈め、フォランドもアベック弾。今シーズンもこういったシーンが多く見られれば、悲願達成も夢ではないかもしれません。

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR