【DBL15/16】Bayer 04 Leverkusen - Hannover 96【今日の一枚】

ブンデスリーガ再開後初のホーム戦、対ハノーファー96との試合を観て来ました。
ハノーファーはセレッソ大阪から移籍してきた山口蛍を先発起用するなど、降格圏脱出に必死です。
シャーフ監督の指揮下、攻撃的にいくことで状況を打破しようとする相手に対し、どういう試合を見せてくれるのか?
非常に楽しみな試合でした。
では、取り急ぎ本日の一枚を!

fotovomtag160130.jpg

移籍寸前まで行ったキースリングのゴールで先制!今日勝てたのは、本当に彼のおかげ!!


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【2015/16】バイヤー・レバクーゼン対ハノーファー96 5つの見所【Bundesliga】

来る土曜日、ブンデスリーガ再開第二試合目でバイヤー・レバクーゼンはハノーファー96と対戦する。どちらのチームも再開初戦を勝利で飾ることが出来なかった。バイヤーはホッフェンハイムと勝点1を分け合い、ハノーファーはダルムシュタットの前に苦杯を舐め、最下位に転落した。この試合の見所は、以下の5つだ。

1. チャラヌル対酒井宏樹

ハノーファー96所属の日本人DFは、右サイドバックとして、ハカン・チャラヌルと相対することとなるだろう。テクニシャンで鋭いシュートを放つトルコ代表とのマッチアップは彼の真価が試されるだろう。また、酒井に限らずチーム全員が不必要なファウルを犯すことは避けなければならないだろう。なぜならチャラヌルのFKはバイヤーの強力な武器の一つなのだから。

2. キースリング対マルセロ


ハノーファーのバックラインは、ダルムシュタット戦では全く信頼の置ける印象を得られなかった。土曜日の試合は、サネが累積警告により出場不可能であり、彼無しでキースリングをケアしなければならない。
レバクーゼンはアウェイの試合では一点を挙げて勝利している。それだけに、今節も勝利を求められるだろう。

3. グルセラム対チチャリート

おそらく、セイフン・グルセラムがサリフ・サネの代役として出場することとなるだろう。このトルコ人DFは、チチャリートを抑えるために多くの仕事が求められるだろうが、それをこなしきれるだろうか?

4. トプラク対アルメイダ


前節、アルメイダとトプラクは共にゴールの美酒を味わった。ハノーファーのポルトガル代表ストライカーはチームに先制点をもたらしたが、ほぼ無価値なものとなった。しかし、トプラクのゴールはチームに勝点1をもたらした。
土曜日の試合では、おそらくこの両者が直接対峙することとなるだろうが、両者ともこの試合でもゴールを挙げることはできるだろうか?

5. レノ対ツィーラー

レバクーゼンとハノーファーの戦いは、二人のゴールキーパーの戦いであるとも言える。どちらも今夏行われるユーロ大会への出場を狙っている。レノ、ツィーラー共に素晴らしいキーパーであるが、土曜日の試合、この両者は共に失点0を保てるだろうか?

レバクーゼンニュース(1月28日版)

新たなDFの補強?

25日、右SBとしてヒルベルト負傷の穴を埋めていたジュリオ・ドナーティが完全移籍でマインツへの完全移籍が決定しました。契約は2019年6月まで、移籍金は100万ユーロと言われています。
この移籍により、手薄になった右SBの補強として噂されているのは、以前から上がっていたプレミアリーグの強豪、アーセナルのフランス代表DF、マテュー・ドゥビュシーと、アヤックスの俊英にして若きオランダ代表DFのケニー・テテの二人の名前が挙がっています。
ドゥビュシーの特徴は、持ち前のスピードを前面に押し出したサイドの突破力であり、守備も仏代表監督のデシャンにスタメン起用されていることから安定をしています。怪我明けで出場機会がないのが少々心配な面があるものの、彼が獲得出来ればイェドバイにとってこれ以上無いモデルとなることでしょう。
一方、テテは新進気鋭の右SBで、今シーズンも既にリーグ19試合に出場しており、その実績を買われてオランダ代表にも選出されています。若手には珍しく守備面に光るものを持つ選手で、サイドの裏を狙われることの多いチームには打ってつけの選手といえます。
守備陣に怪我がちの選手が多いだけに、右SBの補強は急務。この二人のうち、いずれかの獲得はあるのかが、後半戦の鍵の一つになりそうです。

FCとトルコの俊英獲得合戦

また、ダービーライヴァルである1.FCケルンと、トルコ二部リーグ、アルトゥノルドゥFK所属のトルコ人CB、Çağlar Söyüncü(チャグラル・ソユンチュ?)選手の獲得合戦を繰り広げているようです。
Söyüncü選手は19歳のCBで、慎重87センチの大型選手。ここまでリーグ戦18試合に出場、2Gをあげています。トルコ代表にも選出はされているものの、まだ出場機会はありませんが、それだけの能力を秘めた若者であるのは間違いないでしょう。
他にブレーメンやヴォルフスブルグも熱視線を送っているようです。
市場価値的に25万から100万ユーロでの獲得が可能と見られており、各チームのけん制が始まっているようです。アルトゥノルドゥ側の意向は、来夏での移籍は容認する構えのようです。果たして、彼は夏にどこへ向うこととなるのでしょうか?

【2015/16】 Bayer 04 Leverkusen - VfL Bochum 【Testspiel】

今週末、1月22日金曜のHSV対バイエルン・ミュンヘンの試合から再開されるブンデスリーガを控え、
バイヤー・レバクーゼンは二部6位のVfLボーフムとの練習試合に臨みました。
再開前の最後の練習試合ということで、現状でのチームの仕上がり具合はどのような感じなのか、
非常に興味深い試合でした。

キックオフ1時間前には、ボーフム側は既にアップ開始。
160119b04boc01.jpg
レバクーゼンはレノが入念にアップ中。
160119b04boc02.jpg
BMGからローン移籍中のムラパ。
160119b04boc03.jpg
スタメン組が鳥篭開始。
160119b04boc04.jpg
レバクーゼン側のフィールドプレイヤーがピッチに登場!
160119b04boc05.jpg
キースは先発組!
160119b04boc06.jpg
イェドバイも先発組で出場!
160119b04boc07.jpg
両チームのスターティングラインアップ。
160119b04boc08.jpg
選手入場!!
160119b04boc09.jpg
160119b04boc10.jpg
160119b04boc11.jpg
両軍握手の後……
160119b04boc12.jpg
160119b04boc13.jpg
試合に向けて集中が高まっていく。
160119b04boc14.jpg
160119b04boc15.jpg
前半、バイヤーボールでキックオフ!
160119b04boc16.jpg
ハイボールを競るキース。
160119b04boc17.jpg
キースに動き方の修正を指示するトプラク。
160119b04boc18.jpg
先制はボーフム。レバクーゼン側の中盤でのパスミスを逃さず、ショートカウンターからロジラがレノの頭を超えるミドルをネットに突き刺した。
160119b04boc19.jpg
レバクーゼンも得点機を作る。CKのチャンス!
160119b04boc20.jpg
ラマーリョのヘッドはバーの上・・・…
160119b04boc21.jpg
チャラヌルもFKからゴールを狙う!
160119b04boc22.jpg
ゴール前までボールを持っていくカンプル!
160119b04boc23.jpg
ゴール前でカンプルが倒され、FKのチャンス。判定に納得いかないボーフムイレブンが審判に詰め寄る。
160119b04boc24.jpg
カンプルは好調を維持したまま冬を越した模様。ただ、パンパンに張っているわけでなく、まだ余裕残しでの調整な感じ。
160119b04boc25.jpg
前半は0-1でボーフムリードのまま終了。
160119b04boc26.jpg
後半に向けて選手がピッチに。レバクーゼン側は全入替で臨む。キャプテンマークはパパが巻く!
160119b04boc27.jpg
クラマーも後半から登場!
160119b04boc28.jpg
後半、キックオフ!
160119b04boc29.jpg
ベララビへボールを出すクラマー。後半はプレスが効き、ボールを保持出来るように。
160119b04boc30.jpg
レバクーゼン、同点!リーマンへのバックパスにプレスを敢行したメフメディがボールを彼から掻っ攫い、無人のゴールへ流し込んだ!
160119b04boc31.jpg
ベララビの走り出し。初速から速い彼のスピードは本当に見てて楽しい。
160119b04boc32.jpg
レバクーゼンがPKを獲得!キッカーはベララビ!
160119b04boc33.jpg
しかし、それをリーマンが完全に読みきり、ゴールならず!CKに。
160119b04boc34.jpg
ベララビの突破を警戒してか、厳しいマークが常についていた。
160119b04boc35.jpg
トリックプレーからのユルチェンコのFKは綺麗な弧を描いてゴールに向うも、バー直撃で得点ならず……
160119b04boc36.jpg
CKのこぼれ球をメフメディが狙うもこれはバーの上。得点に結び付けられない……
160119b04boc37.jpg
逆に高いラインの裏を狙われ、終了間際にノヴィコヴァスが抜け出してゴールを奪われる……
160119b04boc38.jpg
短い時間ではさすがに何も出来ず、試合は1-2で終了。
160119b04boc39.jpg
160119b04boc40.jpg
160119b04boc41.jpg

試合こそ負けはしたものの、ほぼガチ面子で来たボーフムに対し、若手を半数混ぜた編成で戦い、
大崩れせずに試合を終えられたのは大きいと思っています。
ミスに関してもまだ実力的な意味で差の大きいスタメン組に着いていこうと攻めていった結果ですし、
問題にはならないでしょう。むしろ問題なのは相変わらずの決定力不足が解消されていない点です。
決定機を作ることは出来ていましたし、試合展開も若手混みとはいえ押し気味に進めていました。
しかし、点が入らない。居るべき場所に居なかったり、判断をミスったりといったシーンが多かった印象を受けました。
ただ、それも『普段とは違うことを試してみた(シュミット監督)』結果ならば良いのですが……
選手の体調に関しては問題なさそうです。イェドバイは結構キビキビと動いてましたが、クロスに難アリという感じです。
まだ試合勘が戻っていない感を受けました。ドナーティもヒルベルトが居ない今、定位置を掴もうとすごい動いてました。
右サイドが活発化すればもっとチームの動きも良くなると思うので、いい傾向だと思います。
あと2日でリーグも再開!新戦力を獲得に動くのか、はたまた現行戦力のみで向うのかなど、興味は尽きません。
まずは金曜のHSVバイエルン戦を楽しみに待とうと思います。





にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

レバクーゼンニュース(1月9日版)

レナト・アウグスト選手、北京国安移籍へ

元レバクーゼンのコリンチャンス所属ブラジル人MF、レナト・アウグスト選手の中国スーパーリーグ、北京国安への移籍が正式に決まった。同選手はシャルケも獲得に興味を示していたが、中国への移籍と相成った。
レバクーゼンがコリンチャンスと締結した移籍条項により、設定された800万ユーロの移籍時例外条項の4割にあたる320万ユーロがレバクーゼン側に支払われることとなる。

ナポリがクラマー獲り?

セリエAのSSCナポリがドイツ代表MFのクリストフ・クラマー獲得への興味を未だ捨てていないようだ。同チームは彼の獲得に1500万ユーロを用意している模様だが、レバクーゼン側は2500万ユーロ以下では交渉の余地はないと否定しているとのこと。

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。今季の注目はロジャー・シュミット監督!

twitter

検索フォーム

QRコード

QR