【DBL15/16】Bayer 04 Leverkusen - 1.FSV Mainz 05 【第6節】

ブンデスリーガ第6節が週中に行われるイングリッシュウィークでの開催となり、レバクーゼンはホームにマインツを迎え撃つこととなりました。
2勝3敗と負けが上回ってしまっているだけに、まずは勝敗を五分にもっていきたいチームとして、堅守速攻を得意とするマインツは気の抜けない相手!
M&M’s(マリと武藤)が好調なだけに、高い位置をとる守備陣にとっては裏のスペースのケアも問題となる試合でした。

150923b04m0501.jpg
150923b04m0502.jpg
芝確認にピッチに現れた選手たち。
150923b04m0503.jpg
150923b04m0504.jpg
まず練習に現れたのは両チームのキーパーたち。
150923b04m0505.jpg
そしてマインツのフィールドプレイヤーがピッチに。
150923b04m0506.jpg
クレメンスもようやく定位置を掴み、いい表情を見せていました。
150923b04m0507.jpg
マインツ側のアップ開始。
150923b04m0508.jpg
そしてヴェルクスエルフもピッチに!
150923b04m0510.jpg
今日のターの相棒に選ばれたのはラマーリョ!
150923b04m0511.jpg
メフメディはベンチスタートに。
150923b04m0512.jpg
ブラントと共にユース上がりのフライがベンチ入り!
150923b04m0513.jpg
シュート練習の後でコーチが武藤に何やら話しかけていました。
150923b04m0514.jpg
マインツ側のウルトラス。週中開催なだけに人数はいつも以上に少なめでした。
150923b04m0515.jpg
レバクーゼン側はゴール裏は赤く燃えています!
150923b04m0517.jpg
マインツ側も準備は万端!
150923b04m0518.jpg
150923b04m0519.jpg
150923b04m0520.jpg
選手入場!!!
150923b04m0521.jpg
両軍握手の後……
150923b04m0522.jpg
思い思いに試合へ集中を図る選手たち。
150923b04m051ko.jpg
マインツボールでキックオフ!
150923b04m0523.jpg
レバクーゼンの高いバックラインの裏を狙うマインツが速攻を狙う!
150923b04m0524.jpg
ラマーリョは鋭い読みと速さでピンチを摘み、前線へボールを供給!
150923b04m0525.jpg
レバクーゼンはハイプレスでマインツの中盤を制圧しにかかる!
150923b04m0526.jpg
チャラヌルがボールホルダーにプレスを掛ける!
150923b04m0527.jpg
足の打撲から復帰したベンダーは中盤で潰し屋として、そして攻守の繋ぎとして動き回っていました。
150923b04m0528.jpg
ターは空中戦や一対一で武藤とマッチアップすることが多く、試合中何度もバトルを展開!
150923b04m0530.jpg
マインツウルトラス最上段には日本国旗を掲げるサポの方が。
150923b04m0531.jpg
チチャリートは前線で楔としてハイボールを競り合う。
150923b04m0532.jpg
前半はレバクーゼンが一方的に圧し続けたものの、シュートに精度を欠き無得点で折り返しに。
幸いマインツ側も散発的にしか攻撃できなかったので助かりましたが、後半にどう修正をかけてくるのか?

150923b04m0533.jpg
ベンチ組、アップ開始。
150923b04m0534.jpg
キースリング。
150923b04m0535.jpg
ブラント。
150923b04m0536.jpg
フライ。
150923b04m0537.jpg
そしてまずヴェルクスエルフがピッチに!
150923b04m0538.jpg
各自、後半に向けて気合を入れ、集中を研ぎ澄ます。
150923b04m0539.jpg
150923b04m0540.jpg
そしてマインツ側もピッチに!
150923b04m0541.jpg
後半、レバクーゼンボールでキックオフ!
150923b04m0542.jpg
サイドからジャムの瓶を開けるようにマインツの堅守をこじ開けようとする!
150923b04m0543.jpg
マインツも前半よりも積極的にM&M’sにボールを当ててカウンターを狙う!何度も危険な場面を作られました。
150923b04m0544.jpg
150923b04m0545.jpg
150923b04m0546.jpg
150923b04m0547.jpg
しかし、先制したのはレバクーゼン!チチャリートの右足から放たれた強烈なシュートがネットを揺らしました!
チチャリート、ブンデスリーガ初ゴール!!!喜びを爆発させます!!!
150923b04m0548.jpg
そしてゴールした後にピッチを後に。盛大な拍手で送られました。
150923b04m0549.jpg
代わって入ったキースは前線でボールを追い掛け回す!
150923b04m0551.jpg
ベンダーはほぼ完璧に中盤での攻防に勝利し、安定をもたらしていました。
150923b04m0552.jpg
武藤がゴール前で倒され、FKのチャンスを得るなど、なんとか突破口を開こうとしていました。
150923b04m0553.jpg
クレメンスのFKを弾いてCKに。守備に集中するレノと守備陣!
150923b04m0554.jpg
クラマーは『マラソンマン』の異名の通り、タフにピッチを駆け回って攻守に貢献していました。
150923b04m0555.jpg
疲れの見え始めたベララビを下げてメフメディ投入!
150923b04m0556.jpg
中盤を制圧していたベンダーにトラブル発生。左足が攣り、パパに交代に。
150923b04m0557.jpg
キャプテンを引き継いだキースが守備にも加わり、チームを盛り立てる!
150923b04m0558.jpg
その後もマインツゴールを脅かし続けるも、なかなかゴールを割れず……
150923b04m0559.jpg
150923b04m0560.jpg
150923b04m0561.jpg
150923b04m0562.jpg
150923b04m0563.jpg
150923b04m0564.jpg
試合は1-0でレバクーゼンが勝利!選手も喜びを爆発させると、お互いの健闘を讃えあいます。
150923b04m0565.jpg
最後まで応援してくれたサポの元へ挨拶へ赴くマインツイレブン。
150923b04m0566.jpg
150923b04m0567.jpg
ゴール裏のウルトラスたちと勝利の喜びを分かち合う!3試合ぶりの勝利の美酒に酔いました!

ブンデスリーガで3連敗となかなか結果が出ず、チームもフラストレーションは溜まっていたでしょうが、勝利で踏ん切りがついたはず。確かにシュート20本を放ちながら1得点というのは問題ではありますが、まずは勝つことがチームにとってなによりの薬です。
チチャリートもブンデスリーガでも得点したことで、より一層緊張がほぐれたと思います。クラマーもチームへの順応が進みつつあり、今日は昨シーズンのベストボランチの一角の片鱗を見せてくれました。
次は調子のなかなか上がらないブレーメンが相手なだけに、アウェイとはいえしっかりと勝点3を土産に帰ってきて欲しいです。
マインツは、今日はレバクーゼンのハイプレスの前に効果的なパスをM&M'sに供給できなかったことが、敗戦の原因と言えると思います。
また、M&M's自体も決定的な得点機を外し続けたように、今回は彼らも運に見放された感がありました。
武藤もブンデスの強豪と当たり、なかなか自分の思い描くプレイをさせてもらえないもどかしさをプレイの端々に見せていました。
まだまだ伸びる気配はあるだけに、より大きく成長した姿をマインツでのアウェイ戦で見せてほしいです。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

【DBL15/16】Bayer 04 Leverkusen - 1.FSV Mainz 05 【今日の一枚】

イングリッシュウィークとなったブンデスリーガ第6節。
レバクーゼンはホームでマインツと対戦!
初物に弱く、東洋系選手を苦手としていただけに、
武藤選手をどう抑えるかが鍵になっていました。
さて、取り急ぎ本日の一枚を。

fotovomtag150923.jpg

チチャリート、ついにブンデスリーガ初ゴール!
弾ける笑顔が非常に素敵でした!!


【DBL15/16】Borussia Dortmund - Bayer 04 Leverkusen 【第5節】

ELを戦った関係から日曜開催となったボルシア・ドルトムントとのアウェイ戦。
ダルムシュタット戦では思わぬ敗戦を喫したものの、CLのBATE戦で素晴らしいパフォーマンスを見せただけに、
好試合の予感がする試合でした。

150920bvbb0401.jpg

シグナル・イヅナ・パルクに到着!その巨大さは何時見ても圧倒されます!

150920bvbb0402.jpg

16時頃に中へ入りましたが、外にはまだ続々とスタへ来る人の群れが。

150920bvbb0403.jpg

今日は此処からの観戦!

150920bvbb0404.jpg

ドルトムントのノルドクルブはまだこんな感じ。

150920bvbb0405.jpg

レバクーゼン側もまだ人は少ない。

150920bvbb0406.jpg

芝確認にレバクーゼンの選手が登場すると凄いブーイングが。

150920bvbb0407.jpg

ゴンゾも出てきて、旧交を温めていました。

150920bvbb0408.jpg

試合開始1時間前くらいで、ほぼゴール裏は黄色く染まっていました。

150920bvbb0409.jpg

レバクーゼン側も臨戦態勢に!

150920bvbb0410.jpg

150920bvbb0411.jpg

ドルトムントのAnthemがかかると、サポもウルトラスもマフラーを回しての大合唱!

150920bvbb0412.jpg

そしてドルトムントの選手がピッチに登場すると地鳴りのような拍手が起きました。
この雰囲気は本当に凄い……!

150920bvbb0413.jpg

控え組の鳥篭。

150920bvbb0414.jpg

#BILDNOTWELCOMEの断幕を前にしての選手のアップ。練習を放映していれば嫌でも画面に入る絶妙な位置!

150920bvbb0415.jpg

そしてレバクーゼンの選手もピッチに!ドルトムント側の凄まじいブーイングを受けていました。

150920bvbb0417.jpg

150920bvbb0418.jpg

アップが終わり、選手がドレッシングルームに引き上げると、場内に流れたのは”You'll never walk aone”!!
敵サポの曲ながら、これは痺れました!

150920bvbb0419.jpg

150920bvbb0420.jpg

150920bvbb0421.jpg

150920bvbb0422.jpg

150920bvbb0423.jpg

150920bvbb0424.jpg

両軍、選手入場ッ!!!

150920bvbb0425.jpg

両軍の選手、握手を交わし……

150920bvbb0426.jpg

150920bvbb0427.jpg

気合をいれ、集中を高める。

150920bvbb0428.jpg

150920bvbb0429.jpg

レバクーゼンボールで前半開始!!!

150920bvbb0430.jpg

前半開始から中盤での熱い攻防が続く!

150920bvbb0431.jpg

ウルトラスもチームを鼓舞するべく、声を張り上げて戦う!!

150920bvbb0432.jpg

一進一退の攻防が続く!

150920bvbb0433.jpg

ソクラティスの削りでキースがグラウンドに倒れる場面も。激しい攻防の証。

150920bvbb0434.jpg

レノも鬼気迫る気迫で守備を指示する!

150920bvbb0435.jpg

試合の均衡を破ったのはドルトムント。香川のロングパスの処理を誤ったレノの後ろに上手く回りこんだホフマンが
ゴールへボールを流し込む技ありのシュートでした。

150920bvbb0436.jpg

150920bvbb0437.jpg

150920bvbb0438.jpg

150920bvbb0439.jpg

一点を追うレバクーゼンは、更に攻勢を強める!

150920bvbb0440.jpg

しかし、無得点のまま前半は終了。1-0での折り返しとなりました。

150920bvbb0441.jpg

150920bvbb0442.jpg

両チーム、サブメンバーがアップして体をほぐし……

150920bvbb0443.jpg

150920bvbb0444.jpg

150920bvbb0445.jpg

ピッチに選手が再び姿を現す!レバクーゼンはキースとクラマーを下げ、メフメディ、ブラントを投入する、
超攻撃的な布陣へシフト!一点をなんとしてももぎ取ろうとする姿勢を見せました!

150920bvbb0446.jpg

後半キックオフ!いきなり激しい攻防が再開されました!!

150920bvbb0447.jpg

チチャリートにはソクラティスかフンメルスのいずれかがかならずマークしており、なかなか自由を与えられませんでした。

150920bvbb0448.jpg

サイドの攻防が後半の一つのテーマになっていました。ギンターの裏やシュメルツァーの裏を徹底して狙い、
点を狙っていましたが……

150920bvbb0449.jpg

ドルトムントに追加点を奪われる厳しい展開に……

150920bvbb0450.jpg

なんとか状況を打開しようと、チャラヌルの右足も唸るが……

150920bvbb0451.jpg

ボックス内でヴェンデルがヴァイグル?を倒してしまい、PKを与える大ピンチに。

150920bvbb0452.jpg

レノ対オウバメヤン!

150920bvbb0453.jpg

150920bvbb0454.jpg

レノもコースを読んで飛んだものの、ボールは無常にもネットを突き刺す……3点目が入ってしまった……。

150920bvbb0455.jpg

ハインリクス君、ブンデスデビュー!

150920bvbb0456.jpg

レノも気持ちを切らすことなく、決定的なシュートを何度も止める!

150920bvbb0457.jpg

一番見たくなかった……ゴンゾが遂にピッチに入る……

150920bvbb0458.jpg

最後まで一点をもぎ取ろうと必死の攻撃が続く!

150920bvbb0459.jpg

150920bvbb0460.jpg

150920bvbb0461.jpg

150920bvbb0462.jpg

しかし、無常な笛が響き渡る。試合終了。3-0。完敗といっていい点差でした。

150920bvbb0463.jpg

最後まで応援を続けたウルトラスの元へ挨拶に来たWerkself。

150920bvbb0464.jpg

PKを与えてしまったヴェンデルの肩を抱くパパとチャラヌル。ミスは次の試合でかき消せばいい。
そう言っているようでした。

150920bvbb0465.jpg

150920bvbb0466.jpg

150920bvbb0467.jpg

150920bvbb0468.jpg

150920bvbb0469.jpg

勝利の美酒に酔うBVBのイレブンとウルトラス。

力と力のぶつかり合いとなったこの試合、
現時点では球際での競り合い、連携においてドルトムントが上回っていたように感じました。
ただ、それは相手はほぼ昨シーズンとほぼ同じ面子で連携は上手く取れていることを考えれば納得のいくもの。
急造の右サイドバックであるギンターとホフマンの連携、そしてギュンドアンとヴァイグルの間のスペースを狙い、
そこをウィークポイントと見越して徹底した攻撃を指示したシュミット監督の戦術は正しかったと思います。
そこの突破から何度も得点機を演出していましたし、レバクーゼンが劣っていたという印象はありません。
運がこちら側になかった、というのもあるでしょうが、一番の違いは決定機を決めきれるか否か、の差。
そこがこの試合では一番大きかったでしょう。現に後半序盤での決定機をチチャリートが決められていれば、
試合はまた違った展開を見せられたと思います。試合にたらればは禁物ですが、そう思わずにはいられません。
クラマー、チチャリートはチームに馴染むにはまだ時間が必要なように思います。
ですが、それは時間が解決してくれることと信じています。頭の良い選手です、今は我慢の時!
水曜のマインツ戦へ向け、気持ちを切り替えて頑張って欲しいと思います。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村



【DBL】Borussia Dortmund - Bayer 04 Leverkusen 【今日の一枚】

本日はブンデスリーガ第5節、アウェイのドルトムント戦に参戦して来ました!
残念ながら完敗……現時点での力の差を見せ付けられた感じです……
取り急ぎ、本日の一枚を!

fotovomtag150920.jpg

シグナル・イヅナ要塞を守る黄色い壁と白き門番!
この二つのなんと堅いことか……!

レバクーゼンがBVBに引けを取らない5つの理由

90MINの記事で面白いものがありましたので、ご紹介します。
BVB戦前の時間にでも流し読みしていただければ幸いです。

『バイヤー・レバクーゼンがBVBに引けをとらない5つの理由』

全ブンデスリーガが連勝街道をひた走る新生ドルトムントに対し震撼している。
そしてこの日曜日、首位は13位のチームと対戦するビッグマッチを迎える。
しかし、恐れるなかれ!レバクーゼンにはBVBに引けをとらない5つの理由があるのだ。

5. ヨーロッパの舞台で得たモチベーション
ヴェルクスエルフはBATEバリソフと対戦し、対戦相手にほとんどチャンスを与えないまま、90分で4-1と完勝した。
勝ったことには変わりは無いが、モチベーションでは明らかにB04に分がある。

4. ロジャー・シュミット
このもの静かな監督はB04を完璧に統率している人物である。契約を延長したことは、彼自身の功績によるところが大きい。
つい最近、彼はBVBの象徴的存在であるユルゲン・クロップのケヴィン・カンプルの使い方に関して、公然と批評したが、それはカンプルが巨大な敵にも恐れず立ち向かうファイターであるからだった。

3. パワーフットボール
レバクーゼンのコーチングスタッフのコンセプトは極めてシンプルである。すなわち、プレス、プレス、プレス!バイエルンに対しては有効ではなかったが、トーマス・トゥヘルのチームは速攻してくる敵に対して弱点を持っている。ボールの近くに居るもの全てがスペースをコンパクトにして集まる戦法は、ブンデスリーガでは常に有効な戦術ではない。

2. 素晴らしき選手層
レバクーゼンが上位のクラブであるということは誰もが知っていることである。チームに所属する総選手価値は1億9000万ユーロにも上る。ハビエル・エルナンデス(チチャリート)、キースリング、ベララビやクラマーといった選手はリーグでも屈指の選手であり、(特にBVBを下したとなれば)その結束は真実のものとなるだろう。

1.チャラヌル・ボーナス
レバクーゼンにいる中でも、ハカン・チャラヌルのような選手は非常に危険である。このトルコ系ドイツ人はチームの要である。たとえゲームの流れの中で機能できなかったとしても、フリーキックのスペシャリストは直接試合の流れを変えることが出来るのだ。

(元記事:Bayer Leverkusen: 5 Gründe, warum man sich nicht vor dem BVB verstecken muss

今日のBVB戦、勝って再び上位進出への足がかりにすることが出来るか?
キックオフまであと5時間弱!非常に楽しみです!!

【UCL】Bayer 04 Leverkusen - BATE Baryssau【GLE1】

UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージが今週の火曜、9月15日から遂に開始!
レバクーゼンは初戦をホームBayarenaでBATEボリソフを迎え撃ちます!
2012/13シーズンのチャンピオンズリーグではホームでバイエルンを3-1で撃破したこともある、
ベラルーシの雄だけに、気の抜けない試合の予感がありました。

150916b04bate01.jpg

今回はスタに到着する時間が遅くなり、席に着いたときには両チームともアップは終了。
選手の入場アーチを設置していました。

150916b04bate02.jpg

ノルドクルブの様子。平日にも関わらず、ほぼ満席!

150916b04bate03.jpg

一方のボリソフ側のStehplatz。さすがに平日のグループリーグで遠征するサポは少ないようです。

150916b04bate04.jpg

チームのAnthemを歌うウルトラス。

150916b04bate05.jpg

150916b04bate07.jpg

選手入場!

150916b04bate08.jpg

両チーム握手を交わし……

150916b04bate09.jpg

150916b04bate10.jpg

写真を撮ると……

150916b04bate11.jpg

150916b04bate12.jpg

気合を入れ、神へ祈りを捧げる。高まる緊張感!

150916b04bate13.jpg

そしてBATEボールで前半開始!

150916b04bate14.jpg

150916b04bate15.jpg

開始直後からハイプレスを仕掛け、BATE陣内へガンガンと攻め立てたレバクーゼン!

150916b04bate16.jpg

150916b04bate17.jpg

それで浮き足立ったのか開始4分でメフメディが先制ゴールを上げる!流れの中から得点できたのは非常に良かった!!

150916b04bate18.jpg

先制ゴールに大いに沸きあがるレバクーゼンゴール裏!!

150916b04bate19.jpg

頭を丸刈りにして気合バッチリのパパも素晴らしいパフォーマンスでした。

150916b04bate20.jpg

BATEのサポも数は少ないながら必死に応援!

150916b04bate21.jpg

その後もリスタートからBATEゴールを脅かすもなかなかゴールが割れず。もどかしい時間帯が続きました。

150916b04bate22.jpg

150916b04bate23.jpg

CKからBATEがあっさりと同点に……

150916b04bate24.jpg

ベラルーシの巨大な旗を振って喜ぶベラルーシの方々。

150916b04bate25.jpg

この後、レバクーゼンが攻めるものの、BATEも自陣内で堅く守り、試合が少し停滞気味に。

150916b04bate26.jpg

150916b04bate27.jpg

しかし、アクシデントが立て続けに起こります。BATE側の攻撃の中心のフレブが負傷交代、
更にはベンダーも右腿を傷めてしまいます。

150916b04bate28.jpg

ベンダーは一時、ピッチに戻ってプレイをしたものの……

150916b04bate29.jpg

前半でクラマーと交代となりました。

150916b04bate30.jpg

リスタートからも積極的にゴールを狙うも、こじ開けるには至らず……

150916b04bate31.jpg

1-1のまま前半は終了に。

150916b04bate32.jpg

150916b04bate33.jpg

ハーフタイムにアップを行う両チームのベンチメンバー達。

150916b04bate34.jpg

150916b04bate35.jpg

150916b04bate36.jpg

HTが終わり、ピッチに戻ってきた選手たち。気合をいれ、後半に向います。

150916b04bate37.jpg

そして後半開始!!

150916b04bate38.jpg

後半も積極的なハイプレスを敢行していく!

150916b04bate39.jpg

150916b04bate40.jpg

歓喜の時間は後半開始すぐに訪れる!チャラヌルが振りぬいたボールはキーパーに当たるも、勢いを殺しきれず、
ボールはゴールネットへと吸い込まれた!!勝ち越しに成功!

150916b04bate41.jpg

ベンダーからキャプテンマークを引き継いだヒルベルトはチームを上手く統率。

150916b04bate42.jpg

ターも落ち着いたプレーで後方を落ち着かせた。

150916b04bate43.jpg

カンプルは組み立てにも積極的に参加、攻撃にメリハリをつけると共に、
セカンドボールを拾い捲って守備にも貢献していました。

150916b04bate44.jpg

150916b04bate45.jpg

150916b04bate46.jpg

そして遂にもこの男の歓喜の瞬間が訪れる!チチャリート、バイヤーでの初ゴールをBATE戦で挙げた!!

150916b04bate47.jpg

150916b04bate48.jpg

チチャはその後も積極的にゴールを狙い続け、前線での核として動き続けていました。
ファウルを獲り、チャンスを作ると、ベララビがそれを労う。

150916b04bate49.jpg

チチャリートは後半途中でキースリングと交代。前線での働きはきっちり果たして、日曜でも活躍が期待できそうでした。

150916b04bate50.jpg

キースリングは軽快な動きで前線で躍動!チチャリートの加入は彼にもいい影響を与えているようです。

150916b04bate51.jpg

チャラヌルのFK!

150916b04bate52.jpg

そのFKを手で止めてしまい、PKを得ると、キッカーにはチャラヌルが名乗り出る!

150916b04bate53.jpg

そのキックはゴール左へ!

150916b04bate54.jpg

きっちり決めて4-1に!チャラヌルはドッペルパック達成!!

150916b04bate55.jpg

そしてチャラヌルはブラントと交代でピッチを後に。

150916b04bate57.jpg

150916b04bate58.jpg

その後もBATEの反撃を退け、4-1でGL初戦を勝利で飾りました!

150916b04bate59.jpg

150916b04bate60.jpg

最後までチームと戦い続けたサポ。そしてそれを感謝するチーム。

150916b04bate61.jpg

150916b04bate62.jpg

勝利に沸くチーム!

150916b04bate63.jpg

150916b04bate64.jpg

150916b04bate65.jpg

そして、ゴール裏のウルトラス、サポと共に勝利を祝う!日曜のBVB戦へ向けて自信を取り戻すことが出来たことでしょう!

公式戦2連敗と自身を失いかけていたチームでしたが、この勝利で再び自信を取り戻せたことでしょう。
チチャリートにもゴールが生まれたことで、彼自身も精神的にゆとりを持って戦えるでしょうし、
この勝利は本当に重要なものとなりました。日曜のBVB戦が今から非常に楽しみです!


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

【UCL】Bayer 04 Leverkusen - BATE Baryssau【今日の一枚】

昨日はUCLのGL第一戦、BATEバリソフ戦に行ってきました!
ASローマ、バルセロナと同組ということで落とせない試合だっただけに、
どのような試合になるのか不安と期待で臨みました……
取り急ぎ、今日の一枚を!

fotovomtag150916.jpg

チチャリートのBayer初ゴールを含め4ゴールの乱れ撃ち!
非常に面白い試合になりました!

【DBL15/16】Bayer 04 Leverkusen - SV Darmstadt 98 【第4節】

先週12日はブンデスリーガ第4節。二週間の国際Aマッチデイ明け一試合目は、
今シーズンの昇格組、SVダルムシュタットとの試合となりました。
先の試合は不可解な判定もあり、3-0での大敗となっていたこともあり、
ここで勝ってUCLに向けて調子を上げたい試合でした。

150912b04d9801.jpg

秋晴れの道を多くのサポがスタへと向います。着てる服が大雑把なのはドイツの気風なのかな?
(他にもバイエルンのユニ着た子とか見かけましたし(笑))

150912b04d9802.jpg

Bayarenaに到着!既に多くのダルムシュタットのウルトラスやサポの人が到着していました。

150912b04d9803.jpg

ダルムシュタットの断幕。シンプルなのが多かったですね。

150912b04d9804.jpg

ダルムシュタットのキーパーがアップに登場!ウルトラスの拍手に拍手で応えます。

150912b04d9805.jpg

レノもピッチに登場。アップ開始!

150912b04d9806.jpg

ダルムシュタットのフィールドプレーヤーもアップに登場!

150912b04d9807.jpg

ダルムシュタットのスピードスター、ザイラー。

150912b04d9808.jpg

ヘルタから今季移籍してきたニーマイヤー。

150912b04d9809.jpg

昨シーズンはローンでしたが、今シーズン、フランクフルトから完全移籍したローゼンタール。

150912b04d9810.jpg

Werkselfもピッチに登場!

150912b04d9811.jpg

チャラヌル。

150912b04d9812.jpg

移籍市場のクローズ間近に、BVBから移籍を果たしたカンプル。

150912b04d9813.jpg

チチャリートが遂にBayarenaのピッチに!

150912b04d9814.jpg

ダルムシュタット側のアップも熱が入ってきました。

150912b04d9815.jpg

レバクーゼンのアップも熱が入る。

150912b04d9816.jpg

レバクーゼンのアンセム!サポもマフラーを掲げて歌う!!

150912b04d9817.jpg

取材陣のここまでの多さは今まで未経験……改めてチチャリートが来た事の凄さを体感しました。

150912b04d9818.jpg


150912b04d9819.jpg

150912b04d9820.jpg

150912b04d9821.jpg

そして選手入場!

150912b04d9822.jpg

両軍、握手を交わす。段々と高まる緊張感!

150912b04d9823.jpg

150912b04d9824.jpg

両ウルトラス共にボルテージは絶頂に!

150912b04d9825.jpg

各自、神への祈りで自身を研ぎ澄ます。

150912b04d9826.jpg

そして前半キックオフ!!

150912b04d9827.jpg

ダルムシュタット、レバクーゼンの出鼻を挫くように積極的に攻勢に出る!いきなり激しい攻防戦に。

150912b04d9828.jpg

そして守備は全員が自陣に戻りスペースを消す。徹底した守備戦術にレバクーゼン側はやりにくそうでした。


150912b04d9829.jpg

150912b04d9830.jpg

試合の均衡を破ったのはダルムシュタット。
リスタートからスールがベンダー、キースとの競り合いに勝ってのヘッド弾を突き刺しました。

150912b04d9831.jpg

その後、レバクーゼンは負けじと猛攻を開始。何度もダルムシュタットゴールを脅かすものの、マテニアを中心とした守備は堅く、
なかなかこじ開けられない!

150912b04d9832.jpg

150912b04d9833.jpg

150912b04d9834.jpg

途中で大雨が降っては止むという悪天候でピッチ状態が悪くなっていく中、
なんとか一点をもぎ取ろうともがくWerkself!!

150912b04d9835.jpg

150912b04d9836.jpg

しかし、前半では追いつくことは出来ず、0-1での折り返しに。

150912b04d9837.jpg

控え組はアップを入念に行い、後半での出場に備える。

150912b04d9838.jpg

怪我明けのザイラーはいつ投入されるのか?疲れた中での快速FWは厄介……

150912b04d9839.jpg

150912b04d9840.jpg

150912b04d9841.jpg

150912b04d9842.jpg

後半に向け、選手が再びピッチに。同点を目指し、気合を入れていく!

150912b04d9843.jpg

後半開始!!!

150912b04d9844.jpg

150912b04d9845.jpg

後半開始早々から激しい中盤での攻防が続く。

150912b04d9846.jpg

先に動いたのはレバクーゼン。クラマー、チャラヌルを下げてカンプル、チチャリートを投入!
パワープレイでこじ開ようと試みます。

150912b04d9847.jpg

中盤を所狭しと駆け回り、ボールに絡んでいくカンプル!

150912b04d9848.jpg

さらに疲れの見えてきたブラントを下げ、メフメディも投入!前への推進力を更に強めるレバクーゼン!!

150912b04d9849.jpg

150912b04d9850.jpg

リスタートからのゴールなど、様々な形でゴールを狙うも、一点が遠い……

150912b04d9851.jpg

刻一刻と近づくタイムアップを前に、盛り上がるダルムシュタットのウルトラスとサポ。

150912b04d9852.jpg

150912b04d9853.jpg

150912b04d9854.jpg

150912b04d9855.jpg

無常な笛と共に試合は終了。ダルムシュタットに今シーズン初めての勝利をもたらす結果となってしまいました。
試合後、ゴール裏へと挨拶に来る足取りは重そうでした。

150912b04d9856.jpg

150912b04d9857.jpg

試合後、円陣を組むダルムシュタット。二部では良く見る光景ですが、一部で見ると凄い新鮮。

150912b04d9858.jpg

150912b04d9859.jpg

150912b04d9860.jpg

そしてウルトラスやサポと勝利を祝う百合のイレブン。美しい光景ではありましたが、同時に非常に悔しい……!

昨シーズンからの課題だった引いて守るチームをどうこじ開けるか、という課題が未だに解決出来ていない。
それがはっきりした試合であったと思います。チームもミスが多く、先制された後の対応も不味かったのは問題です。
ただ、チチャリートの加入でそれに対するシュミット監督の答えが、垣間見えたのも事実でした。
今後、連携を上手く取れるようになれば機能する予感がする布陣でしたし、
レバクーゼンでチチャリートが機能し、躍動する試合が見れるのはそう遠くない未来になりそうです。
しかし、攻撃時の2バック4トップという超攻撃的布陣は見ていて迫力がありました。
以前、横浜FCで信藤さんが監督のときにやっていた記憶がありますが、
まさか自分が目のあたりにするとは思いませんでした(笑)
色々な新しい発見を得られましたし、負けたとはいえ見応えのある試合でした。
チームには、この敗戦を引きずることなく、水曜のBATE戦に望んで欲しいと思います。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

【DBL15/16】Bayer 04 Leverkusen - SV Darmstadt 98 【今日の一枚】

休み明け初戦となるダルムシュタット戦を見にBayarenaへ行って来ました!
激しい攻防は見応え十分の好試合でした!
取り急ぎ、本日の一枚を。

fotovomtag150912.jpg

後半からチチャリート、カンプル、メフメディと攻撃を強化して攻め立てたものの、
ダルムシュタットの堅守をこじ開けるには至らず、無念の連敗に。
苦いホームデビューとなってしまいました……。

【親善試合】SC Paderborn - Bayer 04 Leverkusen 【Abschiedsspiel von Markus Krösche】

9月第一週は国際Aマッチデイの為、ブンデスリーガはお休み。
その為、各地で親善試合や練習試合が組まれています。
我がバイヤー・レバクーゼンは今季よりコーチに就任したマルクス・クレシュの繋がりで、
SCパダボーンと親善試合をすることになりました。
代表選手が召集され、主力メンバーはほぼいないものの、
先日加入したチチャリートのデビュー戦ということで、パダボーンまで行って来ました!

SCPB0415090201.jpg

二回目来ました、ベンテラー・アレナ!

SCPB0415090203.jpg

今回は早くに到着したので、スタの周囲を散策することに。前回は見れなかったサポ(?)の像が見れた!

SCPB0415090202.jpg

念願のストッペルカンプ通りも見れました!

SCPB0415090204.jpg

SCPB0415090205.jpg

レバクーゼンのバスが到着!選手もスタに入っていきます。この緩さがピロビンチャのクラブの魅力かも?

SCPB0415090206.jpg

チケットを無事に入手!いざ、スタ内へ!

SCPB0415090207.jpg

SCPB0415090208.jpg

相変わらず、綺麗なスタです。

SCPB0415090209.jpg

パダボーンの守護神、クルーゼ登場!練習シャツもクレシュ!

SCPB0415090210.jpg

SCPB0415090211.jpg

レバクーゼンはクレシッチとイェルデルの二人が登場!

SCPB0415090212.jpg

SCPB0415090213.jpg

パダボーンのフィールドプレーヤーがアップに登場!

SCPB0415090214.jpg

ヘルタから古巣に戻ってきたンジェング選手の姿も!

SCPB0415090215.jpg

パダボーン側、アップ開始!

SCPB0415090216.jpg

SCPB0415090217.jpg

Werkselfもアップに登場!!

SCPB0415090218.jpg

今日の目玉の一つ、生チチャリートきたっ!!!

SCPB0415090219.jpg

キースとパス交換してる……夢じゃないけど夢みたいだ!

SCPB0415090220.jpg

『マルクス・クレシュは永遠のパダボーナー!』にちょっとうるっと来たり。本当に愛されてたんだなぁ、と。

SCPB0415090221.jpg

試合前にクレシュのさよならセレモニーが催されました。

SCPB0415090222.jpg

SCPB0415090223.jpg

SCPB0415090224.jpg

SCPB0415090225.jpg

選手入場!!

SCPB0415090226.jpg

SCPB0415090227.jpg

SCPB0415090228.jpg

各自が気合を込めつつ……

SCPB0415090229.jpg

前半開始!!

SCPB0415090230.jpg

シュミット監督が不在の為、クレシュが監督代理してました。

SCPB0415090231.jpg

練習も少ししかこなしていないものの、パス出しや裏抜け、楔になるなど前線で積極的に動いていたチチャリート。
序盤から躍動していました。

SCPB0415090232.jpg

ユース上がりも多いものの、中盤でボールカットするやすぐに攻撃に移行する早さはさすが!
ミスも多かったものの、それを帳消しにする運動量でそれをカバーしていました。

SCPB0415090233.jpg

SCPB0415090234.jpg

しかし、ここでアクシデント。ハイボールを競り合った際にバカロルツが足を痛めて負傷交代に。
大怪我でなければいいのですが、MRIの結果、右足足首の内側転筋の断裂が判明したそうで……

SCPB0415090235.jpg

しかし、アクシデントはあったものの先制したのはパダボーン!しかし、崩した形からではなく、
これもアクシデントのような形での得点でしたが、得点は得点です!

SCPB0415090237.jpg

得点したのはレバクーゼンからローン移籍しているブラスニッチ!

SCPB0415090236.jpg
ちなみに、アクシデントといったのはヒルベルトのクリアをパダボーンが蹴り返してヒルベルトの顔面に直撃、
それで一瞬足が止まったレバクーゼンの隙を見逃さずに中へ切れ込み、中に居たブラスニッチが流し込むと言う形でした。
ヒルベルト、ここのところツイてない……

SCPB0415090238.jpg

得点が出たことで中盤の攻防が一層激しさを増すことに。

SCPB0415090239.jpg

右SBのナレイ選手はいい上がりを見せていました。

SCPB0415090240.jpg

右サイドから再三仕掛けて攻撃の一翼を担っていたコチ。調子、凄いよさそうでした。

SCPB0415090241.jpg

終盤、バテてきたのか動きの鈍ってきたレバクーゼンのパスをカット、裏を狙うシーンが徐々に増えてきたものの、
そこは踏ん張って追加点を与えないところは個の力の差か、と思ったり。

SCPB0415090242.jpg

結局、前半は1-0で終了。

SCPB0415090243.jpg

SCPB0415090244.jpg

両チームのハーフタイムの様子。

SCPB0415090245.jpg

SCPB0415090246.jpg

SCPB0415090247.jpg

ハーフタイムを終えて、ピッチに出てくる間も、チチャリートに話しかけてコミュニケーションを取ってました。

SCPB0415090248.jpg

後半にはストッペルカンプたち主力が投入され、パダボーンペースで試合は進んでいきます。

SCPB0415090249.jpg

そんな中でも、少しのチャンスも逃がすまいと虎視眈々と機会を伺うチチャリート!

SCPB0415090250.jpg

当然、マークも厳しくなり、苦悶の表情を浮かべるシーンも。

SCPB0415090251.jpg

しかし、機会は結局訪れず、チチャリートとキースは途中交代。とりあえず、怪我無く終えてくれてほっとしました。

SCPB0415090252.jpg

SCPB0415090253.jpg


SCPB0415090254.jpg

そして今日の主役、クレシュが本日限りの現役復帰!ピッチに入りました!

SCPB0415090255.jpg

ボールを持つたびに『おおおおおおお!』と歓声が!!本当に愛されてた選手なんだなぁ、と改めて感じる瞬間でした。

SCPB0415090256.jpg

SCPB0415090257.jpg

10分ほどでクレシュは交代。スタの人全員がスタンディングオベーションで送り出しました。

SCPB0415090258.jpg

SCPB0415090259.jpg

イェルデルがスーパーセーブで防ぎ続けたものの、最後はブチノヴィッチに決められ、2-0に。
最後はレバクーゼン側の足が止まりかけてたので仕方ない面もありました。

SCPB0415090260.jpg

SCPB0415090261.jpg

試合は2-0でパダボーンが勝利。ゆるい感じでの終了となりました。

SCPB0415090262.jpg

バイバイ、ベンテラー・アレナ!今度は一部の試合で会おう!

こんな感じで、ゆるい感じの試合ではありましたが、ベンチメンバーの問題も浮き彫りになったり、
得るものもあった試合だったように思います。何故、試合で使われないのかという理由が見えた試合でした。
特にリュはこのままだと冬にローンでの片道放出もあり得そうだっただけに、頑張って欲しいと思います。
本当に、パダボーンのファンの温かさを感じて良い気分で家路につけたいい試合でした。
今後もこういう機会があれば色々な試合を見ていきたいと思います。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

おまけ
holli1.jpg


Holliってネズミだったんですね









15/16シーズン、夏の移籍まとめ

夏の移籍市場がクローズとなり、秋冬シーズンを戦うチーム陣容が各チーム固まりました。
今回はプレミア資本の参入により巨額の移籍金が飛び交い、終了間際での大物移籍も続出しました。
我らがバイヤー・レバクーゼンもその恩恵にあずかり、大型移籍が成立しています。
今週は国際Aマッチデイの為、ブンデスリーガは休み。
それを利用して、今夏の市場でのレバクーゼンの移籍をまとめようと思います。

①今シーズンの獲得選手
a)獲得
チャルレス・アランギス(1300万) インテルナシオナル→
ハビエル・エルナンデス(1200万) マンチェスター・ユナイテッド→
ケヴィン・カンプル(1100万) ボルシア・ドルトムント→
アドミール・メフメディ(800万) SCフライブルグ→
ヨナタン・ター(750万) ハンブルガーSV→
キリアコス・パパドプーロス(ローン→650万) FCシャルケ04→
アンドレ・ラマーリョ(移籍金無し) RBザルツブルグ→

b)ローンバック
クリストフ・クラマー ボルシア・メンヘングラッドバッハ→
コンスタンティノス・スタフィリディス FCフラム→
リュ・スンウ アイントラハト・ブラウンシュヴァイク→
ニコラス・ローム ハレシャーFC→
マキシミリアン・ヴェゲナー VfLオスナブリュック→
デニス・エンヘルマン SCフォルトゥナ・ケルン→
マティアス・ハルトヴィヒ Spfr.ジーゲン→

c)ユース昇格
マーク・ブラスニッチ
ルーカス・ベーダー
ベンジャミン・ハインクス
ロビン・ベッカー

②今シーズンの放出選手
a)放出
ソン・フンミン(3000万) →トットナム・ホットスパーFC
ゴンサロ・カストロ(1100万) →ボルシア・ドルトムント
ヨシプ・ドルミッチ(1000万) →ボルシア・メンヘングラッドバッハ
フィリップ・ヴォルシャイト(ローン→380万) →ストーク・シティFC
アルカディウス・ミリク(ローン→280万) →AFCアヤックス・アムステルダム
コンスタンティノス・スタフィリディス(250万) →FCアウグスブルグ
ドミニク・コール(140万) →FCアウグスブルグ
ステファン・ライナルツ(移籍金無し) →アイントラハト・フランクフルト
デニス・エンヘルマン(移籍金無し) →FCフォルトゥナ・ケルン
マティアス・ハルトヴィヒ(移籍金無し) →FCワトフォード

b)ローン
ロビー・クルーズ →VfBシュツットガルト
マーク・ブラスニッチ →SCパダボーン
マキシミリアン・ヴァゲナー →FSVマインツ05II
ニクラス・ローム →SCプロイセン・ミュンスター

ソン・フンミンの突然のスパーズへの移籍で3000万もの大金を手にしたチームは、
マンチェスター・ユナイテッドからチチャリート、BVBからカンプルを獲得。
チーム力は大きく上がり、特にこの移籍で懸念材料だった攻撃陣の強化に成功しています。
しかしながら、アランギスの怪我で狂ったセントラルの層の薄さはホイビェルグの獲得失敗で、解消には至らず、
若干不安の残る陣容ではありますが、9月第二週にはイェドバイも復帰するようなので、
今はこれ以上怪我人が増えないよう祈るばかり。
しかし、CL出場ボーナスを含め、まだ資金が豊富に残っているのは非常に大きい!
冬の移籍マーケットも含め、どのような動きを見せるのか、非常に楽しみです。
チチャリートの加入で人気面でも大きなプラスを期待できるだけに、休み明けが今から楽しみです!

【UCLPlayoff】Bayer 04 Leverkusen - Lazio Rom【2ndleg】

先週の水曜、8月26日はチャンピオンズリーグプレイオフのセカンドレグが開催されました。
ファーストレグはホームのラツィオが1-0で勝利をしているだけに、レバクーゼンは絶対に勝利が必要となっており、
一点でも相手に与えた場合、チャンピオンリーグ出場が難しくなる不利な状況でのスタートになっていました。

150826b04lazio01.jpg

Bayarenaに到着!
ラツィオのウルトラスも既に入場しており、スタジアムからは野太い声が響きわたっていました。

150826b04lazio02.jpg

レバクーゼンのチームバスが到着!しかし、ラツィオのバスは逆側から入ったようで、入場の様子は見れず……

150826b04lazio03.jpg

いつもと空気が違うBayarenaの中。

150826b04lazio04.jpg

ラツィオ側は横断幕も張り終えて臨戦態勢!

150826b04lazio05.jpg

ラツィオのキーパーがアップにピッチに出てきた。ブーイングと応援で一気にカオスに!

150826b04lazio06.jpg

こちらもレノがピッチに。

150826b04lazio07.jpg

ラツィオのフィールドプレイヤーもピッチに。ウルトラスへ挨拶。

150826b04lazio08.jpg

ピオリ監督もフィールドでアップを見守る。

150826b04lazio09.jpg

ラツィオ、アップ開始!

150826b04lazio10.jpg

Werkselfもピッチに!

150826b04lazio11.jpg

キースリング。

150826b04lazio12.jpg

クラマーとベンダー。

150826b04lazio13.jpg

選手入場を前に大いに盛り上がるゴール裏!

150826b04lazio14.jpg

遂に選手入場!!

150826b04lazio15.jpg

150826b04lazio16.jpg

150826b04lazio17.jpg

両チーム握手の後、集合写真。

150826b04lazio18.jpg

試合前の祈り。

150826b04lazio19.jpg

気合を入れあう若き守備の要。

150826b04lazio20.jpg

キャプテンが試合開始前に握手を交わす。

150826b04lazio21.jpg

そしてついに前半開始!

150826b04lazio22.jpg

激しい攻防が序盤から続く。キースも削られ、厳しい表情。

150826b04lazio23.jpg

ハイボールを競り合うキースリング。前線で起点となり続けた。

150826b04lazio24.jpg

レバクーゼンが圧すものの、なかなか点が入らない展開を打破したのはチャラヌル!
ゴール前でのクリアミスを拾うと豪快に蹴り込んで試合を振り出しに戻す!!

150826b04lazio25.jpg

1-0のまま、前半が終了。後半に全てをかける。

150826b04lazio26.jpg

150826b04lazio27.jpg

そして後半にむけて選手がピッチに戻ってくる。

150826b04lazio28.jpg

気合を入れあうメフメディとベララビ。

150826b04lazio29.jpg

運命の後半開始!

150826b04lazio30.jpg

後半も序盤から激しい攻防が続く。

150826b04lazio31.jpg

しかし、ラツィオのミスからメフメディが抜け出し、勝ち越しに成功!レバクーゼンが有利に!!

150826b04lazio32.jpg

ターも安定した守備で後方を支えていました。

150826b04lazio33.jpg

勝ち越されてからラツィオ側に焦りが見え始め、プレイも荒くなっていきました。
競り合いでキースを倒したマウリシオにイエロー。

150826b04lazio34.jpg

チャラヌルのFKは何度もラツィオゴールを脅かしました。

150826b04lazio35.jpg

追いかけるラツィオに不運が。突破しようとしたキースリングを足を上げて阻止したマウリシオに二枚目のイエロー提示。
余りにも痛い退場となりました。

150826b04lazio36.jpg

スパイクが脱げるほどの激しいスライディングを食らい、相手にカードが出されないことに怒るベララビ。

150826b04lazio37.jpg

チャラヌルに代わってブラント投入!

150826b04lazio38.jpg

150826b04lazio39.jpg

そのブラントがキースリングのヘッドからの繋ぎに反応し30m独走!最後はベララビに渡して試合を決定付ける3点目!
決まった瞬間、パパとレノも抱き合って喜ぶ!

150826b04lazio40.jpg

その後も得点を狙い、攻め手を緩めないレバクーゼンと1点でも返したいラツィオが激しい攻防は続く!

150826b04lazio42.jpg

150826b04lazio43.jpg

150826b04lazio44.jpg

そしてホイッスル!ラツィオに反撃を許さず、レバクーゼンが完勝!
チャンピオンズリーグ進出が決定しました!

150826b04lazio45.jpg

最後まで応援してくれたウルトラスの元へと歩くラツィオのイレブン。

150826b04lazio46.jpg

150826b04lazio47.jpg

150826b04lazio48.jpg

150826b04lazio49.jpg

ウルトラスと共にチャンピオンズリーグ進出を祝うWerkself!!

試合前からソン・フンミンがスパーズへ移籍するという話題が持ち上がり、難しい状況での試合となりましたが、
それをも跳ね返し、ラツィオに完勝したのは今後に繋がる素晴らしい経験をチームに植えつけたはず。
チャンピオンズリーグはバルセロナ、ASろーま、BATEバリコフと難敵ぞろいのグループとなりましたが、
突破もけして無理ではないはず。なんとかグループリーグ突破を突破し、ノックアウトラウンドに進んで欲しいです。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村


プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR