【DBL】Eintracht Frankfurt - Bayer 04 Leverkusen 【第34節】

先週土曜はブンデスリーガ最終節。
レバクーゼンはアイントラハト・フランクフルトと敵地コメルツバンク・アレナでの対戦となります。
既に順位が確定しており、この試合の結果はなんら影響を与えはしないものの、
来季へ向けて気持ちよく終わりたい試合でした。

150523SGEB0401.jpg

コメルツバンクアレナ。いや、デカい!

150523SGEB0402.jpg

今日はアウェイブロックからの観戦です。非常に見やすいスタでしたが、
観客側の階段が若干、降りるときが怖い感ありでした。

150523SGEB0403.jpg

この時点ではさすがにウルトラスの居る立見席も人影はまばら。

150523SGEB0404.jpg

フランクフルト側は断幕準備中でした。

150523SGEB0405.jpg

試合開始1時間前くらいからレバクーゼンウルトラスが応援を開始!

150523SGEB0406.jpg

150523SGEB0407.jpg

150523SGEB0408.jpg

ピッチ状態の確認に選手が登場。非常にリラックスした様子で談笑してました。

150523SGEB0409.jpg

ピッチにアップに真っ先に出てきたのはトラップ。

150523SGEB0410.jpg

そしてレノも登場!

150523SGEB0411.jpg

この日の控えはイェルデルでした。

150523SGEB0412.jpg

150523SGEB0413.jpg

フランクフルトのフィールドプレイヤーがピッチに登場。そのままランニングで体を温め始めました。

150523SGEB0414.jpg

レバクーゼン側もピッチに登場!!

150523SGEB0415.jpg

レバクーゼン側ウルトラスは断幕を準備。

150523SGEB0416.jpg

150523SGEB0417.jpg

サブ組は非常に狭く輪を作った上で鳥篭。狭い中でのパスを回す普段の練習のミニ版をやってました。

150523SGEB0418.jpg

レバクーゼン側のスタートエルフ発表。

150523SGEB0419.jpg

アップ中のWerkselfに熱い応援を送るウルトラス。

150523SGEB0420.jpg

150523SGEB0421.jpg

シュート練習。ベララビは非常に快調な様子でした。

150523SGEB0422.jpg

150523SGEB0423.jpg

150523SGEB0424.jpg

150523SGEB0425.jpg

レバクーゼン側がチャントを歌う中、フランクフルトのHymneからのコレオ!
ちょっとゾクゾクッとする格好良さでした。やるなぁ。

150523SGEB0426.jpg

150523SGEB0427.jpg

150523SGEB0428.jpg

選手入場!!!

150523SGEB0429.jpg

150523SGEB0430.jpg

両軍握手を交わし、コイントスによる先行決めをする中……

150523SGEB0431.jpg

150523SGEB0432.jpg

150523SGEB0433.jpg

フランクフルトはファンへの感謝の断幕をキックオフ前に披露。
普通、試合後にやらんか、こういうの?

150523SGEB0434.jpg

150523SGEB0435.jpg

レバクーゼンボールで前半キックオフ!

150523SGEB0436.jpg

150523SGEB0437.jpg

開始早々に先制を許すも(でも、明らかにオフサイドなのに流された……)
ベララビが目の覚めるようなシュートを叩き込んで同点に!

150523SGEB0438.jpg

その後はレバクーゼンが再三攻めるものの、フランクフルト側が水際で何とか守るという展開が続く。

150523SGEB0439.jpg

150523SGEB0440.jpg

前半終了。CKからのこぼれ球の処理ミスから失点を許し、2-1とリードを許すことに。

150523SGEB0441.jpg

ハーフタイムにはキックターゲットゲームを。賞品はフランクフルトの胸スポンサーのアルファロメオのジュリエッタ!

150523SGEB0442.jpg

ロルフェス、アップ中。

150523SGEB0443.jpg

150523SGEB0444.jpg

両軍選手がピッチに登場。

150523SGEB0445.jpg

後半開始!

150523SGEB0446.jpg

ゴール前でFKのチャンスを獲得!

150523SGEB0447.jpg

しかし、チャラヌルのFKは壁に当たる。しかし、コーナー獲得!

150523SGEB0448.jpg

クリア時にセフェロビッチ?のスライディングを食らい、ベヌシュが痛むなど、
結構荒れ気味になった後半。

150523SGEB0449.jpg

150523SGEB0450.jpg

チームの再度の同点、そして逆転を信じて熱い応援を続けるウルトラス。

150523SGEB0451.jpg

150523SGEB0452.jpg

150523SGEB0453.jpg

激しく動き回る展開にサンブラーノが足を攣る。ベララビが介抱していました。

150523SGEB0454.jpg

なんとか風穴を開けようと奮闘するWerkself!

150523SGEB0455.jpg

150523SGEB0456.jpg

遂にロルフェス投入!!

150523SGEB0457.jpg

最後までギリギリの攻防が繰り広げられました。


150523SGEB0459.jpg

ウルトラスは金網に登り、選手たちの戦いを見守る。

150523SGEB0458.jpg

150523SGEB0460.jpg

150523SGEB0461.jpg

試合は、レバクーゼンの攻撃を最後まで防ぎきり、1点のリードを守りきったフランクフルトが勝利となりました。

150523SGEB0462.jpg

150523SGEB0463.jpg

150523SGEB0464.jpg

150523SGEB0465.jpg

150523SGEB0466.jpg

最後まで応援を送り続けたウルトラスに自身のシャツを投げて感謝するWerkselfの面々。

150523SGEB0467.jpg

150523SGEB0468.jpg

レヴァンドフスキの追撃も及ばず、マイヤーが14/15シーズンの得点王に!

150523SGEB0469.jpg

チーム全員に感謝をするマイヤー。

スパヒッチの契約解除、パパの負傷に加えてトプラクの累積警告によるCBの不足により、
シュミット監督はベンダーとイェドバイのコンビを組ませ、ライナルツとチャラヌルをボランチに、
右サイドバックには本来左が主戦場のベヌシュを起用すると言う布陣で臨んだものの、
急造のぎこちなさは抜けず、結局それが足かせになったような感じでした。
既に順位は確定した消化試合に近いものであったこの試合を、
来季に向けたテストに用いたとも考えれば、このスクランブル布陣は少し納得が行くような気も。
この試合から得られたデータは貴重なものになるでしょうし、
来季に向けての補強の施策の手助けにもなるものと信じます。

この試合でロルフェスはユニを脱ぎ、第二の人生に望むことになりました。
レバクーゼンに10年間在籍し、チームを支え続けた彼の行く先に幸多からんことを祈ります。
そして、ライナルツもユースからのべ16年間所属したチームを去り、フランクフルトへ、
同じく16年間をレバクーゼンで過ごしたカストロもドルトムントへの移籍が発表されました。
別れは辛いですが、新天地での活躍を祈ります。
来季は全力でブーイングしますから!!

そしてこれで14/15シーズンは終わり。8月に開幕する15/16シーズンまでは暫しの休みとなります。
その間は移籍市場を眺めつつ、その報道に一喜一憂したいと思います。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

【DBL】Eintracht Frankfurt - Bayer 04 Leverkusen 【今日の一枚】

昨日はブンデスリーガ公式戦最終戦を見にフランクフルト、コメルツバンクアレナへ行って来ました。
非常に綺麗で見やすい、いいスタジアムでしたよ!
取り急ぎ、今日の一枚をアップします。

fotovomtag150523.jpg

最終戦のフランクフルトサポによるコレオ。
スタジアムの雰囲気も含めて、非常に美しく、雄雄しいものでした。
また遠征に来たい、そう思わせるものが此処にはありました。

【5.Liga】 Bonner SC - Alemannia Aachen II 【第27節】

5月17日は地元の5部リーグに所属しているBonner SCの試合があり、
Pokalfinaleの半券を持っている人は半額で入場可能とのことだったので、
観戦に行って来ました。
現在、5部リーグで2位につけており、首位との差は4ポイント!
今回の対戦相手はアレマニア・アーヘンIIで現在7位。
ポカール準決勝ではトップチームに2-1と勝利しており、
今日も勝って首位との差を縮めたいところです。

150517BSCAAC01.jpg

試合開始一時間半前にSportspark Nordに到着。
さすがに待っている人は少なかったです。

150517BSCAAC02.jpg

Bonner SCのトラックは既に待機中!

150517BSCAAC03.jpg

アレマニア・アーヘンのスタッフさんの車も到着してた。

bscticket.jpg

問題なくチケットもゲット!全席7ユーロと安かった。

150517BSCAAC04.jpg

150517BSCAAC05.jpg

BSCの選手がアップに登場!リラックスした様子でした。

150517BSCAAC06.jpg

150517BSCAAC07.jpg

軽いランニングの後、先発組は鳥篭開始。

150517BSCAAC08.jpg

続いてストレッチ。

150517BSCAAC09.jpg

アーヘン側の選手もピッチに登場。ベンチには伊藤卓選手も!

150517BSCAAC10.jpg

チームの練習をじっと見つめるBSCのDaniel Zillken監督。

150517BSCAAC11.jpg

BSCを応援する断幕。

150517BSCAAC12.jpg

バックスタンドの立見席にもBSCのウルトラスが断幕を準備中。

150517BSCAAC13.jpg

一方、アーヘン側の席には人っ子一人無し……

150517BSCAAC14.jpg

BSCのウルトラスは準備万端!

150517BSCAAC15.jpg

150517BSCAAC16.jpg

150517BSCAAC17.jpg

選手入場!!

150517BSCAAC18.jpg

両軍、握手を交わしてピッチへ散る!

150517BSCAAC19.jpg

オーロラヴィジョン横では青いスモーク焚かれ、BSCを鼓舞!!

150517BSCAAC20.jpg

コイントス。

150517BSCAAC21.jpg

150517BSCAAC22.jpg

両軍とも円陣を組み、気合を入れる!

150517BSCAAC23.jpg

BSCボールで前半キックオフ!

150517BSCAAC24.jpg

先制はBSC!立ち上がりでゲームがゴチャゴチャしている中、個人技で右サイドを突破したSomuah選手が
豪快に蹴り込んで1-0!

150517BSCAAC25.jpg

ピッチ脇から戦況を見つめるHoltコンディショニングコーチ。

150517BSCAAC26.jpg

BSCは先制して余裕を持って試合を進めていました。コーナーからも空中戦で再三チャンスを作る!

150517BSCAAC27.jpg

中盤の要で、試合中もあちこちに顔を出していたSchröer選手。
攻守に非常に効いていました。

150517BSCAAC28.jpg

アーヘン側もコーナーなどのリスタートで得点を狙う。

150517BSCAAC29.jpg

しかし、次の得点もBSC!Schröer選手がカウンターからきっちりボールをアーヘンゴールに沈めて2-0に!

150517BSCAAC30.jpg

快調なチームにウルトラスも大喜び!

150517BSCAAC31.jpg

150517BSCAAC32.jpg

BSCはアーヘン側をさらに攻め立て、Eckert選手もTooooooor!!!
これでリードは3点に!

150517BSCAAC33.jpg

150517BSCAAC34.jpg

そして前半終了。3-0での折り返しと素晴らしい前半でした。

150517BSCAAC35.jpg

HTを終えて選手がピッチに再び登場。BSC側は笑顔も出ていました。

150517BSCAAC36.jpg

後半開始!

150517BSCAAC37.jpg

150517BSCAAC38.jpg

150517BSCAAC40.jpg

後半になり、BSC側は少し前半での攻め疲れが出たか、少々動きが止まる時間帯が。
アーヘン側に少し流れが来たように感じました。

150517BSCAAC39.jpg

この試合初のカード。アーヘン側のラフプレーでした。

150517BSCAAC41.jpg

交替した選手はピッチ脇でじっと戦況を見守ります。

150517BSCAAC42.jpg

膠着した状況を打破したのは再びSchröer選手!
見事なカウンターからのTor!Doppelpaclで4-0に!!

150517BSCAAC43.jpg

150517BSCAAC44.jpg

試合はその後は動かず、4-0でBSCの勝利!
場内アナウンスで首位だったチームがこの時点ではリードを許していることが告げられると、
スタンドは大いに沸いていました。

150517BSCAAC45.jpg

先制ゴールのSomuah選手がスタンドで観戦のご両親の元へ駆けて喜びを分かち合っていました。
こういうスタンドと選手との距離の近さが下部リーグの醍醐味かも。

150517BSCAAC46.jpg

この試合では出番の無かった伊藤選手にSchröer選手が握手して激励していました。

150517BSCAAC47.jpg

150517BSCAAC48.jpg

バック、メイン両スタンドのファンに挨拶に来た選手達。

150517BSCAAC49.jpg

選手全員のサインが書かれたユニを貰った小さなサポ。嬉しがった様子を見て選手達も非常に喜んでいました。

下部リーグの公式戦を見たのは今回が最初でしたが、非常にアットホームな雰囲気が印象的でした。
『オラが街のチーム』を非常に大事にしている感じで、選手とサポの距離も近く、
そこが魅力なのかもしれません。観客数266人と少ないものの、それを感じない熱い応援もあり、
改めてフットボールの魅力を見つけたように思います。本当に楽しい試合でした。
5月31日には首位のチームとの試合がホームで開催(しかもホーム最終戦です!)されるので、
こちらも足を運ぼうと思います。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

【DBL】Bayer 04 Leverkusen -TSG Hoffenheim【第33節】

5月16日はブンデスリーガは第33節が一斉に行われました。
LeverkusenはHoffenheimをホームBayarenaに迎えての試合となります。
ホーム最終戦、そして何よりも今シーズンで引退を表明したKapitänのRolfesと、
今シーズンで契約切れとなるRainartzのホーム最終戦!
是非とも勝利で終えたい試合でした。

150516B04TSG01.jpg

この試合で来季のホームユニがお披露目に。スタジアムアナのKrausさんとPipi女史も新ユニで登場でした!

150516B04TSG02.jpg

背番号はもちろん04!!

150516B04TSG03.jpg

まずピッチに姿を見せたのはHoffenheimのBauman。

150516B04TSG04.jpg

続いてLeno!

150516B04TSG05.jpg

ゴール裏は断幕の用意中。

150516B04TSG07.jpg

150516B04TSG08.jpg

Hoffenheimのフィールドプレーヤーがアップに登場。

150516B04TSG09.jpg

Volland選手。Firminoが累積で出場停止となっていたため、Hoffenheimの攻撃の片翼は捥がれた状態でした。

150516B04TSG10.jpg

150516B04TSG11.jpg

150516B04TSG12.jpg

Leverkusen側もピッチに!

150516B04TSG13.jpg

Szalai選手はベンチスタートでした。

150516B04TSG14.jpg

ショートパス交換を行う中盤の三枚。(Bellerabi、Çalhanoğlu、Son)

150516B04TSG15.jpg

ストレッチ開始。

150516B04TSG16.jpg

今日の主審のHartmannさんもアップしていました。

150516B04TSG17.jpg

Rolfesのホームラストゲームと言うことで、チーム全体が何時も以上に気合が入っている感じでした。

150516B04TSG18.jpg

スタを来季のユニを象った旗が一周!

150516B04TSG19.jpg

ゴール裏にはRolfesのゲーフラも!

150516B04TSG20.jpg

150516B04TSG21.jpg

150516B04TSG22.jpg

選手入場!!

150516B04TSG23.jpg

両軍、握手を交わしてピッチへ散っていき……

150516B04TSG24.jpg

150516B04TSG25.jpg

Hoffenheimボールで前半キックオフ!

150516B04TSG26.jpg

両軍共に序盤からプレスでボールを奪ってからの素早いカウンターを狙う激しい試合に。

150516B04TSG27.jpg

ゴール前でKießが倒され、得点のチャンス!

150516B04TSG28.jpg

スプレーでラインを描く主審。

150516B04TSG29.jpg

ÇalhanoğluのFKはBaumanがセーブも、素晴らしいコースでした。
得点の予感をガンガン感じるキック!

150516B04TSG30.jpg

Polanski選手は、中盤での潰し屋としてガツガツ当たって来ました。

150516B04TSG31.jpg

150516B04TSG32.jpg

150516B04TSG33.jpg

試合の均衡が動いたのは前半終了直前!Çalhanoğluが無回転FKを叩き込んでLeverkusen先制!!!

150516B04TSG34.jpg

そして、得点後すぐに前半終了。いい形での折り返しです!

150516B04TSG35.jpg

控え選手はHTに体を動かしてました。

150516B04TSG36.jpg

150516B04TSG37.jpg

HTを終えて両軍選手が再びピッチに!

150516B04TSG38.jpg

キックオフ直前まではリラックスした感じ。BellarabiはVollandと談笑していました。

150516B04TSG39.jpg

Rolfesをホームで見れる時間も後わずか……

150516B04TSG40.jpg

後半キックオフ!!

150516B04TSG41.jpg

150516B04TSG42.jpg

後半も激しい競り合い、プレスでの潰し合いが繰り広げられました。

150516B04TSG43.jpg

まず動いたのはLeverkusen。調子が今一上がらなかったSonに代えてBrandt投入!

150516B04TSG44.jpg

150516B04TSG45.jpg

150516B04TSG46.jpg

待望の追加点!中盤でのボールカットからのカウンターからKießが決めてリードは2点に!!

150516B04TSG47.jpg

Hoffenheimは前線に駒を増やすべくSalihovicを投入。

150516B04TSG48.jpg

150516B04TSG49.jpg

Leverkusenもさらに前掛りになったHoffenheim守備陣の裏を狙う!

150516B04TSG50.jpg

ReinartzとModesteの競り合い。高さでもHoffenheimに負けず、セカンドボールをより取りやすくなっていました。

150516B04TSG51.jpg

Hoffenheim、ジョーカーのSzalaiも投入してパワープレイに移行!

150516B04TSG52.jpg

150516B04TSG53.jpg

遂にこの時が……Rolfesは後半途中でピッチを去り、Castroがピッチに!!

150516B04TSG54.jpg

迫力ある前線の攻撃を防ぎ続けたLeverkusen守備陣。Toprakは読みも鋭く、Jedvajと共に奮闘していました。

150516B04TSG55.jpg

そしてホイッスル!Hoffenheimに反撃を許さず、2-0でLeverkusenが勝利!
チームを去るRolfesとReinartzへの最高の手向けとなりました!

150516B04TSG56.jpg

150516B04TSG57.jpg

150516B04TSG58.jpg

試合が終われば、お互いを讃えあう。美しい光景があちこちで見られました。

150516B04TSG59.jpg

Brianもチームと喜びを分かち合います。

150516B04TSG60.jpg

チームを応援に遠路駆けつけたサポへ挨拶に向うHoffenheimの面々。

150516B04TSG61.jpg

ウルトラスはRolfesとReinartzを讃える横断幕を掲げていました。

150516B04TSG62.jpg

150516B04TSG63.jpg

150516B04TSG64.jpg

150516B04TSG65.jpg

チーム側も一年間のサポートに感謝する横断幕を掲げての場内一周!

150516B04TSG66.jpg

ウルトラスに指名され、ゴール裏に赴くRolfes。

150516B04TSG67.jpg

Reinartzも同じく壇上に!

150516B04TSG68.jpg

BVBへの移籍が取りざたされ、契約延長に難色を示しているCastroも呼ばれました。
ちょっと複雑……

150516B04TSG69.jpg

Rolfesたちの煽りに応えるウルトラス!!!

150516B04TSG70.jpg

そして勝利の喜びを爆発させてのモッシュ!!!

150516B04TSG72.jpg

ウルトラスとハイタッチで喜びを分かち合う選手達!!!

この試合で今季のホーム戦は全て終了、しかも10年間チームに在籍したRolfesの引退試合、
そしてチームを去るReinartzのBayerでの最終試合と色々な要素が含まれ、
本当に勝ちたい試合でした。それだけに、今季を象徴する形での勝利は非常に嬉しいものでした。
FKという飛び道具と、前線からの激しいプレスからのボール奪取、そして即座に発動するハーフカウンター。
今季はこの2つが今までのチームに加わったことで、大きな変化がついたと思います。
後者は特にSchmidt監督の手腕によるものが大。
ここまで攻撃的なチームになるとは、シーズン前は予想していなかっただけに、
自分的には嬉しい誤算でした。
最も、諸刃の剣ともいえる守備面では脆さも露呈。特にカウンターを得意とする堅守速攻型への対応には、
最後まで対策が採り切れなかった感が強いのも事実。
それをどう対処していくのか。来季への期待は高まるばかりです。
次はフランクフルトでのアウェイ戦。最後もきっちり勝って、有終の美を飾って欲しいです。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

続きを読む

ミッテルラインポカール決勝戦 ヴィクトリア・ケルン-ボナーSC

5月14日は全欧州的に休日。
ちょうどボンで行われるミッテルラインポカール決勝戦を見に行って来ました。
地元のボナーSCが決勝に進出したと言うことで、今日はボナーSC側での観戦です。

150514FCVBSC01.jpg

1時半くらいにスタに入場。ボナーSCの選手はアップ中でした。

150514FCVBSC02.jpg

ボナーSCのウルトラスの面々。

150514FCVBSC03.jpg

対戦相手、ヴィクトリア・ケルンのウルトラス。

150514FCVBSC04.jpg

この試合はWDRでテレビ中継されていました。

150514FCVBSC05.jpg

スターティングラインナップ発表で一気に盛り上がるボナーSCウルトラス。

150514FCVBSC06.jpg

バックスタンド側にも別のグループが!こちらも負けずに盛り上がります。

150514FCVBSC07.jpg

ボナーSCの応援バナー。

150514FCVBSC08.jpg

ボンのヘッドコーチ、Michael Braun氏。監督より目立ちまくってました。

150514FCVBSC09.jpg

150514FCVBSC10.jpg

150514FCVBSC11.jpg

選手入場!!

150514FCVBSC12.jpg

紙ふぶきが舞い上がる応援席。凄いきれいな光景でした!

150514FCVBSC13.jpg

150514FCVBSC14.jpg

試合前の写真撮影。皆、気合入ったいい顔してます!

150514FCVBSC15.jpg

優勝カップの扱いがなんだか酷い気がするのは俺だけでしょうか?

150514FCVBSC16.jpg

試合前、円陣を組んで気合を入れる。

150514FCVBSC17.jpg

ヴィクトリア・ケルンボールで前半キックオフ!

150514FCVBSC18.jpg

ライオンくん(名前分からない)もベンチから応援!!

150514FCVBSC19.jpg

サイドからヴィクトリアゴールに迫るボナーSC。サイドからの抉りを徹底していました。

150514FCVBSC20.jpg

しかし、先制したのはヴィクトリア。カウンターからの得点でした。

150514FCVBSC21.jpg

ただ、空中戦ではボンが優勢!サイドからのクロスの対応はほぼ完璧でした。

150514FCVBSC22.jpg

その頑張りに応えるべく、前線も奮起!鮮やかなカウンターから10番のEckertがゴール!
試合を振り出しに戻します。

150514FCVBSC23.jpg

しかし、ヴィクトリアにゴラッソが飛び出し、再びリードを許すことに。

150514FCVBSC24.jpg

再びのリードに盛り上がるヴィクトリアサポ。

150514FCVBSC25.jpg

中盤でのボール奪取、プレスの展開はヴィクトリアが一枚上手で、ボン側はその対応に苦労していました。

150514FCVBSC26.jpg

前半は、ヴィクトリアがリードしたまま折り返しに。

150514FCVBSC27.jpg

150514FCVBSC28.jpg

HTを終えてピッチに再び姿を見せた両チーム。

150514FCVBSC29.jpg

ボン側のキックオフで後半開始!

150514FCVBSC30.jpg

開始早々のピンチもキーパーの好守で得点を許さず!

150514FCVBSC31.jpg

中盤でのパスカットから飛び出したMusculusがキーパーと一対一に!
しかし、飛び出しが一歩早くゴールにはならず。しかし、交錯した際に頭に足が入ってプレイは一時中断に。

150514FCVBSC32.jpg

後半はお互いの意地がぶつかり合い、激しいプレイが随所に見られました。

150514FCVBSC33.jpg

後半から投入されたSchmidt。なんとかヴィクトリアの守備をこじ開けようと奮闘していました。

150514FCVBSC34.jpg

後半途中からヴィクトリア側に少しずつダーティなプレイが多く見られるようになったものの、
主審がそれを流し続け、少しスタンド側が殺気立っていました。
特に明らかにPKというプレイを流したことで完全にボン側は審判に対していきり立っていました。

150514FCVBSC35.jpg

後半に1点をもぎ取られるも、必死に点を返そうと体を張る選手達!

150514FCVBSC36.jpg

150514FCVBSC38.jpg

一方、スタッフさん達は優勝のビールの用意を始めました。

150514FCVBSC37.jpg

コーナー、FKから何度も得点を狙うものの、なかなか堅守をこじ開けることが出来ず。

150514FCVBSC39.jpg

試合は終了間際にも1点を取ったヴィクトリア・ケルンが4-1で勝利。

150514FCVBSC40.jpg

150514FCVBSC42.jpg

150514FCVBSC44.jpg

勝利に沸くヴィクトリア。

150514FCVBSC41.jpg

150514FCVBSC43.jpg

悔しさを堪えつつ、最後まで応援してくれたサポへ挨拶するボナーSC。

150514FCVBSC45.jpg

表彰も終わり、客席まで来たBraunコーチ。
4部や5部の醍醐味は、選手やチームとサポとの距離が非常に近いことがあると感じました。
本当に『おらが街のチーム』という感じで、新鮮でした。
プレイは確かに粗かったり、スピード感に欠けるところはあるものの、
そういったものが気にならない面白さがあったのもまた事実です。
今後はこういった地場の試合にもちょくちょく、顔を出していきたいと思います。
フットボールの新しい楽しみ方を知った、そんな気持ちになれた試合でした。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村



続きを読む

練習見学

先日の火曜、今週最後の公開練習を見にレバクーゼンまで行って来ました。
シーズン内での練習見学は今回が最初。既にシーズン終わりかけですが、
実際にどのような練習をしているのか、非常に楽しみにしていました。

150512training01.jpg

本日は二部練習。第二部の16時からの練習を見てきました。選手は大体20分くらいからグランドへ姿を現しました。

150512training02.jpg

150512training03.jpg

開始前もファンサを行ってくれる選手も。ベンダーはやってくれてました。
逆にゴンゾは練習後がいいタイプ。なので、サインとか欲しければ練習後がいいと思います。

150512training04.jpg

朗報は、そのゴンゾがこの日の練習から復帰したこと!

150512training05.jpg

ロルフェスは広報さんと何やら話を。

150512training06.jpg

レノ。練習開始ギリギリにグランドに来てました。

150512training07.jpg

アップとグラウンド周りの軽いランニングで熱くなったのか、いきなり服を脱ぎ始めたチャラヌル。
実は天然さんだったんですね。プレシーズンイベントのときから感じてましたけど(笑)


150512training08.jpg

選手はバルトレットコーチの指導の下、ストレッチを開始。

150512training09.jpg

その様子を見守るシュミット監督。

150512training10.jpg

選手の飲むドリンクを用意するスタッフさん達。

150512training11.jpg

ストレッチが終わり、給水する選手達。

150512training12.jpg

150512training13.jpg

その後、ダッシュ計測を全員行う。腕には計測用のバンドを嵌め、登録してからダッシュしてました。

150512training14.jpg

ダッシュ終了後、集合。練習内容をシュミット監督が説明します。

150512training15.jpg

説明後、ビブスを着てピッチに散らばる選手達。

150512training16.jpg

PA内での鳥篭。ただし、パスを10回続けたら対面へパス、追っていたチームはすぐにそちらへ走りプレス開始、
というかなりキツい内容。

150512training17.jpg

鳥篭開始。

150512training18.jpg

150512training19.jpg

実戦ながらの激しいプレス、細かいパスでのいなしなど、試合でのエッセンスが凝縮された練習でした。

150512training20.jpg

150512training21.jpg

U19も南側の練習場で練習開始。ハイバラ監督も元気そうでした。

150512training22.jpg

鳥篭練習終了し、給水する選手達。

150512training23.jpg

一人、黙々と練習をこなすヒルベルト。全体練習には加わっておらず、今週末の試合も出場は難しそう……。

150512training24.jpg

給水後、次の練習を説明するシュミット監督。

150512training25.jpg

3/4くらいに狭めたピッチでの紅白戦開始です。

150512training26.jpg

150512training27.jpg

激しい接触も見られる、激しい紅白戦でした。白のビブスは攻める際に味方になるなど、
色々と状況を見て即座に『考える』ことをも選手に要求しているのが、練習を見ての感想でした。

150512training28.jpg

ティールGKコーチと話をするレノ。

150512training29.jpg

150512training30.jpg

150512training31.jpg

休憩を挟みつつ、紅白戦は続きます。試合はビブス無し組が3-1で勝利。

150512training32.jpg

練習後、グランドを出てきた選手にサインを貰ったり、セルフィを撮ったりするファン。
選手との距離が凄い近いのが、ブンデスのチームの特徴なのかなぁ、と思ったりします。

150512training33.jpg

なぜかチェルシーのジャージを着ていたので思わず撮ってしまった子(苦笑)

150512training34.jpg

最後まで居残りで練習をしていたドナーティ。

150512training35.jpg

小さい子や女の子には屈んで近くに来てくれるレノ。こういう所にも気遣いを感じます。

風が強く、少々肌寒さも感じたものの、非常に実りある練習見学になりました。
一年目での今までの堅守速攻型からの脱皮の秘訣は、こういった日々の練習の積み重ねもあったのだ、
と改めて感じました。シュミット監督の戦術指導力の高さと、戦術構成力の高さは凄まじいの一言。
それまで余り目立つ存在ではなかったパダボーンを鍛え上げて昇格寸前までチーム力を引き上げ、
ザルツブルグを二年でオーストリア最強チームにまで仕立て上げたのは、
その指導力によるものだと改めて感じました。
今シーズン、課題もまた多く残っているだけに、シュミット監督が如何に今シーズンのチームを
『破』っていくのか、どのように仕立て上げるのかが非常に楽しみです。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村


【DBL】Borussia Mönchengladbach - Bayer 04 Leverkusen 【第32節】

先週金曜から日曜にかけてブンデスリーガは第32節が行われました。
我がバイヤー・レバクーゼンは、ボルシア・メンヘングラッドバッハとの3位をかけた直接対決!
敵地、ボルシア・パークでの決戦に臨みます。

150509BMGB0401.jpg

DBが機関紙組合のストによる運行休止で急遽車での参戦になり、かなり早めにスタに到着!
街の郊外に聳え立つボルシア・パークの姿はとても勇壮でした。

150509BMGB0402.jpg

レバクーゼンサポもバスをチャーターして参戦しています。決戦前とは思えない、非常に穏やかな時間でした。

150509BMGB0403.jpg

スタの開門と同時に入場。ちびっ子サッカーを観戦。

150509BMGB0404.jpg

これが、なかなかどうして、面白い。レバクーゼンサポもちびっ子メングラチームのゴールには歓声を上げていました。

150509BMGB0405.jpg

ちびっ子サッカーも終わり、少しずつ意気が上がってきたウルトラス。

150509BMGB0406.jpg

ピッチを確かめに現れたWerkself!!

150509BMGB0407.jpg

まず、ピッチに現れたのはゾマー。

150509BMGB0408.jpg

続いてレノ!

150509BMGB0409.jpg

150509BMGB0410.jpg

メングラ側の選手がアップに!

150509BMGB0411.jpg

なんか黒いのも選手と来た!!Jünterでしたっけかね、名前?

150509BMGB0412.jpg

そして我らがWerkselfも登場!!

150509BMGB0413.jpg

いや、ボルシア・パークは綺麗なスタですねぇ。気に入りました!

150509BMGB0414.jpg

シュート練習に集合した面々。

150509BMGB0415.jpg

150509BMGB0416.jpg

150509BMGB0417.jpg

150509BMGB0418.jpg

選手入場!!!

150509BMGB0419.jpg

150509BMGB0420.jpg

両軍握手の後、ピッチに散っていく。

150509BMGB0421.jpg

レバクーゼンボールで前半スタート!

150509BMGB0422.jpg

前半から積極的に攻勢をかけるレバクーゼン。しかし、ゾマーを中心とした守備ブロックの前になかなか得点機は作れず。

150509BMGB0423.jpg

前半のビッグチャンス。キースリングがオフサイドを取られ、ノーゴールになりましたが、
これがオンサイドであったならば……つうかオンだったろこれ

150509BMGB0424.jpg

前半は両者譲らず、スコアレスでの折り返しに。

150509BMGB0425.jpg

ハーフタイム。

150509BMGB0426.jpg

150509BMGB0427.jpg

ハーフタイムを終えてピッチに戻ってきた両軍選手。

150509BMGB0428.jpg

150509BMGB0429.jpg

後半、メンヘングラッドバッハボールでキックオフ!

150509BMGB0430.jpg

後半も攻勢に出たのはレバクーゼンでした。

150509BMGB0431.jpg

しかし、先制したのはグラッドバッハ!素早いリスタートで守備体制の整わぬレバクーゼンの薄い最終ラインを破り、
クルーズが先制ゴール。

150509BMGB0432.jpg

そしてそのすぐ後にはゴール前のFKのこぼれ球をヘアマンに決められ、2-0とリードを広げられます。

150509BMGB0433.jpg

終了間際に途中交代のトラオレにもゴラッソを決められ、3-0の完敗で4位がほぼ確定となりました……

150509BMGB0434.jpg

150509BMGB0435.jpg

最後までチームを応援し続けた俺たちサポの元に挨拶に来たWerkself。

150509BMGB0436.jpg

ボルシア・パークには本当に久々のレバクーゼン戦勝利に燃えるメンヘングラッドバッハサポたちの勝利の凱歌が鳴り響いていました。

今回は完敗と言わざるを得ない試合でした。守備陣に経験豊富なスパヒッチが居れば……とか、
FKの邪魔をしてカードを貰ってでも守備体制を整える時間を作ろうとするゴンゾが居れば……などと、
たらればが何度も出てしまう、悔しさ。まだ若いチームの悪い面が出たとも言えるでしょう。
ただ、同時にシーズンを通して課題となっていた、引いた相手をいかにして崩すかと言う問題は、
今シーズンでは解消は出来ずに終わりそうです。こればかりは、一朝一夕には出来ない問題ですし、
選手間の連携も関わってくる問題です。
まずはカウンター主体だったチームがここまでアグレッシブで攻撃的なチームへと変貌したことを、
褒めるべきだと思います。守破離で言えば『守』をシーズンを通してやってきたわけで、
来季以降はそのシュミット監督の戦術を状況に応じてよりよく『破』っていくことが重要となってくるでしょう。
残り二試合はいずれも攻撃型のチームであり、相性的には良いと言えます。
ここで今季を綺麗な形で終えて、来季に繋がる形を作って欲しいと思います。
次はホーム最終試合のホッフェンハイム。まだ微かとはいえ、3位の可能性は残っているだけに、
全力を持って試合に臨んで欲しいです。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村


【DBL】Borussia Mönchengladbach - Bayer 04 Leverkusen 【今日の一枚】

昨日はメンヘングラッドバッハへ遠征、3位4位の直接対決を観戦に行って来ました!
天候こそあまり良くはなかったものの、懸念された雨は降らなかったので、
まずまずといったところ!
取り急ぎ、昨日の一枚を!

fotovomtag150509.jpg

スタジアム全体がサポが回すマフラーで緑にうねり、声が壁に響いて沸きあがる猛獣のような重音!
ボルシアパークは非常にいいスタジアムでした。
GDLのストにより観客動員が心配されましたが、このような雰囲気で直接対決が行えたことが嬉しいですね。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

【DBL】Bayer 04 Leverkusen -Bayern München【第31節】

先週土曜は、Bayarenaにてバイエルン・ミュンヘンとの試合が行われました。
前節で優勝を決めたバイエルンは、水曜にバルセロナとのCL準決勝1stレグを控え、
選手を温存してくるのか、非常に興味ある一戦となりました。

B04FCB15050201.jpg

Bayarenaに到着。既に多くのバイエルンサポが来ていました。道中、多くの『チケット難民』を発見。
ビッグマッチなんだなぁ、と改めて感じました。

B04FCB15050202.jpg

スカイの番組前、リラックスした様子の出演者の方々。一番右はメッツェルダーかしらん?

B04FCB15050203.jpg

バイエルン側が咲きにピッチに登場。ノイアーのサブがレイナって凄いよなぁ……

B04FCB15050204.jpg

我らがレノも引き続き登場!

B04FCB15050205.jpg

既にバイエルン側立見席は一杯に!

B04FCB15050206.jpg

B04FCB15050207.jpg

バイエルン側のフィールドプレイヤー、ピッチに!

B04FCB15050208.jpg

ヴァイザー。

B04FCB15050209.jpg

ガウディーノ。

B04FCB15050210.jpg

ハビ・マルチネス。

B04FCB15050211.jpg

ピサロ。燻し銀の貫禄ですなぁ。

B04FCB15050212.jpg

B04FCB15050213.jpg

Werkselfもピッチに!

B04FCB15050214.jpg

U19のベーダー。パパの離脱で手薄となったCBのバックアッパーに。

B04FCB15050215.jpg

ユルチェンコも久々のベンチ入り。

B04FCB15050216.jpg

レバクーゼンゴール裏もテンション上がってまいりました!

B04FCB15050217.jpg

B04FCB15050218.jpg

B04FCB15050219.jpg

B04FCB15050220.jpg

両軍のアップの様子。

B04FCB15050221.jpg

なぜか掲げられているボーフムの旗。

B04FCB15050222.jpg

エスコートキッズ一人一人と挨拶を交わすキースリング。

B04FCB15050223.jpg

相変わらず最前列には『レッドブルはいらねぇ!』フラッグと新しくスパヒッチフラッグがお目見え。

B04FCB15050224.jpg

B04FCB15050225.jpg

選手入場!!

B04FCB15050226.jpg

B04FCB15050227.jpg

B04FCB15050229.jpg

B04FCB15050231.jpg

B04FCB15050230.jpg

両軍、共に気合充分!

B04FCB15050228.jpg

バイエルンサポもチームに気合を入れる。

B04FCB15050232.jpg

B04FCB15050233.jpg

レバクーゼンボールで前半キックオフ!!!

B04FCB15050234.jpg

序盤から積極的に攻めるレバクーゼン。立て続けにコーナーを獲得、ゴールを狙う!

B04FCB15050235.jpg

スコアが動かないまま、前半終了。バイエルン側の危険なカウンターを凌ぎつつ、攻撃を続けた前半となりました。

B04FCB15050236.jpg

南側のオーロラヴィジョン横でピッチを眺めていた警護の警官隊の皆さん。

B04FCB15050237.jpg

B04FCB15050238.jpg

ハーフタイムを終え、ピッチに再び現れた両軍選手。

B04FCB15050239.jpg

B04FCB15050240.jpg

レバクーゼン側は非常にリラックスした感じが印象的でした。

B04FCB15050241.jpg

B04FCB15050242.jpg

後半、バイエルンボールでキックオフ!

B04FCB15050243.jpg

後半、バイエルンゴール前でFKのチャンス。しかし、スプレーってなんでこう、テンション上がるんだろう?

B04FCB15050244.jpg

チャラヌルの右足が振りぬかれ……

150502B04FCB45.jpg

放たれたボールはノイアーの手をも振り切ってネットに吸い込まれ、レバクーゼンが待望の先制点を挙げる!!!

B04FCB15050245.jpg

バイエルンもFKからチャンス。指示をだすシュヴァイニー。

B04FCB15050246.jpg

後半途中で投入されたブラント。

B04FCB15050247.jpg

B04FCB15050248.jpg

中盤でチアゴのドリブルをカットからのハーフカウンターをきっちり決めたブラント!
自身の19歳の誕生日を自らのゴールで祝う!!

B04FCB15050249.jpg

終盤、カードを貰ったベララビに代わり、ユルチェンコも投入!久々の出場です。

B04FCB15050251.jpg

B04FCB15050250.jpg

B04FCB15050252.jpg

B04FCB15050253.jpg

B04FCB15050254.jpg

B04FCB15050255.jpg

B04FCB15050256.jpg

B04FCB15050257.jpg

その後、バイエルンの反撃を最後まで押さえ込み、レバクーゼンが2-0で勝利!
アウェイ、そしてポカールでの借りを返す快勝となりました。

B04FCB15050259.jpg

ゴール裏に集まるWerkself。

B04FCB15050260.jpg

コールリーダーに呼ばれたのはブラント!ウルトラスを煽ります!!

B04FCB15050261.jpg

B04FCB15050262.jpg

B04FCB15050263.jpg

そして巻き起こる勝利のモッシュ!!!
最高の光景でした!!!

今回はレノが完璧なセービングでバイエルンの攻撃を防ぎとめたこと、
そして若手も居るとはいえ爆発力のあるバイエルンに対しディフェンスを常に高く保ち、
自身の戦術を貫き続けたことが上げられると思います。
怪我人も多く、チーム編成にも一苦労な状況ではあるものの、
チーム自体は好調を維持しており、メンヒェングラッドバッハとの天王山に向け、
いい形で迎えるのではないでしょうか?
バイエルンに関しては、ゲッツェの不振がそのまま結果に現れたように思います。
少なくとも後半のレノとの1対2の状況では確実に決めることが出来たはず。
それを決め切れなかったのは、彼の不振が非常に深刻であることの表れではなかったのか、と思います。
バルセロナ戦ではまた別の布陣となると思いますが、
非常に不安の残る試合になったのではないでしょうか?
今週末は初のメンヒェングラッドバッハ遠征。
最高の形で迎えられるのですが、問題はDBがストライキを強行してしまったことです。
その為、レンタカーでの参戦となりますが、サポの動員に悪影響が出ないことを祈りたいものです。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

続きを読む

【DBL】1.FC Köln - Bayer 04 Leverkusen【第30節】

先週の土曜、4月25日はアウェイでのRheinische Derby!
1.FCケルンとの戦いとなりました。
ホームでは5-1と文字通り粉砕しましたが、さて、アウェイではどうなるか?
非常に楽しみな一戦でした。

150425KOEB0401.jpg

ケルンウルトラスによるレバクーゼンサポへの無差別攻撃の情報があった為、
ウルトラスを含む多くのレバクーゼンサポはケルン駅のブレスラウナー・プラッツに集合しました。

150425KOEB0402.jpg

12時半過ぎ、スタジアムアナウンサーを勤めるPipi女史のアナウンスと共に移動開始!
レバクーゼンのチャントを謳いながらの大行進です!

150425KOEB0403.jpg

150425KOEB0404.jpg

市内行進の様子。

150425KOEB0405.jpg

途中、大雨に遭いつつも、ノイマルクトに到着!
ここで専用トラムを待ちます。

150425KOEB0406.jpg

警察車両にアンチケルンステッカーを貼っていった人が居たようで(笑)

150425KOEB0407.jpg

なんとかかんとか、ラインエナギーシュタディオンに到着!

150425KOEB0408.jpg

しかし、アウェイ側は人が少ないのか、一向に動く気配無し!
全員で跳ねつつ、レバクーゼンのチャントを歌いまくりました!

150425KOEB0409.jpg

ケルン側のスタッフが少なすぎたのが原因でした……これもダービーだからなのかしら?(苦笑)

150425KOEB0410.jpg

今回の席はこんな感じ。全体を俯瞰できていい場所でした。

150425KOEB0411.jpg

ケルン側アップ。大迫選手は先発でした。

150425KOEB0412.jpg

レバクーゼン側のアップ。

150425KOEB0413.jpg

先のメンヘングラッドバッハとのダービーでの『お痛』が過ぎて、ゴール裏一部区画が閉鎖になっていたので、
なんとも妙な感じでした。熱中するのはいいけど、限度超えたらアカン。

150425KOEB0414.jpg

ヘネス8世登場!でも、席からだと豆粒にしか見えなかったですが(笑)

150425KOEB0415.jpg

150425KOEB0416.jpg

少しずつボルテージが高まるスタ!

150425KOEB0417.jpg

150425KOEB0418.jpg

150425KOEB0419.jpg

150425KOEB0420.jpg

選手入場!!

150425KOEB0421.jpg

150425KOEB0422.jpg

握手を交わし、ピッチへ散っていく両軍!

150425KOEB0423.jpg

150425KOEB0424.jpg

150425KOEB0425.jpg

そして前半、レバクーゼンボールでキックオフ!

150425KOEB0426.jpg

序盤の攻防。

150425KOEB0427.jpg

コーナーやFKから積極的にゴールを狙うパパ。空中戦のほとんどを制していました。

150425KOEB0428.jpg

ウルトラスは数こそ少ないものの、全力でチームをサポート!

150425KOEB0429.jpg

前半の山場は、エリア内でベララビが倒され、PKを得たシーン。

150425KOEB0430.jpg

キッカーはチャラヌル!

150425KOEB0431.jpg

しかし、ホーンが完全に読みきり、PKセーブ!これで微妙にケルン側に流れが変わったように思います。

150425KOEB0432.jpg

そして前半は両者無得点のまま折り返し。

150425KOEB0433.jpg

レバクーゼン側サブのアップ。

150425KOEB0434.jpg

ケルン側サブのアップ。長澤選手も居ますね。

150425KOEB0435.jpg

150425KOEB0436.jpg

両軍選手が再びピッチに!

150425KOEB0437.jpg

150425KOEB0438.jpg

ケルンボールで後半開始!

150425KOEB0439.jpg

150425KOEB0440.jpg

試合の均衡を破ったのはブラントの一撃!ケルンの硬い守備を綺麗に崩しての得点は、非常に美しいものでした。

150425KOEB0441.jpg

キースリングと競ったケルン側が同士討ちに。脳震盪等はなかったのが幸いでした。

150425KOEB0442.jpg

ケルンゴールを何度も脅かすレバクーゼン。しかし、ゴールを割れず、時間だけが過ぎていく。

150425KOEB0443.jpg

そんな中、ワンチャンスをものにしたケルン。ゴール前の混戦からフィネが値千金の同点ゴール!

150425KOEB0446.jpg

150425KOEB0447.jpg

その後は試合は動かず、ラインダービー第二戦は引き分けの結果に。

150425KOEB0448.jpg

150425KOEB0449.jpg

応援に駆けつけたレバクーゼンサポの元へ挨拶に来たWerkself。

150425KOEB0450.jpg

150425KOEB0451.jpg

ケルン側は円陣を組み、監督の訓示を受けた後、サポの元へ挨拶に。

試合前は異様な雰囲気だったものの、試合は堅いケルンの盾を、鋭いレバクーゼンの矛がどう崩すかという、
緊張感溢れる好ゲームでした!ケルンウルトラスは少々恐ろしかったですが、
いい雰囲気でのダービーを楽しむことが出来ました。
ケルンはほぼ残留を決めており、来季もダービーを楽しむことが出来そうなのは幸いです。
来季こそケルンでも勝利を得たいものです。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村


【DBL】Bayer 04 Leverkusen -Bayern München【今日の一枚】

昨日はBayarenaでのバイエルン戦を観戦して来ました。
相手は今季のチャンピオンだけに、相手にとって不足なし!
取り急ぎ、この日の一枚をアップ!

fotovomtag150502.jpg

若武者ブラント、二試合連続弾!
自らの19歳の誕生日を祝うゴールでバイエルン相手に快勝!
ようやくシュミット戦術に慣れてきたブラント、今後も期待大です!


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村A

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。今季の注目はロジャー・シュミット監督!

twitter

検索フォーム

QRコード

QR