マインツとのテストマッチに勝利!

バイヤー・レバクーゼンは24日土曜日、1.FSVマインツ05と非公開のテストマッチを行いました。
試合形式は45分を3セットで行われ、トータルスコアは4:1という結果となっています。
スパヒッチ、カストロ、ドルミッチ、キースリングのゴールとなっています。
(マインツ側のゴールはBVBからローン移籍のホフマンが決めた模様です)

この3回の試合には現在出場可能な21人のフィールド選手
(うち、U19所属のフレイ、ヘンリクス、ブラズニッチ、ベーダーも含まれています)が出場しています。
キーパーではレノとクレシッチが出場していたようです。
朗報は、肩の負傷から戦列を離れていたパパドプロスが最初の45分のゲームに参加、フルで出場したことです。
これで守備の選手も目処が着いたことで、再開に当たっての懸念事項も無事にクリア、となりそうです。

16分 1:0 スパヒッチ
21分 2:0 カストロ
29分 2:1 ホフマン
45分 3:1 ドルミッチ
133分 4:1 キースリング

情報元:Werkself siegt 4:1 im Test in Mainz

Bundesliaga再開一週間前!

いよいよ再開まで一種間となったブンデスリーガ。
どのチームも最終調整に余念がないようで、我がレバクーゼンも土曜昼に
非公開でのマインツとのテストマッチが組まれています。
冬のフロリダ合宿もイェドバイが早々に筋肉系の怪我で戦列を離れたものの、
他には怪我人を出すことなく全日程を終了。
同地で組まれたテストマッチは1勝1敗と、まずまずの結果に終わっています。
冬の移籍市場での補強はなかったものの、現有戦力の底上げには成功した、と見ていいでしょう。
今から再開第一戦が本当に楽しみでなりません。
シュミットの教え子であるカンプルが加入したBVBを相手にどのような試合をするか。
あと一週間、すごいワクワクした気持ちで待つこととします(笑)

あけましておめでとうございます

遅まきながら、あけましておめでとうございます。
昨年は拙ブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
本年は昨年以上にブログの充実を図って頑張っていきたいと思っております。
本年も一年間、よろしくお願いいたします。

Fußhalt

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。今季の注目はロジャー・シュミット監督!

twitter

検索フォーム

QRコード

QR