レバクーゼンニュース

完璧!キースリング、2017年まで契約を延長!!

ステファン・キースリングが、2015年までとなっていた契約を更に延長した。昨季の得点王に輝いた同選手は、レバクーゼンとの2017年までの契約にサインしている。フェラーSDは、キースリングについて「売りには出していない」と語った。

今年のはじめ、フィオレンティーナからキースリング獲得の打診が伝えられていた。しかし、アンドレ・シュールレに続く主力の放出を避けたかったレバクーゼン側は、このオファーを拒否。ホルツホイザーCEOは、夏にもキースリングと長期契約について話合いを持ちたいと の意向を述べていた。最終的にその話合は、良い形で結んだという事になる。

バンベルクのユースで育ったキースリングは、2002年4月26日にニュルンベルグにてブンデスリーがデビューを果たした。その後はブンデスリーガ75試合で15得点を挙げ、2006年にレバクーゼンへと移籍。レバクーゼンではブンデスリーガ220試合に出場、98得点、42アシストを記録している。2009年には21得点を挙げて得点ランキング2位(ジェコが22得点)につけていたたキースリングだが、昨シーズンは25得点を挙げ、ついに得点王のタイトルを獲得している。

しかしながら、ドイツ代表には大きな溝が開いたままだ。最後にドイツ代表のユニフォームを着たのは、2010年7月10日に行われた南アフリカW杯での3位決定戦。後半73分に投入されて以降、キースリングは代表招集から見放されている。

この事について、フェラーSDは、代表招集は時間の問題だろうとの見方を示している。

『昨シーズンのような良いシーズンを(今年も)過せれば、さすがのレーヴ監督もこの状態を続ける事は困難になるだろうね』

(記事元:Kießling unterschreibt bis 2017
うれしいニュースです。本当に引退までここに居てほしい。今季も応援しますよ、Kieß!!


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

レバクーゼンニュース

ヴォルシャイトがウィルス性胃腸炎、トプラクは怪我を負う(7/19)

キャンプ中にウィルス性の胃腸炎を患ったドイツ代表CBのヴォルシャイトは、キャンプを早めに切り上げ自宅で静養することになった。他のメンバーはオーストリアで最終調整を行っているが、トプラクが怪我を負うトラブルに見舞われた。

トプラクは金曜日の練習中に右手中指を突き指した。どれくらいの程度の怪我かは公表されていないが、戦列を離れるほどではないとのこと。

単独監督としての初のシーズンを迎えるヒーピア氏は、Kickerのインタビューでオーストリアキャンプは成功に終わったとした総括を語った。
『選手達はここで非常に集中していたし、精力的に取り組んでいたよ。暑いのにも関わらず、肉体的にも精神的にも熱く臨めていたよ』

更に、同氏はチームの戦術的自由度に対しても満足に足る出来だと語った。
『我々には非常に多くのインテリジェントな選手たちがいる。システムの変更には、全く問題がないよ。基本的には昨シーズンのようなプレーをしていく事になるけれども、仮に1人の選手の入れ替えを余儀なくされたとしても、チームにとっては何の障害もないよ。別のシステムであろうが、数人の選手が別のポジションでプレーしようが、同じ事なんだ』

現在は新戦力を精力的にチームに馴染ませている所だが、更なる選手の獲得はありえるのだろうか?これに対し、同氏は

『もう1人加えたいという話合いはしているよ。だが、私の仕事は今所属している選手達と取り組む事にあるんだ。彼らの力を100%引き出すという事だよ。しかし、仮にもう1人良い選手を迎え入れるということになっても、反対はしないさ。それは至って普通の事だろう?』

(記事元:Wollscheid reist vorzeitig ab - Topraks Finger lädiert
ヴォルシャイトは今は完治して練習に復帰しています。大事でなくてよかった。


LeverkusenはBarcelonaの足跡をなぞるのか?(7/23)


胸スポンサーを探してはいるものの、なかなか見合った企業が現れないLeverkusen。チームCEOのホルツホイザー氏は胸スポンサー探しを断念するかもしれない、と語った。

ここまで、胸スポンサー探しに難航しているBayer Leverkusen。ホルツホイザーCEOは
『我々には、可能な限り強力なブランドとの持続的なパートナーシップを持つことが非常に重要なんだ。 しかし、現状は適切な相手がいないんだよ』
と語った。
スペインの人気チームであるバルセロナは、UNICEFのロゴを胸につけて戦ったことがあるが、Leverkusenは胸スポンサー無しでシーズンに臨むことになりそうだ。
『多分、何度かはチャリティーをするかもしれんね。そういう考えもあるんだよ』
とホルツホイザーCEOは語った。
(記事元:Bayer auf den Spuren des FC Barcelona
……お願いですから諦めないで探してくださいお願いします……


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

2013/14シーズン ブンデス二部 動員数ランキング

ブンデス一部に先駆けて、先週の19日よりブンデス二部、ツヴァイテリーガが開幕しました。
さて、順位もですが、各チームの動員はどれくらいだったのか?
今季は降格組のDüsseldorf、Fürthの二チームに昇格に失敗したKaiserslauternがチーム力的に
一歩リードしている感がありますが、どうなるか……
それでは、まず動員数ランキングから見ていきましょう。

ツヴァイテリーガ 第1節 動員数ランキング

1314zweite01.png

まずはDüsseldorfが幸先のよいスタート、といえるでしょうか?観客数3万越えを記録しています。
続いてDresdenとPauliの人気2チームが相変わらずの動員数を誇っています。
一方、Sandhausenは4,000人にも満たない寂しい動員となっていますが、
人口が1万5000人弱(2011年現在)の小さな町ということを考えると、これでも立派な成績ですね。

それでは、引き続き収容率ランキングにいってみましょう。

2013/14シーズン ツヴァイテリーガ収容率ランキング 第1節
1314zweite01IN.png

動員数では一位となったDüsseldorfですが、ホームスタジアムのEsprit-Arenaは収容数51,500人と、
大きな箱なのが却って足を引っ張った感がありますね。こういうところに一部と二部の差を感じます。
Pauli、Dresden、Unionは相変わらずの動員と収容率の高さ。
バランスは取れているだけに、チーム力にそのファンの後押しで上位を狙ってほしいですね。
Dresdenは……上がってほしくないような、ちょっと複雑な感じですが(汗)

一部が始まるまであと二週間強。それまでは二部をがっつりと楽しませていただきましょう!



ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

レバクーゼン移籍市場(新加入編)【7月13日現在】

transfer1314(a).png
狙っていたAubameyang選手はBVBに再び掻っ攫われ、Santa Cruz選手はマラガに完全移籍での残留が決定と、
攻撃陣での続報はありませんね。
transfer1314(b).png
狙っていたJoselu選手はフランクフルトに、スペインU20でも大活躍しているJese選手はマドリー側が『絶対に売らない』と名言しトップチームに昇格決定とこちらも補強はあまり進まず。
transfer1314(c).png
KölnのClemens選手は噂通りにSchalke入りが決定。Kruse選手以降の続報は無し。
transfer1314(d).png
Hyypia監督が熱望する攻撃をリードするゲームメイカータイプの補強も今のところ進んでいません。
transfer1314(e).png
CBではSpahic選手をSevillaから獲得。先日のTestspielでデビューしましたが、堅実な守備で貴重なバックアップになりそうな予感です。また、Voß選手をEssenから獲得、当分はLeverkusenⅡで修行することになりそうです。
transfer1314(f).png
手薄だった右SBにBesitaksからHilbert選手を獲得しています。Transfer Freeでの加入で2015年6月30日までの一年契約とのこと。2070-08シーズンにはStuttgartで優勝も経験しており、経験地は豊富。その経験を若手に教える教師役としても期待したいですね。

Transfer.png
おまけでここまでのLeverkusenの補強と放出一覧、及びそれに関わる支出と収入をまとめてみました。


ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

2013/14シーズン 編成表【7月1日現在】

 
2013/14 Bayer 04 Leverkusen Line Up
ポジション
背番号
名前
国籍
年齢
GK
1
Bernd Leno
ドイツ
21
22
David Yelldell
アメリカ/ドイツ
31
25
Andrés Palop
スペイン
39
36
Niklas Lomb
ドイツ
19
CB
4
Philipp Wollscheid
ドイツ
24
5
Emir Spahic
ボスニア・ヘルツェゴビナ
32
21
Ömer Toprak
ドイツ/トルコ
23
34
Nico Perrey
ドイツ
19
RB
26
Giulio Donati
イタリア
23
LB
2
Konstantinos Stafylidis
ギリシャ
19
17
Sebastian Boenisch
ポーランド
26
DMF
3
Stefan Reinartz
ドイツ
24
6
Simon Rolfes©
ドイツ
31
8
Lars bender
ドイツ
24
15
Levin Öztunali
ドイツ/トルコ
17
31
Dominik Kohr
ドイツ
19
32
Jonas Meffert
ドイツ
18
CMF
13
Jens Hegeler
ドイツ
25
28
Erik Zenga
ドイツ
20
OMF
27
Gonzalo Castro
ドイツ
26]
RW
18
Sidney Sam
ドイツ/ナイジェリア
25
23
Robbie Kruse
オーストラリア
24
38
Karim Bellarabi
ドイツ/モロッコ
23
LW
19
Okan Aydin
ドイツ
19
29
Luca Dürholtz
ドイツ
19
CF
7
ソン・フンミン
韓国
20
11
Stefan Kießling
ドイツ
29
16
Arkadiusz Milik
ポーランド
19
 




ブンデスリーガ ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
にほんブログ村

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。今季の注目はロジャー・シュミット監督!

twitter

検索フォーム

QRコード

QR