【17/18シーズン】Away ボナーSC【テストマッチ】

先週7月19日、バイヤー・レバクーゼンは新シーズン開始後三回目のテストマッチを行いました。
今回の相手は4部のボナーSC。将に俺得試合というわけで、前売り券を買って喜び勇んで観戦に行ってきました!

170719bscb0401.jpg
開場前はこんな感じ。バイヤーファンが多い印象でした。
170719bscb0402.jpg
今回はここから。
170719bscb0403.jpg
まずボナー側がアップを開始。
170719bscb0404.jpg
!この姿は……つ……遂に!
170719bscb0405.jpg
ブライアンが選手一人一人と握手を交わしてピッチに送り込む。
170719bscb0406.jpg
170719bscb0407.jpg
アップ開始。ヘアリッヒ監督も様子を見守る。
170719bscb0408.jpg
入場準備。
170719bscb0409.jpg
そして選手入場!
170719bscb0410.jpg
エスコートキッズが駆け足で退場し、両軍握手。
170719bscb0411.jpg
円陣を組むボナー。
170719bscb0412.jpg
キックオフ直前。
170719bscb0413.jpg
前半キックオフ!
170719bscb0414.jpg
プレスはそれなりにかかるものの、パスミスが多くなかなか繋がらない。
170719bscb0415.jpg
今シーズンにかけるフォランドは積極的に狙っていく!
170719bscb0416.jpg
ヴェンデルのコーナーは一つの武器になりそう。
170719bscb0417.jpg
ただ、空中戦はボナー、大の好物なのよね……(;^ω^)
170719bscb0418.jpg
ドラゴビッチはまずまず。スヴェンとのコンビも問題なさそう。
170719bscb0419.jpg
ロングボールからボナーがチャンスを得るもドラゴビッチの守備で難を逃れると……
170719bscb0420.jpg
返す刀でフォランドがヘッドを決めるも、オフサイドの判定……しかし、これでレバクーゼンがようやく目が覚める。
170719bscb0421.jpg
カンプルのクロスを……
170719bscb0422.jpg
ボナーがクリアするも……
170719bscb0423.jpg
甘かったクリアボールにカンプルが詰め……
170719bscb0424.jpg
レバクーゼン先制点!!!
170719bscb0425.jpg
ハフェルツは既に風格すら漂うように。明らかに他の若手とは空気が違う。
170719bscb0426.jpg
170719bscb0427.jpg
前半で一番やばかったシーン。ロングボール一本で裏を取られ、あやうく同点に。ハイライン裏の処理は今季も課題になりそう。
170719bscb0428.jpg
バイリーと交錯してボナーのヴェバーがちょっと痛んだか?
170719bscb0429.jpg
カンプルのヘッドは防げなかったものの、その後は安定した守備で最後を守ったモナス。
170719bscb0430.jpg
170719bscb0431.jpg
前線でのコンビネーション、プレスはまずまず。
170719bscb0432.jpg
抜け出したベララビがクロスにあわせるもゴール右に外れる……最後の精度は今季も課題になりそう。
170719bscb0433.jpg
バイリーの突破は非常にパワフル。いい攻撃のオプションになりそう。
170719bscb0434.jpg
少し痛んでいたヴェバーを下げてソビエチ投入。
170719bscb0435.jpg
リスタートでのスヴェンのヘッドは武器になりそう。
170719bscb0436.jpg
周りを使うプレーを見せていたベララビ。今季の鍵の一つになりそう。
170719bscb0437.jpg
バイリーの突破からの右足シュートもゴール右に。最後の精度は依然として課題のまま……
170719bscb0438.jpg
170719bscb0439.jpg
スヴェンは攻守に存在感を発揮。早く兄弟同時プレイが見たい……!
170719bscb0440.jpg
ボールをインターセプトしてからの速さは相変わらず鋭いだけに、後は最後がね……
170719bscb0441.jpg
前半は0-1でリードしての終了。
170719bscb0442.jpg
後半は一気に若手を投入する。
170719bscb0443.jpg
ヘアリッヒ監督が後半開始前に檄を飛ばす。
170719bscb0444.jpg
後半開始!
170719bscb0445.jpg
後半開始早々のCKからアブ・ハナくんがヘッドでゴールを狙う!
170719bscb0446.jpg
何度もチャンスを作るも、一点が遠い……
170719bscb0447.jpg
170719bscb0448.jpg
ヤバかったシーン。若い守備ラインの裏を完全に取られ、シュートまで持っていかれた。外れて良かった……
170719bscb0449.jpg
前線にボールが来ないので、少し下がってボールを取りにきたポーヤンパロ。
170719bscb0450.jpg
170719bscb0451.jpg
170719bscb0452.jpg
少しずつテンポは良くなるものの、一点が取れない……最後もフリーになったポーヤンパロがゴール上に外す……
170719bscb0453.jpg
フリーだったので狙っていったハンドヴェルカー。
170719bscb0454.jpg
170719bscb0455.jpg
エリア内でユルチェンコが倒されPKに。自分できっちり決めて0-2に!
170719bscb0456.jpg
その後も攻め続けるが、ポーヤンパロに一発が出ず……
170719bscb0457.jpg
リスタートからマークを外したソビエチがヘッドで一点を返す!
170719bscb0458.jpg
守勢に回ってしまったWerkselfはなんとか攻撃を跳ね返すも……
170719bscb0459.jpg
ストッフェルスの目の覚めるようなミドルで土壇場で同点に追いつく!
170719bscb0460.jpg
その後、勝ち越そうと懸命に攻めるも……
170719bscb0461.jpg
170719bscb0462.jpg
そのままで試合終了。2-2の引き分けに終わりました。

レバクーゼン側は若手混合での試合だったとはいえ、らしくないミスも多く、まだ仕上がり途上なのを露呈。特に最後の得点の部分での工夫が必要そうな印象を受けました。チチャリートも去った以上、キースとポーヤンパロの出来が左右しそうです。
一方、ボンはエースストライカーのムスキュラスはチームを去ったものの、昨季以上のチームの組織力と戦術面の向上が見受けられました。昨シーズン以上の成績を収められるだけのチーム力は出来たように思います。H96とのポカールも、ジャイアントキリングしてもおかしくない力はあると思いますし、今から楽しみです。

【16/17シーズン】Away 1.FCケルン【ブンデスリーガ】

12月20、21日に行われた2016/17シーズンブンデスリーガ年内最終戦の第16節。
レバクーゼンは宿敵、1.FCケルンとのラインダービーを敵地ラインエナギー・シュテディオンにて戦いました。
先週土曜のインゴルシュタット戦での敗戦でロジャー・シュミット監督の首が大分涼しくなっており、仮にこの試合に負けるようなことがあれば解任も止む無し、という雰囲気でのライン・ダービーとなりました。

161221KOEB0401.jpg
今回は15Nエリアからの観戦。専用スタらしい、上からでも見やすいいいスタジアムです。
161221KOEB0402.jpg
レバクーゼンの選手がピッチ確認に登場。レノはバナナ食べてますね。
161221KOEB0403.jpg
アップにレノ登場。
161221KOEB0404.jpg
ケルンのフィールドプレイヤーもピッチに。大迫居ました。
161221KOEB0405.jpg
レバクーゼン側のフィールドプレイヤーもアップに登場!
161221KOEB0406.jpg
レバクーゼン、ケルンの両軍選手の練習に加えてケルンのチアリーダーの演技も加わってカオスなフィールドw
161221KOEB0407.jpg
161221KOEB0408.jpg
アップの様子。
161221KOEB0409.jpg
161221KOEB0410.jpg
試合開始直前のケルンウルトラスおよびサポ。この雰囲気は何度見ても素晴らしかいです。
161221KOEB0411.jpg
161221KOEB0412.jpg
161221KOEB0413.jpg
選手入場!
161221KOEB0414.jpg
月曜日のベルリンでの事件での犠牲者に対し、黙祷……
161221KOEB0415.jpg
前半、レバクーゼンボールでキックオフ!

<ダービーにつき、応援に集中>

161221KOEB0416.jpg
前半は1-1で折り返し。
161221KOEB0417.jpg
周囲の喧騒をよそにモッサモッサ餌を食ってたヘネス8世
161221KOEB0418.jpg
後半開始直前。ブラントと大迫、何やら少し話してたような……
161221KOEB0419.jpg
後半キックオフ!
161221KOEB0420.jpg
後半開始まもなく、発煙筒が焚かれる!
161221KOEB0421.jpg
ビールや百円ライターが宙を舞い、ケルンサポのアクリル板を叩く音が木霊する、楽しいダービーの光景が展開……
子供にライターが当たったり、ちょっと危険でした……

<ダービーにつき、応援に集中>


161221KOEB0422.jpg
161221KOEB0423.jpg
試合終了。後半、猛攻を見せたものの最後をこじ開けることが出来ず、引き分けで終了。
161221KOEB0424.jpg
161221KOEB0425.jpg
試合後、熱い応援を送ったウルトラスにユニを渡すWerkselfの面々。

試合は非常に熱かったものの、選手はヒートアップすることなくプレイしていて、見ていて非常に楽しい好ゲームでした。
ただ、どちらも怪我人が多く、ベストでの布陣を組めないことから後もう少しと言うところが決めきれない感じで、そこが残念に思えました。レバクーゼン側にしてみればあと少しで……という思いが強い試合だったんではないかと。ただ、前節での負けは本当に何もかもがかみ合わなかった、事故のようなものだったのかな、と思います。
怪我人も冬休み明けには戻ってくるでしょうし、何よりも必要な休暇を選手が取ることで心身ともにリフレッシュするのが重要。ヘンリクスなどの若手も満身創痍の状態でパフォーマンスが落ちていただけに、引き分けで終わったのは良かったのではないかと思います。サッカーのない週末を過ごすのは落ち着きませんが、一月からの再開までは移籍市場をにらみながら一日千秋の思いで再開を待とうと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】ブンデスリーガ第十六節・1.FCケルン【今日の一枚】

2016年の公式戦最終戦、1.FCケルンとのダービーを観戦にライン・エナギー・シュテディオンに行ってきました。インゴルシュタット戦の敗戦で首が涼しくなったシュミット監督の進退を賭けた非常に重要な試合でした。



本日の一枚はこちら。試合も熱かったですが、それ以上にケルナーもレバクーゼナーもヒートアップした試合になりました。アクリル板を叩く音が響き渡り、ビールや百円ライターが飛び交う楽しい()ダービーでした。

【16/17シーズン】Away ボルシア・メンヘングラッドバッハ【ブンデスリーガ】

バイエルン・ミュンヘン対ヴェルダー・ブレーメンで開幕した16/17シーズンのブンデスリーガ!我がレバクーゼンはメンヘングラッドバッハでのアウェイでの開幕となります。ここのところ、此処では勝ちが無いですが、今シーズンは気分良くスタートしたいところでした。

16170827BMGB0401.jpg
ボルシアパルク!焼けたブルストや揚がったポメスの魅惑的な薫りを振り切ってスタへ直行!
16170827BMGB0402.jpg
16170827BMGB0403.jpg
スタ内で涼んでいると、ウルトラスも入場!設営を開始!
16170827BMGB0404.jpg
16170827BMGB0405.jpg
ピッチ確認に来た選手たち。
16170827BMGB0406.jpg
16170827BMGB0407.jpg
アップを開始した選手たちにエールを送る!
16170827BMGB0408.jpg
試合開始前の高揚感!いよいよシーズン開幕!!
<これより暫く試合に没頭>
16170827BMGB0409.jpg
ポーヤンパロの同点弾で大歓喜する!!!
16170827BMGB0410.jpg
試合は終了間際にシュティンドルに勝ち越し弾を許し、2-1の敗戦。さらにはトプラクとアランギスが負傷と非常に痛いスタートとなってしまいました。
試合自体は拮抗した好ゲームでしたし、選手も非常に気合の入ったプレイを見せてくれましたが、若干気合が空転してしまった感もあり、またプレイの上で若干冷静さを欠いた面は否めないように思います。特にクラマーに対してのファウルを宣告された後のカンプルの抗議でプレイを止めることが出来ず、準備不足からハーンに先制弾を許した辺りなど、冷静にプレイできていれば防げた失点であったことを考えると、チームを精神的に纏め上げる選手が一人欲しいところではあります。そういう意味でキースリングやベンダーといった経験豊富な選手を欠いたのは痛かったと思っています。
また、攻撃面ではフォランドもよく動いていたものの、チャラヌルのサポートが若干遅れ気味だったりタイミングが合わなかったりといった場面も多く、チチャリートを開幕直前で欠くことになったが故の新布陣テストの時間が無かったのはチームにとってマイナスに動いたように思います。そんな中で同点弾を叩き込んだポーヤンパロは確実に評価を上げたと思います。キースリングはまだ調整不足と言うこと考えると、ポーヤンパロをジョーカーとしてベンチに置く、もしくは先発で起用するというのはけっしてありえない手ではないでしょう。個人的には次のHSV戦でも起用して欲しいと思います。
審判のジャッジは、今回一貫性を欠いたというか、見落としが多かったのが不満点です。家に戻って試合の振り返りを見ましたが、クリステンセンがブロックした際に確実にハンドをしていましたし、シュティンドルの勝ち越し弾もオフサイドでした。もっとも、その前にも多くの得点機があったにも関わらず得点に結び付けられなかったチームに運が無かったですし、得点力アップは急務でしょう。一週間でどこまでチームに修正を加えられるか?連敗は許されないだけに、シュミット監督の手腕が問われることとなりそうです。

試合データ
メンヘングラッドバッハ:
ゾマー-エルヴェディ、クリステンセン、ヤンチュケ-シュトロブル、クラマー-トラオレ、ヴェント-シュティンドル、ハーン、ラファエル
<ベンチ>
シッペル、ヴェスタゴーア、ジョンソン、ダウード、ヘアマン、ホフマン、アザール

レバクーゼン:
レノ-イェドバイ、ター、トプラク、ヴェンデル-アランギス、バウムガルトリンガー-ベララビ、カンプル-チャラヌル、フォランド
<ベンチ>
エツカン、ヘンリクス、ヒルベルト、パパドプロス、メフメディ、ブラント、ポーヤンパロ

交代:

メンヘングラッドバッハ:
46. ヤンチュケ→ヴェスタゴーア
61. トラオレ→ジョンソン
84. ハーン→アザール

レバクーゼン:
64. チャラヌル→メフメディ
64. フォランド→ブラント
78. アランギス→ポーヤンパロ

得点:
1-0 ハーン(45.+1、クラマー)
1-1 ポーヤンパロ(79.、ベララビ)
2-1 シュティンドル(85.、アザール)

警告/退場:
・警告
メンヘングラッドバッハ:
クラマー(1)、シュティンドル(1)、シュトロブル(1)
レバクーゼン:
トプラク(1)、ベララビ(1)、ヴェンデル(1)
・退場
なし



にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

【16/17シーズン】SCハウエンシュタイン-バイヤー・レバクーゼン【DFBポカール】

いよいよ始まったDFBポカール。バイヤー・レバクーゼンはオーバーリーガ・ラインランド-ファルツ/ザール(5部相当)との対戦となります。既にシーズンが始まり、コンディションも整っている下部リーグとの対戦は苦戦することが多いだけに、一回戦とはいえ油断の出来ない戦いです。

ホーム側となるハウエンシュタインのホームスタが小さすぎる為、近郊のピルムゼンのスタを借りての開催となりました。

両チームのアップ。
160822SCHB0402.jpg
160822SCHB0403.jpg
160822SCHB0404.jpg
160822SCHB0405.jpg
160822SCHB0406.jpg
アウェイ用立見席は満員になっていました。
160822SCHB0407.jpg
選手入場!
160822SCHB0408.jpg
ウルトラスは赤い発煙筒を焚いて闘志を掻き立てる!
160822SCHB0409.jpg
試合前に祈りを捧げる。
160822SCHB0410.jpg
前半、ハウエンシュタインボールでキックオフ!
160822SCHB0411.jpg
開始早々にゴール付近でFKを獲得するなど、序盤から積極的に攻め込むWerkself!
160822SCHB0412.jpg
大きく前線に蹴りこまれるボールもターがクリア。
160822SCHB0413.jpg
ラフプレイが多いものの、カードが出ない主審にちょっとイラつきを見せるチチャリート。
160822SCHB0414.jpg
ベララビも快速を生かしてサイドを突破。好機を演出していました。
160822SCHB0415.jpg
守備的にプレイしており、ゴール前は選手が多いものの、積極的にミドルを狙うメフメディ。
160822SCHB0416.jpg
突破口を開こうと奮戦するフォランドには常に複数マークが。
160822SCHB0417.jpg
ハウエンシュタイン所属の安東選手と競り合うヘンリクス。
160822SCHB0418.jpg
ハウエンシュタインの守備に苦戦しつつも、先制したのはレバクーゼン!カンプルからメフメディと繋ぎ、最後はチチャリートが決めて1-0!
160822SCHB0419.jpg
前半は1-0でレバクーゼンがリードのまま終了。
160822SCHB0420.jpg
ベンチ組はハーフタイムに体を動かして後半に備える。
160822SCHB0421.jpg
後半開始前に動きの打ち合わせ、最後の調整。
160822SCHB0422.jpg
160822SCHB0423.jpg
後半キックオフ!
160822SCHB0424.jpg
後半も積極的に攻勢に出るレバクーゼン!
160822SCHB0425.jpg
一人太鼓を叩き、ハウエンシュタインを応援するウルトラスおじさん。
160822SCHB0426.jpg
レバクーゼンが二点目!アランギスの右からのCKをチチャリートが中へグラウンダーを中央に待ち構えていたベララビがゴールに突き刺した!
160822SCHB0427.jpg
ハウエンシュタインも一点をもぎ取ろうと攻勢を強めてくる。
160822SCHB0428.jpg
途中交代で入ったチャラヌルはリズムを変えようと中盤で奮闘する。
160822SCHB0429.jpg
チチャリートも前線で激しくプレスをかける。
160822SCHB0430.jpg
流れが変わったのはCKから。ファーへ流れたところを14番のスルゼンチッチが頭で押し込んで1点差に!
160822SCHB0431.jpg
160822SCHB0432.jpg
ハウエンシュタインユースの子達も含めたスタジアム全体がハウエンシュタインを後押しする、完全にアウェイの雰囲気に。
160822SCHB0433.jpg
FKの攻防は非常に熱く、激しいものに。
160822SCHB0434.jpg
鋭く抜けたフォランドがキーパーも交わして押し込もうとしたボールもDFが必死のカットで突き放せず!
160822SCHB0435.jpg
最後の砦としてチームを後方から支えたレノ。後半は結構な仕事量でした。
160822SCHB0436.jpg
試合はハウエンシュタインの猛攻も実らず、レバクーゼンが1-2で勝利。苦戦しつつも二回戦進出を決めました。
160822SCHB0437.jpg
160822SCHB0438.jpg
ウルトラスに応援を感謝するWerkself!
160822SCHB0439.jpg
160822SCHB0440.jpg

ついに公式戦がスタートし、2016/17シーズンの開幕も間近となりましたが、無事に二回戦進出を決められたのは僥倖でした。まだ動きに硬さや遅さ、雑さが残っており、それが開幕戦までにどこまで修正できるかが鍵になりそうです。しかし、フォランドも想像以上にチームにフィットしており、土曜までにはチームも今以上に仕上がっているはず。今から開幕が楽しみです。

試合データ

SC Hauenstein 1 - 2 Bayer 04 Leverkusen
SC Hauensteinスタメン:
Urban – Srzentic, Abele, Klück, Hartlieb – Brechtel – Bormeth, Kupper – Schwehm - 西中、安東
ベンチ:
Little, Biedermann, Seibel, Öhler, Albrecht, Haag, Schacker
Leverkusenスタメン:
Leno – Jedvai, Toprak, Tah, Henrichs – Aránguiz, Kampl – Bellarabi, Mehmedi – Volland, Chicharito
ベンチ:
Özcan, Hilbert, Papadopoulos, Ramalho, Baumgartlinger, Chalhanoglu, Kruse

交代:
Hauenstein:
66. Brechtel → Albrecht
66. 安東 → Haag
72. 西中 → Schcker
Leverkusen:
58. Mehmedi → Baumgartlinger
74. Bellarabi → Chalhanoglu
88. Chicharito → Kruse

得点:
39. 0-1 Chicharito(右足、1)A:Mehmedi(1)
69. 0-2 Bellarabi(右足、1)A:Chicharito(1)
81. 1-2 Srzentic (頭、1)A:Albrecht(1)

警告/退場
警告:
Hauenstein:
安東(1)、Brechtel(1)、Klück(1)、Haag(1)
Leverkusen:
Chicharito(1)、Jedvai(1)
退場:
なし

動画
Hauenstein - Leverkusen DFB Pokal 2016


にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

プロフィール

Fußhalt

Author:Fußhalt
レバクーゼンを応援し始めて三季目に突入。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR